「旅館」タグアーカイブ

名泉白浜の湯を浜でなく坂上にて|白浜温泉『湯処むろべ』|和歌山県|温泉のすゝめ47

No.47 2019年1月17日 評価★★★☆☆ (また行きたい)
【温泉名】白浜温泉 『湯処むろべ』(和歌山県西牟婁郡白浜)

友人との和歌山旅行の2泊目。

白浜で温泉のある宿に泊まるのは初めてで、リゾートの一部としてでなく温泉そのものを楽しめる宿を探していて見つけたのがこのお宿。

一泊朝食のみ9000円とそこそこのお値段でしたが、期待通りの環境で白浜の温泉に入ることが出来ました。

白浜温泉

関西圏では特にリゾート地・温泉地として知名度が高く、パンダでも有名な白浜。

古くから都に近かったこともあり歴史も深く、奈良時代に天皇の行幸があったと日本書紀に記述があるとも。

しかし温泉一辺倒な自分としては白浜の温泉には今ひとつ中途半端な印象がありました。
と言うのも白浜は白良浜を始めとしてリゾート地・観光地の色がより強く、以前入った「白良湯」の湯も真水に何ら変わり無く感じたためです。
(個人的には、温泉地としてどことなく熱海と同じような色があるなと感じています)

そのため古湯・白浜の温泉を強く感じられる湯に浸かりたく、このお宿に決めました。

『湯処むろべ』の温泉施設

2017年にリニューアルされたとの事で内装はどこを取っても綺麗な『湯処むろべ』。

もちろん浴場もなかなかの仕上がり。

ガラス張りの広々した屋内に浴槽が一つ(43℃前後)、露天の浴槽は循環式で40℃前後と長湯に最適。

源泉の温度は85℃と浴用には到底熱過ぎますが、屋内槽はかなり掛け流しに近しい泉質だったような気がします。

4人ほど入れそうなサウナもありましたが、入室はせず。
シャワーは6機ほどありました。

白浜温泉山側の源泉”甘露の湯”

白浜にやって来て、わざわざ海から遠い山の上にあるこの宿を選んだのは源泉の種類のため。

「崎の湯」に代表される海寄りの温泉に多く引かれているの源泉は”行幸の湯”と呼ばれる塩化物泉なのですが、『湯処むろべ』の温泉はそれとは異なる通称”甘露の湯”。

両者に入ってみた結果匂いや肌触りに大差は無いように感じたのですが、それでも源泉が別なことに違いはありません。

“甘露の湯”で特に感じたのは湯触りの滑らかさ。
そこまで強い匂いも無く無色透明の湯なのでインパクトには欠けますが、単純に”スベスベ”というよりも、滑らかで伸びやかな湯だったなというのが印象です。

内湯はかなり熱かったですが、源泉の持つパワーをたっぷり感じられました。

『湯処むろべ』の情報

〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1997

アクセス(公共交通):白浜駅からバスで18分、湯崎下車、そこから徒歩10分弱。
☎0739-42-3300(湯処 むろべ)
公式サイト:南紀白浜で宿泊なら露天風呂のある宿|湯処むろべ 公式ホームページ

総合評価

【泉質(ナトリウム-塩化水素塩・塩化物泉)】
★★★★☆ 4.0/5.0
“甘露の湯”。伸びやかでありながら身体の芯まで届く力強い湯。
【湯質(掛け流し有無等)】
★★★★☆ 4.0/5.0
露天では循環式を利用も湯質は良好。
屋内槽は高温のため加水も泉質を十分に感じられる。
【温泉設備】
★★★★☆ 4.0/5.0
屋内槽、露天それぞれにこだわりが感じられた。
サウナも有り。
【施設の雰囲気】
★★★★☆ 4.0/5.0
値が張るだけあって落ち着いた雰囲気。リニューアル後で設備もきれい。
【価格帯】
★★★★☆ (日帰り1000円or素泊まり7000円 以上)
【総合評価】
★★★☆☆ (また行きたい)
 
温泉ブログランキングはこちら。

ブログの更新情報はぜひTwitterにて。

松本市街ほど近くの隠れた名泉|美ヶ原温泉|長野県|温泉のすゝめ44

No.44 2018年12月20日 評価★★★☆☆ (また行きたい)
【温泉名】美ヶ原温泉 『追分屋旅館』(長野県松本市)

