「空港」タグアーカイブ

フランクフルト空港、空港見学ツアーの内容を写真と共に紹介!

タイトルの通り、フランクフルト国際空港の空港ツアーに参加してきました!
カメラを構えているだけで警備員に取り囲まれると噂のイギリスとは違い、ドイツは航空機撮影にずいぶん寛容。ベルリン空港も展望デッキが開放されていたり、なかなか飛行機好きにはたまらない環境が整っています。

今回は、フランクフルト国際空港の空港ツアーについて、申し込み方法と共に紹介しようと思います。
ひとまず先に結論だけ言いますと、とてもオススメです!!時間があるならば(無くても参加する価値はあると思いますが)ぜひ!
2017/8/2参加

フランクフルト国際空港について

言わずと知れたヨーロッパの代表的国際空港、フランクフルト国際空港。何カ国から何航空会社が乗り入れ等の話もツアー中にありましたが、ドイツ語が良くわからなかったので割愛。
4本の滑走路と2つのターミナルを持つこの空港ですが、意外と飛行機好きに嬉しいイベントも多く、第2ターミナルには展望デッキもあったりと、とてもいい空港です。
フランクフルト国際空港の構内図

 

空港ツアーの種類一覧

フランクフルト空港のサイトを見ると色々な種類のツアーが用意されているんですが、個人が気軽に参加できそうなツアーは主に2種類。
Starter Tour
個人でも参加できる、当日飛び込みあり45分間のツアー。参加していないので詳細は不明ですが、バスでターミナル1、ターミナル2、貨物区域などを巡って飛行機を観察するツアーだと思われます。
参加料金は7€で、4歳以下の幼児や障がい者の方は無料で参加可能。
ツアーガイドの解説言語はドイツ語のみですが、飛行機を間近で見られるだけでも十分満足できると思います。それにドイツ人の英語水準は非常に高いので、何か問題があっても英語で対応してもらえるかと思うので心配は無用です。
開始時刻は午後1,2,3,4時、週末は午前11時、12時も追加されます。
先にも書いたようにチケットは当日に窓口でも購入可能ですが、オンラインショップでの予約も可能です。受付カウンターは、ターミナル1のフロア2(搭乗手続き窓口がある階)のホールC。
気軽に参加できるので、乗り継ぎで時間が余っちゃって〜なんていう方にオススメのツアーです!
Maxi Tour
Starter Tourの倍の時間、1時間半を掛けて空港の外周をぐるっとバスで一周できるツアーです。Starter Tourの内容に加えて、ターミナルと逆側の貨物区域(海外の貨物便が多い)やプライベートジェットのスポットを巡り、ツアーの最後には空港東側の25L滑走路の真下から、運用次第では着陸機を見上げることができます。
料金は15€で参加は12歳以上。(ターミナルからかなり離れるためだと思われますが、厳しく年齢確認をしているような様子はありませんでした)
当日の飛び込み参加は基本不可で(交渉の余地は無くもない雰囲気ではありました)、オンラインショップでの前もっての予約が必須です。
もしもフランクフルト空港で時間が出来ることが前もってわかっている場合は、日本の空港でもなかなか実施されていないようなツアーだと思うので、観光の一環として(暇つぶしにもなりますし)参加してみるといいかと思います!

 

当日の流れと、実際のツアー内容(写真紹介)

当日は、開始時刻の15分前に窓口に。窓口は、ターミナル1(SバーンやICEで到着して初めに降り立つターミナル)の2階(搭乗手続きカウンターのある階)、C区域にあります。
ツアーの受付窓口
15分前に集合して受付でチェックインを済ませ、チケットを受け取り。
空港ツアーのチケット
人が集まると、手荷物検査場に案内されます。周りを見ていると、飲み物は普通に持ち込めるようでした。最悪何か持ち込めないものがあっても、受付カウンターで預かっておいて貰うことも出来なくはないと思います。
ツアーの参加者たち

