「ルフトハンザ」タグアーカイブ

【搭乗記】ルフトハンザ便欠航でANA便に搭乗出来なかったものの、誰も助けてくれずフランクフルト空港に一泊した話

マルタでのんびりダイビングをした後、フランクフルト経由で日本へと帰国予定でした。
まあ特に何の問題もなく帰れるだろうとは思っていたんですが、そうも上手くいかず。2フライトのチケットが別々での購入だったことも仇となり、ずいぶん痛い目を見ました。では。
2017/8/9

搭乗ルート

今回搭乗したのは、ルフトハンザ航空LH1313便6:30マルタ国際空港発8:30フランクフルト国際空港着、となるはずでしたが、機材トラブルでフライトがキャンセルとなり、17:20発のLH1311便に振り替えられました。飛行ルートはこんな感じでした。
マルタ→フランクフルト便の航路

 

機材 A321-231(D-AISX)

ヨーロッパ圏内中短距離便の定番A321。今回もいつもと同じく、3×3シートでした。
ルフトハンザのA321

Lufthansa D-AISX (Airbus A321 – MSN 4073) | Airfleets aviation

 

マルタ国際空港

首都のバレッタや宿のあったスリーマ地区からは、路線バスで1時間ほどの場所にあるマルタ国際空港。朝6:30の便でバスの運行がなかったので、ホテルのフロントに頼んで5:00にタクシーで宿を出発。スリーマから空港まではタクシーで20分強で25€固定(1€=¥130→¥3250[以下同一レート])。
オンラインチェックイン済みだったので、荷物を預けて保安検査を通過。

保安区域はそれほど広くないです。免税店、ブランド店が3,4店。食事できるお店が3店ほど。
売店で切手を買い、ポストも保安区域内にあるのでエアメールを投函。きっと届いてくれると思いますが、どうなったやら。。

そしてここからが悪夢の始まり。
6:30発の便だったのですが出発が遅延。次の情報は6:30です、7:30です、8:30です、9:30ですとどんどんと出発が繰り延べ。9:00になったあたりでミールクーポンの配布が始まり、これは面倒な事になりそうだなと。
ミールクーポン配布の様子
フランクフルトからは12:20発のANA便に乗る予定だったんですが、恐らくこれは間に合わないなと思ったものの、ルフトハンザとANAはアライアンスが一緒だしどうにかしてくれるだろうとひとまずは何も手を打たずに待機(これが甘かった)。
結局フライトは機体トラブルで欠航になり、せっかくのタクシー代25€はふいに。一旦預け手荷物を受け取り、ルフトハンザのカウンターでマルタ→フランクフルト便を再予約。結局、夕方17:00頃出発の便に振り替え。振り替え手続きの際にフランクフルト→羽田のANA便もどうにかして欲しいんだがと伝えると、チケットの予約が別々なので、ルフトハンザの我々ではどうしようもない、フランクフルトでANAに直接手続きを取ってくれ、と。
というのも、ANAのチケットは留学からの帰国用に取ってあったオープンチケットで、アライアンス内とは言えフランクフルト←→マルタ便とは全くの別物。
ルフトハンザのデスクで電話を借り、ANAのサービスカウンターに電話。すると、もう出発をしてしまった(電話を掛けたのは13:00頃)ので一切変更は受け付けられないと。それに当社の過失ではない為一切の補償も出来ませんとのこと。念のためと思い翌日の安いチケットは幾らかと聞くと、4000€(50万円とか)ですね〜と飄々と言ってのける。アホか、そんな高いもん買えるわけないだろ、とさすがに腹を立たせつつ、ベンチに座ってフランクフルト行きのチェックイン開始待ち。
チェックインを終え、保安検査を通過。30分ほど遅延しましたが、無事に振り替えのLH1311便に搭乗。

 