前日山梨・石和温泉に宿泊し、この日は長野へ。

なぜ長野へ出向いたかといえば、映画『あの頃君を追いかけた』の聖地巡礼。
↓こんな感じに。


この2日間を共にした友人とは色々な場所へ聖地巡礼に赴いているんですが、今回は齋藤飛鳥さん主演映画のロケ地に。

パンフレットを買ったら幾つかロケ地の紹介がされていたんですが、主人公の実家として使われたのがこの『追分屋旅館』だったようで日帰りにて入浴させて頂きました。

続きを読む 松本市街ほど近くの隠れた名泉|美ヶ原温泉|長野県|温泉のすゝめ44

モール泉の一種「黒湯」を千葉の山奥で|養老渓谷温泉 『喜代元』|千葉県|温泉のすゝめ42

No.42 2018年12月15日 評価★★★☆☆ (また行きたい)
【温泉名】養老渓谷温泉 『喜代元』(千葉県市原市)
東京からほどほどの距離で面白い温泉を、と探していたところ発見した千葉県にある養老渓谷温泉。
塩化物・炭酸水素泉に分類される「黒湯」を有する温泉地です。

続きを読む モール泉の一種「黒湯」を千葉の山奥で|養老渓谷温泉 『喜代元』|千葉県|温泉のすゝめ42

昔ながらの温泉宿でのんびり湯治客気分|別府・鉄輪温泉『民宿 みゆき屋』|大分県|温泉のすゝめ35

No.35 2018年11月17日 評価★★★★☆ (是非また行きたい)
【温泉名】別府・鉄輪温泉 『民宿 みゆき屋』(大分県別府市)
念願の別府・鉄輪温泉。
前回別府を訪れたときには別府駅近くに滞在したので、今回初めての鉄輪宿泊でした。
なるべく安い宿を、と探していたら見つけた昔ながらの旅館でしたが、女将さんはじめ宿の方々は暖かく、温泉も、貸し切り式の掛け流し露天を満喫できました。

別府・鉄輪温泉について

日本一有名な温泉と言っても過言ではない大分・別府。
その中でも、観光地の「地獄」が近く、温泉街の落ち着いた雰囲気も楽しむことが出来るのが鉄輪の温泉街。
町中に共同浴場が多く、足湯や蒸し湯なども。
温泉を楽しむには最高の環境が整った、国内随一の温泉街だと思います。

『民宿 みゆき屋』

宿泊したのは鉄輪温泉街の中にある『民宿 みゆき屋』。

素泊まりで値段も安く、お風呂も充実していたので選んだこのお宿。

お部屋は、床の間も無い簡素な和室。
昔ながらの温泉宿、といった感じで、華美さや新しさはないですが、温泉に集中するには良い環境だったなと。

鉄輪温泉街の中心(蒸し湯や地蔵のある場所)まで100mほどの場所で、街を歩いて回るにも良かったです。

みゆき の温泉

みゆきの浴場は内湯1ヶ所、露天2ヶ所でそれぞれが貸し切り式。行って誰も居なければ入れますし、人が入っていたら部屋に戻るかその場で待つか。

露天は同時に5人ぐらいならば使えるかなぁ、という広さ。
洗い場と浴槽のシンプルな作りですが、浴槽の奥にある瓶から熱いお湯が掛け流されていて、温泉を味わうにはこの上ない環境。

浴場にはボタンが設置してあり、これを押すと大量に源泉が投入されお湯が熱くなるんだとか。

内湯には入りませんでしたが、とてもゆったりしたのんびりした雰囲気で、露天だけでもとても充実した時間を過ごすことが出来ました。

 

総合評価

【泉質(ナトリウム塩化物泉)】
★★★☆☆ 3.0/5.0
湯あたりの良い塩化物泉。
塩気は少ないものの、源泉の温度は80℃。ポカポカ。
【湯質(掛け流し有無等)】
★★★★★ 5.0/5.0
高温の源泉を掛け流し。
【温泉設備】
★★★☆☆ 3.0/5.0
基本は2ヶ所ある貸切露天のみ。
内湯には蒸し湯も付いているとの事でしたが、狭いのと人気なのとで利用できず。
【施設の雰囲気】
★★★★★ 5.0/5.0
典型的な温泉民宿。
女将さんやスタッフの皆さんも優しく、昔ながらの温泉宿を感じるにはベスト。
【総合評価】
★★★★☆ (是非また行きたい)
 
