「水族館」タグアーカイブ

観光に宿での出会いにと濃密な一日|地球一周旅記DAY10

一日とにかく内容が濃かった一日。

シカゴシティパスという$100もする観光パスを買ってしまったので、そのパスに倣って観光スポットを巡回。

水族館→美術館→展望台と巡りました。
2018/8/29

Shedd Aquarium

朝ホステルで朝食をとり、一路水族館へ。
宿の最寄りのバス停から、30分ほど。

「世界最大級の屋内水族館」との記述があちこちにあり、入館料も$40と異様に高いんですが、水族館は好きなので一見はしてみなければと使命感に駆られ。

結論としては確かに「世界最大級」も頷ける、素晴らしい水族館でした。

何よりイルカ等々のショーがあったのがまず驚き。
海外でイルカショーのある水族館に行ったことがなかったので。

展示は教育が意識されたものではありましたが、それでも大人も楽しめる内容。

タッチングプールが幾つも用意されていて、チョウザメだとかエイに触れるのはなかなか他にはなさそうな。

日本人にはなかなかない発想、鯉の展示も。笑

過去訪れた水族館の中でもずば抜けて楽しかったので、詳しいことは別に記事を書こうと思います。

昼食 U.B. Dogs

ネットで紹介されていたホットドックのお店へ。

若干強面のおじさんに語気強めに注文を迫られるも、どうにかシカゴドックを注文。

上手く撮れなかったけれど、すごく美味しかったです。

ソーセージが美味しいのは当然ながら、ピクルスの酸味と唐辛子の辛味がまたよい!!

そこまで量もなかったので別のドックも食べてみたいと思いましたが、そこまでは手が出ず退散。

The Art Institute of Chicago シカゴ美術館

この美術館は見て回るのに半日掛かるとネットに書いてあったのでこの日は水族館だけにしようかとも思っていたんですが、冷静に考えて2,3時間あれば十分だろ、ということで半ば強硬に美術館へ。

1階が美術品・彫刻等、2階が絵画だったので、2階から。

一番の目玉はこの雨のパリ。(写真撮り忘れた)

他もモネやら何やらありましたが、パンチに欠けるなというのは薄々。

気に入った作品を。

やはりターナー。

ヴェネチアは実際に行ったことがあるので、親近感が。

ゴッホ、末期の作品。

1階は美術品が中心で、興味があるところを重点的に。

日本の展示。

インディアン。

個人的に気に入ったのはこのrythm in textile designの展示。

絨毯だとか、繊維製品に刻まれたリズムがテーマの展示。

日本のものもありました。

狙い通り、2時間半ほどで見終えることができました。

Skydeck Chicago

これまた翌日にしようと思っていたんですが、行けそうだし行っちゃえ!と、曇ってはいましたがシカゴで一番高いビルの展望台に。

全く待機列に人が居ませんでしたが、グイグイ進んであっという間にエレベーター。

エレベーターの中の映像で横浜ランドマークタワーが「日本で一番高いビル」として紹介されてました。

まあ、細かいことは気にせず、一番、ということで。

曇っては居たものの、壮観。
シムシティ感が凄かったです。

そんなに長居することもなく、地上階へ。

夕食 Corner Bakery Cafe

街中に何軒かあるのを見掛けていたカフェ。

目につく度にArctic Monkeysの”The Bakery”が脳内再生されていたので、これも何かの縁、という事でシカゴ最後の夕食に。

そこそこお値段しましたが、サンドイッチを$10ほどで。
量もあるし、チップスも付いて来ました。大満足。

街並み散策

街並みを散策し、宿に戻りました。

宿に戻ったあとは、同じ部屋だった青年(26歳)とお話を。

ドイツ人で、大学はウィーンの大学。これからシカゴ大学でマスター過程に入るので家を探してる、との事でした。

話が合いそうだったので、一階にあったバーに行き2時間強色々な話を。

トピック一覧(とはいえ上手いこと英語で話せてはいない。備忘録)
・ドイツと日本の高等教育制度について
・アメリカの貧富の差について
・日独の人口推移について
・日本の「レンタル彼女」について
・お互いの女性観について
・将来何になるのか
・大学の専攻の話 等々。

色々話せて楽しかったです。

一日が終了。

最後までお読み頂きありがとうございます。

行程詳細

8:40 起床
9:00 朝食@ホステル
9:45 宿出る
《移↓動》
10:15 Shedd Aquarium(水族館)着
13:10 退館
《移↓動》
13:40 昼食@U.B. Dogs(ホットドッグ $6)
14:10 GreenLine乗車
《移↓動》
14:20 シカゴ美術館着
16:55 シカゴ美術館退館
《移↓動》
17:10 Chicago Sky Deck(展望台)着
17:45 退館
《移↓動》
18:05 夕食@Corner Bakery Cafe(アボカドサンド$10)
18:45 街並み散策
19:15 宿帰着
20:30 同部屋のドイツ人青年とバーへ
23:15 部屋に戻り
24:15 就寝

カブリロ海洋水族館は行く価値あり?無し?