そして手荷物検査を抜け、地下の待合室に。
地下の待合室
ここでガイドの方から、皆さんどちらからいらっしゃいましたか〜?みたいな問いが。 Aus Japanと答えると、少し笑いが。何が面白い!ここは国際空港だろうに!と思いつつ、スルー。
この日の参加者は皆さんドイツ人の方でしたが、ガイドさんの反応が薄かったことを見ると、外国人もよく来るんだろうなという感じはしました。

バスに乗り込み、出発!
バスへ乗車
まずは、ルフトハンザを中心に、スターアライアンスが利用している第1ターミナルから。
トーイングされるカタール航空のA350-900。個人的にとても好きな機種。
カタール航空のA350
カタール航空A350-900を横から

ブラジルの航空会社。
ブラジルのエアラインの機体
そして、ルフトハンザの大型機専用の駐機場へ。B747とA380しか並んでいない、大型機好きには夢のような場所。
フランクフルト空港のルフトハンザ機駐機場
搭載できる燃料の量や、座席数の解説なんかをしていました。
真下から見ると、やっぱり迫力がすごいです。(10mmレンズでどうにか収まります笑)
尾翼の下から見上げたB747
尾翼から観たベルーガA380
B747の機尾
レジ番についての解説もしていました。アルファベットのあと3文字が機種を示していて、頭の文字Aがルフトハンザでの初号機を表していて、以下新しい順にA,B,C…となっているとのこと。
ルフトハンザ航空のB747

管制塔。
フランクフルト空港の管制塔

ルフトハンザの格納庫。
フランクフルト空港のルフトハンザの格納庫

そのあとは貨物区域。
DHLとLufthansa cargoが停まっていました。
Lufthansa Cargoの機体を横から
DHLの機体を正面から
DHLの機体を横から

そして燃料タンクや生鮮食料品市場の近くを通り、空港敷地内を南へぐるっと。
貨物区域その2。こちらにはアジアやロシアの貨物機が停まっていました。
大韓航空貨物の機体
中華国際航空貨物の機体

整備中のルフトハンザ機。
尾翼のエンジンを修理する人

トーイングされるルフトハンザ・カーゴの機体。
トーイング中の機体

この辺あたりまで来ると25L滑走路が近いので、着陸も間近に見ることが出来ます。(望遠は300mmです。)
フランクフルト空港に着陸するアシアナ航空機
フランクフルト空港に着陸するルフトハンザB747

タキシング中の機体のコックピットにレンズを向けると、パイロットの方が手を振ってくださっていました。
ルフトハンザ機の機首
手を振るパイロット

そして25Lの滑走路端。
ここで15分弱停車して、ガイドさんがスマホで着陸便を確認しながらA380のランディングを待ちました。
その間にも小型機中型機が降りてきました、
アプローチ中のエア・ベルリンの機体
フランクフルト空港にアプローチ中
が、やはり超大型は迫力が違います。アシアナのA380でした。
アシアナ航空A380
アシアナ航空A380
ランディングするA380
ランディングしたA380

その後はターミナル2の前を通過し、ターミナル1に到着。
ターミナル2には、ワンワールドのJALやブリティッシュエアウェイズの機体が駐機していました。
ブリティッシュ・エアウェイズの小型機
フランクフルト空港に駐機するJALのB787

開始から45分経った頃には「まだこの倍もあるのか。」と思ったりもしましたが、なんやかんやあっという間に一時間半が過ぎました!

 

日本ではなかなか見ることの無さそうな機体たち

上では紹介しなかった機体を幾らか。。
ルフトハンザの、短距離専門子会社Lufthansa Regionalの機体。
ランディング中のルフトハンザ・リージョナルの機体
復刻塗装のルフトハンザ機
復刻塗装のルフトハンザ機
ナミビア航空のA330型機。
ナミビア航空のA330型機
ルフトハンザ・カーゴのMD-11F型機。
ルフトハンザ・カーゴのMD-11F型機
コンドル航空のB767型機。
コンドル航空のB767型機

 

おわりに

こんな感じで一時間半、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。普段こんなに隈なく空港の敷地内を見て回る機会もないので、とても面白かったです。
飛行機好きからすれば15€でこの内容は(ドイツ語が理解できるならより一層)安いかと思うんですが、それほど空港や飛行機に興味がない方でも楽しめる内容だと思います。ですので、1時間半のMaxi Tourと言わずとも、暇つぶしがてらにStarter Tourに参加するのはとてもオススメです。
では、最後までご覧いただきありがとうございました!