↓ブログランキング参加中です↓
↓宜しければワンクリックを!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

ブログの更新情報はぜひTwitterにて。

指宿温泉の温かな小旅館|指宿温泉『旅館 川久』|鹿児島県|温泉のすゝめ31

No.31 2018年11月15日 
評価★★☆☆☆ (これで満足)
【温泉名】指宿温泉『旅館 川久』(鹿児島県指宿市)
人生3度目の鹿児島県指宿温泉。
指宿には砂蒸しが好きで行くんですが、今回は、長めの旅行ということでコスト重視の宿を選択。
暖かく迎え入れていただいたので気持ちよくは過ごせましたが、また行きたいかと言われたら少しパンチは弱め。

指宿温泉(とその泉質)

砂蒸しが有名な指宿温泉。
砂蒸しといえば指宿、指宿と言えば砂蒸し。とでも言うほどの土地ですが、良質で湧出量豊富な塩化物泉のある温泉地でもあります。

宿の女将さんに聞いた話だと、「昔は多くの家庭が風呂場には温泉しか引いていなくて(シャワーが無く)、髪はガサガサ、夏は熱くて地獄」だったと。
今でも地域の9割ぐらいは家に温泉を引いてるんじゃないかなぁとも仰っていました。

この話でも分かるように、指宿一帯にこんこんと湧いているのは塩化物泉。湯上がりポカポカの泉質で、砂蒸しにも発汗によるデトックス効果が有るので、なんだかとても体の温まりそうな土地だなと。笑

開湯の時期は定かでは無いですが、江戸時代には島津義久が藩政の激務の疲れを癒やしていただとか、西郷どんも訪れていたんではないか等歴史的な話題も幾らかあります。

ただ、温泉が幅広い地域で湧くこともあって旅館やホテルが散立しており、こじんまりした温泉街がないのが観光という意味では少し残念ではあります。
 

昔懐かしい旅館『川久』

宿泊したのは旅館 川久。

値段が安く、源泉掛け流しの温泉がある、という2つの点でチョイス。夕朝食は無しの素泊まり。
宿に着いたのも23時過ぎで翌朝も9時過ぎには出たので本当に一泊して朝風呂に入っただけなので、適切な評定が出来るとは思いません。

が、ともかくも、掛け流しの温泉があって◎。
宿は古びた昭和の薫り漂う建物ですが、部屋の和式トイレが洋式に改造してあったりと、綺麗ですし快適に過ごすことが出来ました。

温泉は2箇所で、どちらも貸し切り方式。
玄関近くにある貸切札を勝手に使って入浴します。

そして浴場は、どちらも「ザ・民宿の小浴場」という雰囲気。

温泉は蛇口を捻って自由に供給できますが、水で埋めることも出来るので、前の人がぬる湯に入っていたりすると、そこまで温泉の恩恵にダイレクトには与れないかなと。

ですので、泉質は文句無しの◎ですが、湯質は△(運次第)。
温泉用の蛇口はこんな感じに。

とても暖かく迎えてくれるので安旅にはもってこいですが、また行きたい!と言うよりは、もっとイイ宿に泊まりたいなぁというのが正直なところです。
 

総合評価<

【泉質(塩化物泉)】
★★★☆☆ 3.0/5.0
湯上がりポカポカの塩化物泉
【湯質(掛け流し有無)】
★★★☆☆ 4.0/5.0
掛け流しでは有るものの、湯船が小さく熱ければ水も入れられるので、運次第。
【温泉設備】
★☆☆☆☆ 1.0/5.0
小さな屋内浴場二箇所のみ。
【施設の雰囲気】
★★★★☆ 4.0/5.0
昔ながらの旅館。女将さん(?)も優しく、暖かみのある空気感。
【総合評価】
★★☆☆☆ (これで満足)