異様なまでにロサンゼルスの南端に位置しているカブリロ海洋水族館。

ロサンゼルスを観光で訪れる日本人の90%の目には触れることがないでしょうが、戦艦アイオワ博物館の訪問を考えている人の目にはつくかも知れません。

という事で戦艦アイオワ訪問後、行ってきました。

カブリロ水族館へのアクセス

アクセスはそれほど良くありません。

車ならば、ダウンタウンから1時間ほど。ダイレクトにアクセス出来るのでそれ程アクセスの悪さは感じませんが、バスだと乗り継ぎも必要なのでなかなか。

バスでのアクセスの場合、戦艦アイオワに行くのに使うSilber Line950に乗り、終着駅まで。

そこから歩けば25分ほどですが、バス246に乗り継ぐと水族館から徒歩5分のところまで行くことが出来ます。

アイオワからアクセスする場合は、最寄りの停留所から205に乗って246の走る内陸に一旦入り、246に乗り換える必要があります。

アイオワ最寄りの停留所から246の停留所までは500m程なので徒歩移動も可能ではあります。

詳しくはGoogle Mapで調べてみてください。

ともかくも、公共交通でのアクセスは、悪いです。

カブリロ水族館訪問記

そんなこんなでカブリロ水族館。

なんてこと無い小さな水族館、と言えばそれまでですが、個人的には値段に見合って十分楽しむことができました。

そもそも料金は無料、あくまで支払いは寄付という形です。
推奨寄付金額は$5。

インフォメーションの前にある魚の口にお金を投入します。

水槽は恐らく100無いぐらいの数。

一番大きな水槽がこのサイズです。

気になって撮影した水槽の写真をずらっと。

単純に生き物を見せる水族館というよりは、生態の説明であったり、子どもが生き物に親しむことがテーマになってるような気はしました。

それでも、大人でも見たことのないような生物や知らない知識もたくさんあったので、年齢問わず楽しめるとは思います。

子連れが多いですが、大人だけだったり一人での訪問でも浮くようなことはありません。

水族館とは別に研究施設のようなところもありましたが、雰囲気のガチさに尻込みし、中には入りませんでした。

おわりに

カブリロ水族館、水族館が好きな自分としてはとても楽しめました!

ただ、わざわざこの水族館に行くためだけに1時間2時間掛けるような価値は無いかな、とも。

車での移動で行程に自由が効く場合や、近くに用事があるようであれば行ってみる価値はあるかと思います!

施設の前には海岸が!

では、最後までお読み頂きありがとうございました。

うどんと水族館と温泉と。山梨を車で巡る1泊2日の旅。

【場所】山梨
【期間】2016/8/31〜2016/9/1
【目的】旅行(ほったらかし温泉)
【同行者】高校・大学と一緒の友人2人

今回は車での旅行。
定期的に高校2,3年と大学の学部が一緒の3人で呑んだりするんですが、ぼくが留学でしばらく居なくなるということで、せっかくだから遠出をしてのんびり話をしようと。
乃木坂の聖地巡礼→富士湧水の里水族館→天下茶屋→岩下温泉→ほったらかし温泉が主な流れでしたが、途中でジェラートやうどん、美味しいラーメンも食べたりしました。
東京から日帰りもできる山梨ですが、この1泊2日のコースもなかなかオススメです!
では。

1. 旅行の概要

目的地は山梨のほったらかし温泉。
過去2回ほど行ってるんですが、ぼくは2年前に見た星空をもう一度見たかったので。
友人たちの利害とも一致したので、即決。

宿はほったらかし温泉から車で10分ほどの岩下温泉旅館に。
とにかく素泊まりが安く(一人3500円)、ほったらかしから近いので選んだんですが、想像以上に素晴らしい宿でした。(後述)
岩下温泉旅館

もともと宿と温泉しか決めていない旅だったのですが、
僕が行きたい場所を勝手に提示し、ぽつぽつと巡ることにー。

2. 谷村町駅(乃木坂46聖地巡礼)

