「鉄泉」タグアーカイブ

房総半島南部に眠るお肌ツルツルの秘湯|千葉県|不老薬師温泉|温泉のすゝめ5

No.5 2017年8月30日(水) 評価★★★★★★☆☆☆☆
【温泉名】不老山薬師温泉 自然村(千葉県南房総市)

不老山薬師温泉 自然村

今回訪問したのは千葉県・南房総市にある日帰り温泉施設『不老山薬師温泉 自然村』。
不老薬師温泉の看板

普段日帰り温泉というと箱根や山梨に行ってしまうことが多いので、今回は千葉を開拓してみよう!!と言うことで。
他にも候補はあったんですが、房総半島の南端近くで、旅感も出るかなと思ったのでここに決めました。

宿泊施設もあるんですが、日帰り温泉は施設の一番奥。ひなびた建物です。
不老薬師温泉自然村の建物
温泉付きで定食1500円のキャンペーンをやっていたので、昼過ぎに着いたのでまずは昼飯を食べようと定食を4種類の中から一つ注文。
1500円セット
あまり機会がないので、僕は鯨の陶版焼きを注文。料金表を見たら、これだけで1400円するんですよね。温泉の入浴料は実質100円。笑
食事のメニュー
民宿の大広間のような食事処。入った時には20人ぐらいのおばあさんたちの団体がいました。
食事処の様子
鯨の陶版焼き!
鯨の陶板焼き定食
鯨の陶板焼き
癖はなく、味噌の味付けで美味しかったです。ご飯も、丁重にお願いしたらお代わりを頂けました。
そしてそのあとは温泉へ。

 

大広間横の廊下を進み、いかにも洞窟に潜っていくような階段を下ると、左手に女湯、突き当たり正面に男湯ののれんが。
入ると、カゴが10個少々の小さな脱衣所。鍵付きロッカーは脱衣所内に無いので、貴重品は温泉受付にあるコインロッカーの利用がベストです。

浴室は、内湯一つ露天一つのこじんまりしたもの。洗い場は5個ぐらいで、それぞれの浴槽は、6人入ると窮屈かなぐらいのサイズ感。
源泉掛け流しで非常に熱いですが、水の蛇口も浴槽に付いているので温度調節は可能です。僕らが入った時には、内湯50℃ぐらい、外湯37℃ぐらいと言った感じでした。
外湯は、自然の中をぽっくり抜いたような場所にあって、秘湯感があってとても良いです。
あと面白かったのは、洗い場の蛇口からも温泉が出ること。色の付いた源泉なので、色に染まると困るタオルは持ち込まない方が良いかもしれません。

泉質は、泉質表を見たところ、「療養泉では無いため泉名はありません」と言うような事が書いてありました。が、恐らくアルカリ系の鉄泉なのかなと言う感じがしました。湯に浸かると肌がツルツルします。

 

結局施設には一時間半ほど滞在しました。美味しい海鮮を食べて、こじんまりした温泉でのんびりしたい!という方にはぴったりだと思います。
また機会があったら使いたいな〜と思える、とても充実感のある温泉施設でした!
館山日帰り温泉・宿泊は|不老山薬師温泉 安房自然村【公式サイト】

ヨーロッパ最大級の温浴施設で本格鉄泉を|ハンガリー|セーチェニ温泉|温泉のすゝめ2

No.2 2016年12月29日(木) 評価★★★★★★☆☆☆☆
【温泉名】Széchenyi Gyógyfürdő/セーチェニ温泉(ブダペスト・ハンガリー)

Széchenyi Gyógyfürdő/セーチェニ温泉(ブダペスト・ハンガリー)

半年ほど前に「温泉のすゝめ」という企画を立ち上げたものの、ようやくの2件目です。
2016-2017年末年始。15日間のヨーロッパ周遊旅行をしたわけですが、わざわざハンガリーはブダペストまで出向いた一番の理由はこれ、

Széchenyi Gyógyfürdő/セーチェニ温泉!!

ちなみに、ハンガリーの首都ブダペストはここ。

温泉が頗る好きなので、海外の温泉はどんなもんか覗いてやろうと日本にいる時からヨーロッパで行こうと決めていた数少ない場所。笑

宿の最寄り駅だった’Bajcsy-Zsilinszky út’駅から、メトロで7駅10分強。
片道切符は350Ft(310Ft=1€=120円→135円[以下同レート計算])。
特に検札は無いんですが、温泉の最寄りの’Széchenyi fürdő’駅で降りると、「チケットコントロールです〜止まって〜」みたいなのに遭遇しました。
切符は買っておくに越したことはないです。