【搭乗記】アリタリア航空AZ212便 ローマ→ロンドン・シティ E190

今回の搭乗は、イタリアのナショナルフラッグ、アリタリア航空でのローマ→ロンドン便。
ロンドンでAll Time Lowのイギリスツアー初日に参戦するため、ローマに友人を残し一人旅立ちました。
では。
2017/3/10

搭乗ルート

今回の搭乗は、イタリアのナショナルフラッグアリタリア航空AZ212便。
9:00(GMT+1:00)ローマ発10:25(GMT+0:00)ロンドン・シティ着の2時間25分の旅。
ローマ ロンドン便航路
ローマ←→ロンドン往復+ドミトリーのホステル付きで、エクスペディアで13,000円ほどでした。
ヨーロッパ圏内はFSCも比較的安いのでとても助かります。
 

機材 E190(EI-RNA)

初めてのエンブラエル社の機体!!E190(EI-RNA)
日本の航空会社も保有していますが、神奈川に住んでいる関係から地方間を結ぶ路線に乗る事が少ないので、今までに乗ったことは一度も有りませんでした。(見たのも初めてかも)
機内は2×2シート。
航行は安定してましたが、上昇の際にパワーがないな〜とは感じました。笑
Alitalia CityLiner EI-RNA (Embraer 190/195 – MSN 470) | Airfleets aviation
 

ローマ・フィウミチーノ空港(FCO)

2日ぶりのフィウミチーノ空港。
9:00発で預け手荷物もなかったんですが、空港内で迷子になるのが怖かったのと、空港の荷物預け場所がどこか確証がなかったので、6:30Termini/テルミニ駅発のバスに乗り、定刻より20分早い7:10頃に空港に到着。
まずは鉄道駅の場所を確認し、その後に第3ターミナルのグランドフロア(バス到着階)にある荷物預け所でバックパックをドロップ。
詳しくはこちらの記事に書いてあります。
ローマ・フィウミチーノ空港の荷物預かり所の利用方法を紹介!
出発は第3ターミナルからの予定だったので出発ロビーに出たんですが、出発便一覧に乗る便がない!!
確認したところ、搭乗ゲートが変更になり、第1ターミナルになったとのこと。
ゲート変更はあっても、ターミナルが変更になると言う経験は初めてだったので少しびっくり。
第1ターミナルまでは徒歩で5分ほど。
ローマ空港第1ターミナル
セキュリティチェックは10分掛からずに抜けました。
その後5分ほど歩くとEブロックのパスコントロールがあり、そこを抜けさらに5分歩くとやっと搭乗口。
Eブロックの食事どころに味仙ラーメンがありました。15€近くしたので断念。
ローマ空港味仙
空港内は、どこでもフリーWi-Fiが使えました!
 