朝9時に新宿駅西口に集合し、一路山梨へ!
首都高4号線初台南ICから。
しばらく渋滞しましたが、中央道に乗り、ノンストップで最初の目的地の谷村町駅へ1.5時間ほどで到着!今話したい誰かがいるPV撮影駅外観
なんてこと無い地方の小さな駅なんですが、この駅は乃木坂46「今話したい誰かがいる」のPV撮影が行われた場所。
当方乃木坂ヲタですので、山梨に行く機会があったら寄ってみたかった場所No1!ということで。
駅のホームの様子
改札口
ホームの端から駅全体を
駅前のPV撮影場所
PV撮影に使われるぐらいなので、そこそこ雰囲気もよかったです。

PVに似せたカットも。
PV似せ構図の写真PVのワンカット
満足です。笑

3. くれちうどん

その後は、そのまま南下して富士湧水の里水族館に。

の前に、お昼前でお腹も空いていたので、途中で見つけたうどん屋さんに。
吉田うどんのお店、くれちうどん。
くれちうどん[食べログ]
くれちうどん外観
吉田うどんは太くてコシのある麺が特徴とのことで、冷やしうどんを頂いたんですが、凄い。
冷やしうどん
ほぼ、生麺を水で締めただけとのことでしたが、もっちり感はしっかり。
けれど、コシが凄い!讃岐の比じゃなく、もはや別の食べ物!
過去に食べたことのない食感の食べ物でした。笑
何も言われず出されたら、うどんとは思わないかも。
くれちうどん注文表
店主の方(らしき人)に、「硬すぎませんでした?だいじょぶでした?」と散々聞かれましたが、むしろ硬くて美味しかったです、と。
また食べに行きたいです。

4. 富士湧水の里水族館

その後、車を走らせること15分ほど。

富士湧水の里水族館。公式サイト
富士湧水の里水族館入口
富士の冷たい湧き水を活用して、淡水魚を中心に展示が行われてます。
水族館で利用している水についての説明
「淡水魚?つまらなそう。」と侮るなかれで、思ったより施設は充実しています。
水族館メインフロア
その割に、入館料は420円と、施設に比べれば随分と割安!
恐るべし県立水族館!
なまず
魚の群れ
魚の群れ
大水槽は上から覗くことが出来ます。
メインの大水槽を上から覗く

爬虫類の展示も若干あり。
水族館にいたトカゲ
水族館にいたカエル
ドクターフィッシュも。
指に集まるドクターフィッシュ
所要時間は1時間ほどでした。

5. 天下茶屋

その後は甲府へ向かって北上!
途中、昼食に天下茶屋に立ち寄りました。
天下茶屋[食べログ]
天下茶屋の看板
太宰治が訪れていたことで有名な天下茶屋。
旧道らしき山道を上って行くと、ポツリと一軒家が見えます。
道路から見た天下茶屋の全景
眺めは格別。
天下茶屋から見下ろす富士山
天下茶屋2階の窓からの景色
2階は太宰治記念館になっています。初版本や、太宰が吸っていた煙草の展示など。
太宰治、初版本の展示たち
太宰治愛飲の煙草
昼食には、ほうとうとところてんを頂きました。
きのこほうとう
美味でした!!
ところてん

6. ラ・ペスカ

1時間弱車を走らせ、ラ・ペスカというカフェを一瞥。
ラ・ペスカ[食べログ]
ラ・ペスカの入口の看板
桃を丸ごと使ったパフェが美味しいと評判だったのですが、当日分が売り切れということで、ジェラートだけ食べて退散。
ラ・ペスカのジェラート
ジェラートは、ぶどうと桃だけでも何種類も

7. 岩下温泉旅館

目的地の、岩下温泉旅館に到着。
岩下温泉旅館外観
この宿、思ったよりもすごく良かったです!(過去に泊まった宿・旅館のTOP3には入る)
まず、部屋、施設が綺麗。そして、ポイントが高かったのは、入浴専用の別館!
岩下温泉旅館、入浴棟の外観
恐らく以前は宿泊もこちらでだったのでしょうが、明治9年に建てられたという歴史的建造物。
入口
登録有形文化財
泊まるには堪えなかったのでしょうか。

1階、半地下には、当時のままの形で温泉が残されています。
階段の隙間から見える半地下の温泉
半地下の冷泉への階段
初めて見ました。霊湯。
霊湯の浴槽
ここの温泉は冷泉(28.2℃)と言うことで、浴槽は全てで3つありますが、 半地下の霊湯には色々言われがあるようで。
霊湯についての説明
岩下温泉についての説明