搭乗記

搭乗ゲートを抜けるとバスに3分ほど乗り、タラップにて搭乗。いつも飛行機に乗る際にはカメラを出すんですが、その気力は無かったので写真は全てケータイから。。
搭乗すると、遅延申し訳ありませんのアナウンスが入り、タキシング開始。
マルタ空港でのタキシング中の様子
離陸は南側ランウェイ から。
テイクオフのルート
右手に、ターミナルと、機材トラブルに遭った当該A321を見下ろしながらテイクオフ。
マルタ空港からのテイクオフ
マルタ空港からのテイクオフ
最後のルフトハンザということでトマトジュースを飲み、20:30頃フランクフルト空港にひとまず無事到着。
ルフトハンザの機内食
フランクフルト空港へのランディング
フランクフルト空港の駐機場

 

フランクフルト国際空港

とっくに日本へ向かう機内にいたはずの時間ですが、21:00近くにようやくフランクフルト空港に到着。
ひとまずルフトハンザのデスクでチケットについて交渉しようということで訪問してみるも、やはり、「このチケットは別々だから私には何もしてあげられないの本当に申し訳ないのだけれど」と。
たまたまANAの地上職員の人がいたので話を聞いてみるも、「私には回答できないのでこちらに電話してみてください」と謎の番号を手渡され、それ以上の対応は無し(時間が時間だったので仕方ないですが)。
公衆電話から掛けてみると、実態の分からぬ電話交換手センターみたいなところに繋がり、「こりゃ幾ら取られるか分からん」と電話での交渉は断念。
仕方ないので、ネットで最安値となっていたキャセイパシフィック航空の翌日のフランクフルト→香港→羽田便を7万円ほどで予約。
10万円を超えなかったのでまだ良かったものの、こんな悲惨な目に遭わされるとは思ってませんでした。

ホテル代を払うのも馬鹿馬鹿しいので空港内に泊まろうーと歩き回っていると、お姉さんが一人で締め作業をしているカフェが。カフェの前のソファーで寝ても大丈夫か聞くと、「多分大丈夫だと思うよ〜朝番の人もきっと理解してくれるでしょ〜」と軽い感じで。
この日の寝床。
フランクフルト空港での寝床
22:00頃には床(?)につき、小さなソファーに体を丸めて朝まで眠りました。翌朝5:00過ぎに朝番の人がやって来て、ほら!起きなさい!と罵声を。(よくよく考えれば当たり前のことですけど笑)
よく眠れたので、良かったです。

 

おわりに

災難な一日でした。これ以上無いぐらい、酷い目に遭ったなという一日。どうにか翌日帰国する目処は立ちましたが、まさか10万円近くする日本へのチケットをドブに捨てる事になるとは思っていませんでした。
もちろんこちらの動きが遅かったのもありますが、にしても、アライアンスは一緒なんだからどうにか対応してくれよという感想。ということで、別々の航空券での乗り継ぎには注意です。
では、最後までご覧頂きありがとうございました。

【搭乗記】ルフトハンザ航空LH1276便 フランクフルト国際空港→マルタ国際空港 A321-231(D-AISG)

1年間の留学も終了し、少しヨーロッパで遊んで帰ろうと言うことで、ドイツからマルタ共和国へ。
ルフトハンザが一番安かったので、フランクフルトからの往路便です。

2017/8/4

搭乗ルート

搭乗したのは、9:05フランクフルト発11:35マルタ着のルフトハンザ航空LH1276便。
フランクフルト→マルタ空港の飛行ルート

 

機材 A321-231(D-AISG)

A321-231(D-AISG)。ヨーロッパ圏内のフライトではA319ばかりに乗っていたので、どちらかと言えばA320シリーズでは大きい方。
ルフトハンザのA321

 

フランクフルト国際空港

搭乗時刻が8:35となっていたので、7:32フランクフルト中央駅発のSバーンに乗り、7:45頃空港に到着。
手荷物カウンターでバックパックを預け、日本に帰国する際に持っていくカバンを手荷物預かり所へ。フランクフルト空港の手荷物預かり所についてはこちらを。
そして早々と保安検査を抜け、A50搭乗口へ。
フランクフルト空港A50ゲート
搭乗ゲートに着くとB747-8が停まっていて、お!?と思ったんですが、そんな筈もなく、バスで駐機場へ。
ルフトハンザのB747
フランクフルト空港の港内バス
そして搭乗。