搭乗記

8:20搭乗開始との事でしたが、8:30からの搭乗開始。
ローマ→ロンドン便 搭乗口
E190型機という事で搭乗人数もそれほど多くなく、人影はまばら。
アリタリアE190型機
搭乗して、CAさんにこちら側から(先に言わないと「Good Morning」と英語を使われてしまうので)「ボンジョールノ」と声を掛けるとCAさんニッコリ。笑
座席は27Aと最後部。
最後部からの写真。
アリタリア航空E190型機機内
修学旅行的な雰囲気の団体が乗り遅れたらしく、スポットを出たのは定刻7分遅れの9:07。
第1ターミナルE12スポットを出て、ランウェイ25へとタキシング。
離陸待ちのeasy jet
滑走路進入待ちのラインが2本あったのでこんな画も撮れました!!
離陸を待つアリタリア機
離陸し上昇、安定。
ローマ空港から上昇中
ローマ空港から上昇中
飲みものと軽いお菓子が。
アリタリア航空機内食
アルプス山脈を越える時には、客室乗務員さんのアナウンスが入ってました。
イタリア語も英語もごちゃごちゃしていて何を言ってるのか分からなかったですが笑
日本では見られない、なかなかいい眺めでした。
アルプス山脈越え
ロンドンシティ空港へのランディングはランウェイ10へ西側から。
ロンドンシティ空港へのランディング
右側の座席ならO2アリーナを見下ろしながらのアプローチだったはずなんですが、叶わず。
もうロンドンシティ空港を使う機会なんてそう無いと思うので、残念です。
 

ロンドン・シティ空港(LCY)

着陸後は、滑走路を逆走してスポットへ。
ロンドンシティ空港の滑走路
タクシー用の誘導路が一切なく、随分不便でしょうが、土地が狭い以上致し方無しなんでしょう。
入国審査はヒースローよりも随分軽め。
スポットからは徒歩でターミナルへ。
ロンドンシティ空港のスポットに止まるアリタリア航空E190
「ええと、このビザは…」「ドイツに住んでます。」「おお、ドイツね。イギリスには何日間いるの?」「1日です。明日帰ります」「ドイツに帰るの?」「いや、ヒースローからローマに戻ります」「おっけー(がこん)」って感じ。
1日しか滞在がないからってのもあるでしょうが、かなりあっさりでした。
シティ空港のロビー。古びていて、狭め。
ロンドンシティ空港のロビー
地下鉄は通ってませんが、Oysterの使える電車が走ってるので、市街地には2,30分ほどでアクセス出来ます。
今回は、終着のBank駅で乗り換え、Central Lineが遅延していたのでDistrict LineでEmbankment駅に出てに乗り換え。Bakerloo LineでPaddington駅に向かいました。
 

おわりに

初めての、南欧から北へ向かったフライトでした。
景色が良かったのももちろんですが、日本ではまず乗る機会がないE190に乗れた事。そもそも小〜中型機ぐらいの機材に乗ったのが初めてだったので、それがとても楽しかったです。

次のフライトは翌日。ローマへのとんぼ返りですが、出発はロンドン・ヒースロー空港(LHR)です。
では、最後までご覧頂きありがとうございました。

ローマ・フィウミチーノ空港の荷物預かり所の利用方法を紹介!

こんにちは。
ローマから一旦ロンドンに飛ぶ際、持っていたバックパックを空港で荷物預かり所に預けました。
預けるにあたって色々と調べたんですが、日本語での情報が曖昧などころか英語でもまともな情報が見つからなかったので、利用した際のことを実際に紹介しようと思います。


利用したのは2017/3/10。
フライトは9:00発。第3ターミナル発との情報だったんですが、実際に空港に着いてみると第1ターミナル発に変わっていました。
続きを読む ローマ・フィウミチーノ空港の荷物預かり所の利用方法を紹介!

【搭乗記】ルフトハンザ航空LH230便 フランクフルト国際空港→ローマ・フィウミチーノ空港 A321-131

今回は、フランクフルト国際空港からローマ・空港へ1時間20分の旅。
ルフトハンザの利用だったので、フランクフルトの出発は第1ターミナルから。
では。
2017/3/8

搭乗ルート

搭乗したのは、フランクフルト国際空港(FRA)7:10発ローマ・フィウミチーノ空港(FCO)8:55着のLH230便。
フランクフルト→ローマ航空便地図
本当はナポリに飛びたかったんですが、ローマ便の方が安かったのでこちらをチョイス。
フランクフルト国際空港→ローマ・フィウミチーノ空港,リスボン空港→フランクフルト国際空港の往復(?)で、エクスペディアで15,000円ほどだったかと思います。
 