入浴方法もご丁寧に書いてありました。


入浴方法についての説明
キャラクターが可愛い。笑

1階にある、奥の温かい温泉と手前の冷たい温泉。
1階の温泉
湯上がりは、2階に畳の部屋があるので、ごろ寝できます。
2階の休憩スペース
匂いといい音といい、すごく良い空間でした。
和歌山の祖父母宅を思い出しました。
時間を気にせず、川のせせらぎを聞きながら、蚊取り線香に包まれて畳でごろ寝だなんて、幼な日ぶり。
男湯脱衣所
珍しい道具もちらほら。

手回し扇風機

8. 夕食 三角屋(ラーメン)

夕食は車で15分ほどの老舗らーめん店「三角屋」さんへ。
三角屋[食べログ]
中華そば三角屋ののれん
創業百年って書いてありました。
店先の看板
店内は、どこか懐かしさを感じさせる雰囲気。ラジオで巨人戦が流れてました。
三角屋の店内の様子
ラーメンと肉めしを注文。
中華そば
肉めし
ベーシックな中華そば。美味しかったです。
取り立てて美味!ってことでは無いんですが、店主のおじさんの優しさや、地元の常連さんが多い雰囲気がすごく良かったです。
完食後の丼ぶり
flumpoolのサインがありました。三角屋にあったflumpoolメンバーのサイン

9. ほったらかし温泉

その後はこの旅のメインイベント、ほったらかし温泉へ!
公式サイト

ほったらかし温泉の看板
いかんせん浴場なので写真は少ないですが、夜景が凄い!星空が凄い!!

夜景は、「日本新三大夜景」の一つらしいです。
ほったらかし温泉からの夜景

そんなことよりも、僕はここから見上げる星空が好きです。
写真は無いんですけど、温泉にだらだら浸かりながら、これほどの広い星空を見上げられるスポットってなかなかないと思います。 また絶対に行きたいです。
DSC_0285

10. ラ・ペスカ

翌日はラ・ペスカに再度寄りまして、 ビジューというスイーツを。
ぶどうとジェラートを使った、ビジュー

桃を食べようと思ってたんですが、ベストシーズンは7月いっぱいということで、こちらをおすすめされたので、素直に。笑
シャインマスカットやらぶどうやらジェラートやらが散りばめられてるシンプルな一品でしたが、素材の味がすごく引き出されていてすごく美味しかったです。
2階の様子。
ラ・ペスカの店内
観葉植物

11. 帰路・おわりに

そのあとはマックのドライブスルーで月見バーガーを食べ、帰京しました。

全国津々浦々訪れてはいますが、山梨は人あたりが良いなと感じました。
どのお店に行っても幾らか雑談やら会話が生まれるのが凄いな、と。

あと、今回訪れた地域は歴史的な、過去のある場所が多くて、味がありました。

近場、車で2時間も掛からないので、また行く機会はあると思います。
また、岩下温泉旅館に。

岩下温泉旅館ののれん

羽田→関空で行く、本州最南端を巡るちょっとした旅(旅行記PART1)

【場所】和歌山(白浜・串本)→大阪(市内)→神戸(神戸・三ノ宮)
【期間】2016/7/20〜2016/7/24
【目的】法事(串本)・ライブ遠征(大阪城ホール)
【同行者】父(前半)・大学の先輩(後半)

このたびは、近畿に行ってきました。和歌山大阪兵庫の1府2県。
元々23日(土)に乃木坂46の大阪城ホール公演を観る予定があったんですが、
21日(木)に和歌山で法事が入ったので、ぶつけちゃえと。
では。

《移動》羽田空港→関西国際空港

法事は朝からとのことで、前日に和歌山入りしなければ間に合わない。
しかし、水曜日は4限までテストがある。(7/20~7/27が期末試験期間)
という訳で、
4限(16時頃終了)までテストを受け、その後飛行機で羽田空港→関西国際空港、電車で関西国際空港→白浜
のルートを取りました。

羽田からはANAのNH0095便、羽田18:05→関西19:25を利用。
なんやかんやでテストは15時過ぎに終わったので、山手線と京急で羽田空港へ。
第2ターミナル着は16:30頃。
羽田空港第2ターミナル内装
愛しの丸亀製麺を夕飯に。
たまの旅行なので、ちくわ天と鶏天を添えて。
丸亀製麺のうどん

預け手荷物も無くチェックインも不要なので保安ゲートへ。
今回初めて知ったんですけど、ヘアスプレー(ガス缶)って普通に機内持ち込み出来るんですね。
なんなら刃物以外は全部大丈夫そう、知らなかった。。苦笑
羽田空港第2ターミナル出発ロビー
ANAのB777型機
関空便。機材はA320。
ボーイングの機体が好きなんですけど、最近エアバスばっかり乗ってる気がする。
羽田空港第2ターミナル73番ゲート
ANAのA320型機
やはり夕方の羽田空港、混雑の影響かなかなか定刻になっても機体は動かず、
宙に浮いたのは18時25分頃。
とは言え、定刻通り関空には到着しました。
機窓から見た関西国際空港
関西国際空港21番スポット
本当は19:48の電車で白浜に向かえたんですが、
せっかくの関空だったので散策したい!と言うことで、散策。