 

搭乗記

搭乗するとCAさんが「あらいいリュックサックねぇ、サムソナイトなの?」と。突然のフレンドリーさに驚きつつ、「そうなんですよ〜ありがとうございます〜」と笑
34Aの座席に着き、9:10頃機体はスタート。横の2席は空席でした。
ルフトハンザのA321の機内
10分ほどタクシーし、ランウェイ18からテイクオフ!
フランクフルト空港ランウェイ18からの離陸
フランクフルトの市街地が遠くに。
機内から見えるフランクフルト市街地
横風が強そうで少し揺れましたが、特に問題なく航行開始。30分ほどすると、軽食。 何かとサーモンのサンドイッチと言われ、ドイツ語が理解できなかったのでサーモンのサンドイッチを。
エールフランスの軽食がハイクオリティだったので、まあドイツはこんなもんよな、と改めて。
ルフトハンザ航空の軽食
飲み物は、毎度同じくトマトジュースを塩コショウと共に。
ルフトハンザのトマトジュース

ずっと地中海上を飛行していき、右への180度旋回ののちマルタ国際空港に着陸。南東から、ランウェイ31でした。
マルタ国際空港へのアプローチルート
アプローチ中の景色。
機内から見たマルタ島
滑走路はカラカラでした。笑
フランクフルト空港の滑走路
到着後はタラップで地上へ。久しぶりに感じる蒸し暑さに、これぞ夏だ!とテンションも上がる上がる。
マルタ国際空港のバス
そして、バスで1分ほどでターミナル。ターミナルには水槽がありました。
マルタ国際空港の水槽

 

マルタ国際空港(MLA)

公共交通の公式サイトが使いづらかったので、行き当たりばったりでバスに乗ろうという考えのもと到着しました。
到着口を出ると目の前に公共交通機関関連のチケットが買える窓口があります。
マルタ空港のバスチケット購入窓口
6日滞在予定だったので、一週間チケットを21€(1€=¥130→¥2730[以下同一レート])で購入。
マルタではバスの利用が必須と言っても過言では無いので(僕はダイビングショップとの往復があったので尚更でした)、乗り放題券を買ってしまったら楽かと思います。
標識に従ってバス乗り場へ。
マルタ国際空港のバス乗り場
「このバスはSt. Julian行きます?」と運転手のおじさんに。普通の路線バスなので少し拍子抜けしますが、30分ほどでスリマ地区の中心街に到着です。

 

おわりに

搭乗記、フランクフルト→マルタ編でした。特筆して何か起こったわけでも無いですが、相変わらず飛行機に乗るのは楽しいです。
前々日のフランクフルト空港ツアーに参加していたおかげで空港内の造りががよくわかって、タキシング中やバスでの移動中も楽しめました。
では、最後までご覧いただきありがとうございました!

【搭乗記】ルフトハンザ航空LH1167便 リスボン国際空港→フランクフルト国際空港/リスボン~羽田旅Part1/3 A321-231

18日間の南欧周遊が終了し、そのまま自宅に戻ることなく日本へと一時帰国!
リスボン→フランクフルト→北京→羽田で全行程23時間、3フライトの長旅でした。
まずは、1本目のリスボン(ポルトガル)→フランクフルト(ドイツ)便。
2017/3/24

搭乗ルート

今回の搭乗記は、リスボン国際空港→フランクフルト国際空港のLH1167便。
フランクフルト→ローマ便と一緒に往復で取ったルフトハンザでした。
12:05(GMT)発16:10(GMT+1)の3時間弱のフライトです。
リスボン→フランクフルト便ルート
 

機材 A321-231(D-AIDG)

機材はA321-231(D-AIDG)。
A321-231
座席は3×3で、国際線用のモニターは無しでした。
こちらに来てからというものの嫌という程A320シリーズに乗っているので、特筆することはありません。笑
Lufthansa D-AIDG (Airbus A321 – MSN 4672) | Airfleets aviation
 