機材 A321-131(D-AIRK)

機材は、A321-131(D-AIRK)
Lufthansa A321-131 D-AIRK
最近A319に乗ることが多かったので、久しぶりのA321でした。
こちらに来てから、ボーイングの機材に乗る機会にはまだ遭遇してません。。
もうロールアウトから23年の、ずいぶん高齢な機体だったようです。
Lufthansa D-AIRK (Airbus A321 – MSN 502) | Airfleets aviation
 

フランクフルト国際空港(FRA)

この日は朝早かったので、朝5:10頃宿を出て、5:32発のS-Bahnに乗車。
空港までは4.8€(1€=¥120→¥576)もします。高い。。
飛行機マークのある乗り場に降り、S9に乗車。5:45分ごろフランクフルト空港に到着。
手荷物預けは、エスカレーターを上ってすぐ右手の、Bの区域。搭乗ゲートがAだったのでA区域の手荷物カウンターに行きましたが、Bに行って〜と。
フランクフルト空港第1ターミナルバゲージドロップ
Aにあったのは自動預け機だったので(上の写真)、不定形のバックパックはBに、という事だったんだと思います。

手荷物検査は20分ほど並んだかと思います。朝なので、ビジネスマンで混雑している様子でした。
検査を抜けるとちょっとした免税店ゾーンがあり、5分ほど歩くと搭乗口のA26ゲート。
搭乗ゲート
薄暗い中にルフトハンザ機がズラリ。
早朝のフランクフルト国際空港
6:30ゲートオープンとの事でしたが、搭乗開始は6:45頃でした。
 

搭乗記

搭乗。機内の様子。
ルフトハンザA321の機内
ヨーロッパ圏内仕様なので、3×3列のかなり薄いシート。
いざ出発。
フランクフルト国際空港に並ぶルフトハンザ機
フランクフルト国際空港滑走路
アルプス越えはなかなか迫力がありました。

機内では、前回のロンドン→フランクフルト便同様サンドイッチの提供が。
飲み物は、前回のフライトで頼んでいる人が多かったのでトマトジュースを。
機内軽食
ドイツ人はトマトジュースを冷製スープぐらいの感覚で飲んでいるようで、塩と胡椒も渡されました。
美味しかったです!笑

フィウミチーノ空港へのアプローチは独特で、空港を右手に海へと出て、大きく右へ180°旋回してのL34滑走路へのランディング。
まずはローマ市街を左手に通過。
機窓から眺めるローマ市街
その後大きく右旋回。左側に眺める海が綺麗でした!
フィウミチーノ空港へのアプローチ
スポット到着は定刻8:55よりも早い8:47。
歓迎
 

ローマ・フィウミチーノ空港(FCO)

初めてのイタリアの空港。
到着後は預け手荷物レーンへ。10分ほどで出てきました。

空港から市街地へのアクセス方法をはっきり決めていなかったので、急ぐ旅でも無いしとひとまずバス乗り場へ。
5分後にTermini駅(空港からの市内アクセス鉄道の終着駅)行きのバスが出るということで往復券を8€(¥960)で購入。片道チケットだと6€(¥720)。
会社はT.A.M.と言うところ。
ローマ空港の高速バス

電車だと市街地まで30分で14€(¥1680)。
バスは1時間掛かりますが、それほどお金のない旅だったので即決でした。
ローマ空港からのバスの車窓
若干渋滞にあいましたが特に大幅な遅延もなく到着。イタリアの街並を眺めながらのんびりーという事であればこれもありかなと感じました。
車内にはWi-Fiも飛んでます。
 

おわりに

旅行始めのドイツ→イタリア便。
今までに体験したことのないランディングが楽しかったのと、アルプスを上から眺められたり海が綺麗だったりと総じてとても楽しいフライトでした!

次回の搭乗は、弾丸ロンドンライブ遠征。ローマ・フィウミチーノ空港→ロンドン・シティ空港です。
最後までご覧いただきありがとうございました!