大してリサーチせず行ったのが悪いんですけど、展望デッキは第1ターミナルとは違う、別塔。
バスでの移動が必要とのことで、20:41の電車に間に合わなそうだったので飛行機撮影は断念しました。
関空では無印で日用品を買いあさり、ポケモンセンターで関空限定のクリアファイルを買い、翌朝飯をローソンで買い揃えたのみ。

 

《移動》関西国際空港駅→白浜駅

ホームには関空特急はるかが居ましたが、スルー!
空港特急はるか
和歌山方面の直通電車はないので、関空快速でひとまず日根野駅に向かいます。
関西国際空港にて関空快速
日根野駅、駅名看板
日根野駅。
関西空港→りんくうタウン→日根野です。5分ちょい。
はるかが通過していきました。
日根野駅を通過するはるか
くろしお27号白浜行きで白浜へ。
日根野駅に停車するくろしお
昔は、和歌山!海!!って感じの283系車両とかが運用されてたんですけど、随分味気なくなりました。

指定席、結構人乗ってるなーと思ってたんですが、和歌山駅で大抵降りて行かれました。
和歌山以南は秘境扱い。
歓迎!白浜温泉!の看板
白浜駅前のパンダの置物

《宿》民宿innしらはま駅の宿

泊まったのは民宿innしらはま駅の宿。駅から徒歩1分。
ただ、駅前には商店、コンビニはありません。
この近さ。
白浜駅の民宿、室内からの画
民宿にしては少し高かったですが、夜遅くの到着や朝早くの出発の際は重宝するかと思います。
↓宿の詳細はこちらに
民宿innしらはま駅の宿

 

和深散策

翌朝は始発の電車で和深へ。
先祖の墓があるんですね、和深に。本州最南端の串本町です。

海の薫が漂うワンマンカー
紀勢本線を走る青のワンマンカー
和深駅

海岸に出たらハリセンボンの骨格が落ちてました。
和深の海に転がるハリセンボンの骨格
5年前にもあった謎の歴史的な石も健在。
歴史的な石か何か
天保二年の石碑
透明度は抜群。
透き通るような和深の海

町(村?)に戻ったら犬に絡まれました。
見上げる白の秋田犬
低姿勢の白の秋田犬
遠目に見上げる白の秋田犬
地元の小中学校(廃校済み)も徘徊。
和深小学校を外から
さよなら和深小学校
芝生に転がる風化した軟式野球ボール

 

串本海中公園

法事を済ませた後は、串本駅でレンタカーを借り、父と二人で白浜へ。
まず立ち寄ったのは串本海中公園。
串本海中公園の外観
ほんと、10年以上ぶりとかに行ったんですけど、思ってたより施設が大きくて、楽しかったです。
いわゆる水族館ですけど、大水槽の上から餌をあげられたり、ウミガメを触れたり、海には実際に海中を覗ける塔が建ってたりします。
大水槽を上から覗く
ウミガメの赤ちゃん
海中公園の、ウミヘビ
屋外にある水中展望塔
ウミガメはいっぱい居て、餌もあげられます。

 

エビとカニの水族館

続いては、すさみ町にありますエビとカニの水族館。
エビとカニの水族館の外観
最近新装オープンしていたので、行ってみようということに。
入場料は大人800円と少し高めですが、一度は入ってみる価値あり!

入るといきなりデカイのが居ます。
エビとカニの水族館入口
タカアシガニ
その後はひたすら、これでもかというぐらいエビとカニの展示。川のカニ
南国にいそう、ヤシガニ
フナムシも展示されてました。笑
フナムシについての解説
フナムシの展示
ウミガメとアザラシも展示されてます。
アザラシが、人懐っこくて可愛かったです。
エビとカニの水族館にいるアザラシ
あざとい。
そっぽを向くアザラシ
こっちを向くアザラシ

 

夕食 南紀白浜空港

その後は南紀白浜空港に向かい、空港内のショップで和歌山らーめんを食しました。
思い出補正な気もしますが、案外ここの和歌山ラーメンがおいしい!
南紀白浜空港の食堂のラーメン

 

《移動》白浜駅→大阪駅

そして、夕食のあとは白浜駅へ。
17:28発くろしお30号京都行きで大阪へと向かいました。

和歌山編、終了です。

白浜駅においてある温泉の置物