リスボン・ポルテラ空港(LIS)

ポルトガルの首都リスボン唯一のこの空港。
市街地からそれほど遠くない場所にあるので、市街地からは滑走路へアプローチする機体を比較的近くに見ることができます。
リスボン城の上からも、かなり小さいですがこんな画が撮れたりも。
サン・ジョルジェ城から見える、ポルテラ空港へアプローチする機体
空港へのアクセスは、地下鉄が便利。
市内主要箇所からであれば、乗り換えが必要な場合もありますが、30分はまず掛からないと思います。
さすがは国際空港で内装は綺麗。
ポルテラ空港のロビー
免税コーナーもしっかりありました。
機体が比較的ターミナル近くまで寄るので、迫力のある写真が撮れました。
A321-231
搭乗は25番ゲートから。
 

搭乗記

明らかに機体の到着が遅かったので予想はついてたんですが、遅延。
11:35搭乗開始12:05出発予定のフライトでしたが、搭乗が始まったのは12:00過ぎ。
ポルテラ空港の様子
搭乗し、座席へ。シートは3×3。
機体は12:30に動き始め、テイクオフは12:42。
ポルテラ空港の滑走路
リスボン空港から離陸
ポルテラ空港から離陸
離陸から1時間ほどでドリンク提供。トマトジュース。
ルフトハンザのトマトジュース
そこからまた30分ほど経って軽食の提供がありました。
ヨーロッパ圏内の便だったので、夕飯は出ないと思っていたので少しびっくり。
まあまあの美味しさでした。
ルフトハンザ、ヨーロッパ圏内便での軽食
3時間と若干長めのフライトでしたが、映像モニター等は無し。
特に辛いこともありませんでしたが、そんなもんか〜と。
出発は遅延しましたが、到着は16:17と定刻から7分のみの遅延。
乗り継ぎの利用者が自分も含めてほとんどだったようで、友人が預けていた荷物はあっという間に出てきました。
ターンテーブルに出てきた荷物も、全てで10個ほどでした。笑
 

フランクフルト国際空港(FRA)

毎度お馴染みのフランクフルト国際空港。
フランクフルト空港の、ルフトハンザの格納庫
国内(シェンゲン圏内)線から国際(シェンゲン圏外)線への乗り継ぎだったので、特に到着後の手続きは無し。
友人に付き添ってSバーンのホームまで行き、旅の終わりを惜しんでからまた出発ロビーへ。
韓国便や上海便と時間が被っていたようで、出国審査には結構人がいました。
続きはPart2に。。
 

おわりに

この旅行の一番のネックだったリスボン→フランクフルト移動。
何よりこれが遅延すると日本への帰国が大きく手間取るということで結構リスクが高かったですが、何事もなく到着することができました。
思いがけずご飯が出たのと、相変わらずトマトジュースが美味しかったです。
フランクフルト国際空港→北京国際空港の移動はPart2に続きます。
最後までご覧頂きありがとうございました。

【搭乗記】ルフトハンザ航空LH230便 フランクフルト国際空港→ローマ・フィウミチーノ空港 A321-131

今回は、フランクフルト国際空港からローマ・空港へ1時間20分の旅。
ルフトハンザの利用だったので、フランクフルトの出発は第1ターミナルから。
では。
2017/3/8

搭乗ルート

搭乗したのは、フランクフルト国際空港(FRA)7:10発ローマ・フィウミチーノ空港(FCO)8:55着のLH230便。
フランクフルト→ローマ航空便地図
本当はナポリに飛びたかったんですが、ローマ便の方が安かったのでこちらをチョイス。
フランクフルト国際空港→ローマ・フィウミチーノ空港,リスボン空港→フランクフルト国際空港の往復(?)で、エクスペディアで15,000円ほどだったかと思います。
 

機材 A321-131(D-AIRK)