駅から地上に上がって、振り返ってすぐに目に付く建物がセーチェーニ温泉。セーチェニ温泉横入口
駅近の入口はものすごく混雑してましたが、入口は3つあるようなので、ぐるっと様子を見る手前、全ての入口をチェックすると良いかもしれないです。
他の入り口はこんな感じ。
裏側入口
正面入口
で、20分ほど並んで、入場券(リストバンド式)を購入。4700Ft(1819円)。
朝の安い券とか夜の安い券とか色々ありましたが、「とにかく僕は温泉に入りたいんだ」と主張するとこの券が。
ビジターチケット(1700Ft(¥658))なるものもありましたが、これは、屋外温泉の様子を外から眺めるだけのチケットのようでした。セーチェニ温泉料金表
中に入るとまたもやちょっとした列がありましたが、これはレンタルをしたい人の列だったようなので、スルー。
更衣室に男子も女子もいるのが凄く異様。
海外の温泉の更衣室
ロッカーは鍵付きのもの(上写真右手)があって、着替えは個室(上写真左手)の中で、との事。
500Ft(193円)を追加で払うと、荷物を置いたりもできる、着替え用の個室を借りることが出来るようでした。
こんな感じ。
更衣用個人部屋
水着に着替えたら、温泉ゾーン(?)へ。
大抵の人がサンダルを履いてますが、裸足でズカズカと。
海外の温泉前に放置されるビーチサンダル
写真撮影は全面オーケーとのこと(節度を持っての上ですが)。
入ってまずあったのは、テルマエロマエに出て来そうな浴槽(プール)。
温泉、浴槽の様子
浴槽内からの様子
まあまあ温かく、鉄泉の匂いが。お湯も濁ってます。
湯の華なのか垢なのか分からないものが漂ってますが、気にせず入浴。35℃とのこと。
温泉の温度表示、35℃
次はお隣。
こちらは温かい!38℃!
温泉の温度標示、38℃。
ゆっくり入ってれば温まれそうな温度でした。
屋内には、こんな感じの浴槽がざっと10〜15個ぐらいあったかと思います。(とにかく施設が広い)

次は屋外へ。屋外への出口は2つ。
出口のところに泉質についての表示がありました。
なにが書いてあるのか全く分からないですが。笑
セーチェニ温泉成分分析表
出口を出るとこんな感じ!
屋外浴槽の様子
温泉というよりはプール。
寒かったので、小走りで浴槽へドボン。
空気が冷たかったからか分かりませんが、凄く温かく感じました。
表示は38℃となってましたが、感覚的には39〜40℃ぐらいはあるかなという感じ。
露天風呂の水温表示
チェスを打つおじさんたち、居ました。
湯に浸かりチェスを打つおじさん達
カップルも。
こちらはカップル
この浴槽の隣には25mプール(温水)があり、その向こうにはまた、先のものと同様の浴槽があります。
温泉付属の25m野外プール
こちらは若干ぬるめ。流れるプールコーナーもあります。
流れる露天温泉
これら屋外の浴槽は全て温泉でなく、ただの温水でした。

次はサウナへ。サウナも、たくさん種類がありました。
ミストサウナの標示 アロマサウナの標示 低温サウナの標示
入ったのは、屋外へ出る階段をそのまま地下に下るとあるサウナ。
サウナ。すごく熱かったです。
海外のサウナの内部
水風呂。
海外の水風呂
氷。
サウナ後用の製氷マシン
水飲み場(あまり美味しくなかったですが)と休憩スペースも付いてました。
ペットボトルの持ち込みは出来そうだったので(風呂に浸かりながら缶ビール飲んでるおじさんも居ました)、がっつりサウナを楽しみたい人は、水を持ち込むと良いかと思います。

サウナの前に簡単な棚(鍵は無し)があったので、そこに荷物は置いておけます。

ここでサウナと水風呂を2往復し、意識朦朧としながら再び屋内スペースへ。
エクササイズスペース。
温泉内のエクササイズコーナー
天井を見上げひたすら回る女の子。
温泉で遊ぶ女の子
温泉でビール。
浴槽でビールの飲める温泉

飲みたかったですが、時間が遅かったので閉まってました。
閉店のお知らせ

19時閉館との事だったので、2時間ほどの滞在で退場。

ーーーーーーーーーーーー

日本の温泉とは全く別物だろうと、半ば諦念(?)を持って臨んだので、想像してたよりも温かいお湯に浸かったり、サウナに入れたりしたのは凄く嬉しかったです。
浮き輪を持ちこんだりしている子やゴーグルを付けた少年がいたりと、言うてしまえばユネッサンのような感じ。
海外には(も)こうした、温泉を軸にしたテーマパークがあるということをを肌で体感できて、とても嬉しかったし楽しかったです。

ブダペスト、街並みもとても綺麗なので、温泉だけでなくとも、東欧旅行の機会には立ち寄ってみるととても楽しめると思います!ぜひ!

最後までご覧いただきありがとうございました。