「E190」タグアーカイブ

日本航空 南紀白浜空港→羽田空港 JL218便 E190【搭乗記】

久しぶりの搭乗記。

祖父母が田舎を10年ほど前に引き上げて以来白浜空港を使っていなかったので、とても懐かしい白浜→羽田のフライトでした。

「しまじろうジェット」での運行。
2019/1/23

続きを読む 日本航空 南紀白浜空港→羽田空港 JL218便 E190【搭乗記】

【搭乗記】アリタリア航空AZ212便 ローマ→ロンドン・シティ E190

今回の搭乗は、イタリアのナショナルフラッグ、アリタリア航空でのローマ→ロンドン便。
ロンドンでAll Time Lowのイギリスツアー初日に参戦するため、ローマに友人を残し一人旅立ちました。
では。
2017/3/10

搭乗ルート

今回の搭乗は、イタリアのナショナルフラッグアリタリア航空AZ212便。
9:00(GMT+1:00)ローマ発10:25(GMT+0:00)ロンドン・シティ着の2時間25分の旅。
ローマ ロンドン便航路
ローマ←→ロンドン往復+ドミトリーのホステル付きで、エクスペディアで13,000円ほどでした。
ヨーロッパ圏内はFSCも比較的安いのでとても助かります。
 

機材 E190(EI-RNA)

初めてのエンブラエル社の機体!!E190(EI-RNA)
日本の航空会社も保有していますが、神奈川に住んでいる関係から地方間を結ぶ路線に乗る事が少ないので、今までに乗ったことは一度も有りませんでした。(見たのも初めてかも)
機内は2×2シート。
航行は安定してましたが、上昇の際にパワーがないな〜とは感じました。笑
Alitalia CityLiner EI-RNA (Embraer 190/195 – MSN 470) | Airfleets aviation
 

ローマ・フィウミチーノ空港(FCO)

2日ぶりのフィウミチーノ空港。
9:00発で預け手荷物もなかったんですが、空港内で迷子になるのが怖かったのと、空港の荷物預け場所がどこか確証がなかったので、6:30Termini/テルミニ駅発のバスに乗り、定刻より20分早い7:10頃に空港に到着。
まずは鉄道駅の場所を確認し、その後に第3ターミナルのグランドフロア(バス到着階)にある荷物預け所でバックパックをドロップ。
詳しくはこちらの記事に書いてあります。
ローマ・フィウミチーノ空港の荷物預かり所の利用方法を紹介!
出発は第3ターミナルからの予定だったので出発ロビーに出たんですが、出発便一覧に乗る便がない!!
確認したところ、搭乗ゲートが変更になり、第1ターミナルになったとのこと。
ゲート変更はあっても、ターミナルが変更になると言う経験は初めてだったので少しびっくり。
第1ターミナルまでは徒歩で5分ほど。
ローマ空港第1ターミナル
セキュリティチェックは10分掛からずに抜けました。
その後5分ほど歩くとEブロックのパスコントロールがあり、そこを抜けさらに5分歩くとやっと搭乗口。
Eブロックの食事どころに味仙ラーメンがありました。15€近くしたので断念。
ローマ空港味仙
空港内は、どこでもフリーWi-Fiが使えました!
 

搭乗記

8:20搭乗開始との事でしたが、8:30からの搭乗開始。
ローマ→ロンドン便 搭乗口
E190型機という事で搭乗人数もそれほど多くなく、人影はまばら。
アリタリアE190型機
搭乗して、CAさんにこちら側から(先に言わないと「Good Morning」と英語を使われてしまうので)「ボンジョールノ」と声を掛けるとCAさんニッコリ。笑
座席は27Aと最後部。
最後部からの写真。
アリタリア航空E190型機機内
修学旅行的な雰囲気の団体が乗り遅れたらしく、スポットを出たのは定刻7分遅れの9:07。
第1ターミナルE12スポットを出て、ランウェイ25へとタキシング。
離陸待ちのeasy jet
滑走路進入待ちのラインが2本あったのでこんな画も撮れました!!
離陸を待つアリタリア機
離陸し上昇、安定。
ローマ空港から上昇中
ローマ空港から上昇中
飲みものと軽いお菓子が。
アリタリア航空機内食
アルプス山脈を越える時には、客室乗務員さんのアナウンスが入ってました。
イタリア語も英語もごちゃごちゃしていて何を言ってるのか分からなかったですが笑
日本では見られない、なかなかいい眺めでした。
アルプス山脈越え
ロンドンシティ空港へのランディングはランウェイ10へ西側から。
ロンドンシティ空港へのランディング
右側の座席ならO2アリーナを見下ろしながらのアプローチだったはずなんですが、叶わず。
もうロンドンシティ空港を使う機会なんてそう無いと思うので、残念です。
 

ロンドン・シティ空港(LCY)

着陸後は、滑走路を逆走してスポットへ。
ロンドンシティ空港の滑走路
タクシー用の誘導路が一切なく、随分不便でしょうが、土地が狭い以上致し方無しなんでしょう。
入国審査はヒースローよりも随分軽め。
スポットからは徒歩でターミナルへ。
ロンドンシティ空港のスポットに止まるアリタリア航空E190
「ええと、このビザは…」「ドイツに住んでます。」「おお、ドイツね。イギリスには何日間いるの?」「1日です。明日帰ります」「ドイツに帰るの?」「いや、ヒースローからローマに戻ります」「おっけー(がこん)」って感じ。
1日しか滞在がないからってのもあるでしょうが、かなりあっさりでした。
シティ空港のロビー。古びていて、狭め。
ロンドンシティ空港のロビー
地下鉄は通ってませんが、Oysterの使える電車が走ってるので、市街地には2,30分ほどでアクセス出来ます。
今回は、終着のBank駅で乗り換え、Central Lineが遅延していたのでDistrict LineでEmbankment駅に出てに乗り換え。Bakerloo LineでPaddington駅に向かいました。
 

おわりに

初めての、南欧から北へ向かったフライトでした。
景色が良かったのももちろんですが、日本ではまず乗る機会がないE190に乗れた事。そもそも小〜中型機ぐらいの機材に乗ったのが初めてだったので、それがとても楽しかったです。

次のフライトは翌日。ローマへのとんぼ返りですが、出発はロンドン・ヒースロー空港(LHR)です。
では、最後までご覧頂きありがとうございました。