機材は、A321-131(D-AIRK)
Lufthansa A321-131 D-AIRK
最近A319に乗ることが多かったので、久しぶりのA321でした。
こちらに来てから、ボーイングの機材に乗る機会にはまだ遭遇してません。。
もうロールアウトから23年の、ずいぶん高齢な機体だったようです。
Lufthansa D-AIRK (Airbus A321 – MSN 502) | Airfleets aviation
 

フランクフルト国際空港(FRA)

この日は朝早かったので、朝5:10頃宿を出て、5:32発のS-Bahnに乗車。
空港までは4.8€(1€=¥120→¥576)もします。高い。。
飛行機マークのある乗り場に降り、S9に乗車。5:45分ごろフランクフルト空港に到着。
手荷物預けは、エスカレーターを上ってすぐ右手の、Bの区域。搭乗ゲートがAだったのでA区域の手荷物カウンターに行きましたが、Bに行って〜と。
フランクフルト空港第1ターミナルバゲージドロップ
Aにあったのは自動預け機だったので(上の写真)、不定形のバックパックはBに、という事だったんだと思います。

手荷物検査は20分ほど並んだかと思います。朝なので、ビジネスマンで混雑している様子でした。
検査を抜けるとちょっとした免税店ゾーンがあり、5分ほど歩くと搭乗口のA26ゲート。
搭乗ゲート
薄暗い中にルフトハンザ機がズラリ。
早朝のフランクフルト国際空港
6:30ゲートオープンとの事でしたが、搭乗開始は6:45頃でした。
 

搭乗記

搭乗。機内の様子。
ルフトハンザA321の機内
ヨーロッパ圏内仕様なので、3×3列のかなり薄いシート。
いざ出発。
フランクフルト国際空港に並ぶルフトハンザ機
フランクフルト国際空港滑走路
アルプス越えはなかなか迫力がありました。

機内では、前回のロンドン→フランクフルト便同様サンドイッチの提供が。
飲み物は、前回のフライトで頼んでいる人が多かったのでトマトジュースを。
機内軽食
ドイツ人はトマトジュースを冷製スープぐらいの感覚で飲んでいるようで、塩と胡椒も渡されました。
美味しかったです!笑

フィウミチーノ空港へのアプローチは独特で、空港を右手に海へと出て、大きく右へ180°旋回してのL34滑走路へのランディング。
まずはローマ市街を左手に通過。
機窓から眺めるローマ市街
その後大きく右旋回。左側に眺める海が綺麗でした!
フィウミチーノ空港へのアプローチ
スポット到着は定刻8:55よりも早い8:47。
歓迎
 

ローマ・フィウミチーノ空港(FCO)

初めてのイタリアの空港。
到着後は預け手荷物レーンへ。10分ほどで出てきました。

空港から市街地へのアクセス方法をはっきり決めていなかったので、急ぐ旅でも無いしとひとまずバス乗り場へ。
5分後にTermini駅(空港からの市内アクセス鉄道の終着駅)行きのバスが出るということで往復券を8€(¥960)で購入。片道チケットだと6€(¥720)。
会社はT.A.M.と言うところ。
ローマ空港の高速バス

電車だと市街地まで30分で14€(¥1680)。
バスは1時間掛かりますが、それほどお金のない旅だったので即決でした。
ローマ空港からのバスの車窓
若干渋滞にあいましたが特に大幅な遅延もなく到着。イタリアの街並を眺めながらのんびりーという事であればこれもありかなと感じました。
車内にはWi-Fiも飛んでます。
 

おわりに

旅行始めのドイツ→イタリア便。
今までに体験したことのないランディングが楽しかったのと、アルプスを上から眺められたり海が綺麗だったりと総じてとても楽しいフライトでした!

次回の搭乗は、弾丸ロンドンライブ遠征。ローマ・フィウミチーノ空港→ロンドン・シティ空港です。
最後までご覧いただきありがとうございました!

ロンドンからドイツへと帰国 LHR→FRA渡航記(旅行記Day10)

イギリス周遊の旅も10日目、最終日。
この日は朝からフランクフルトへと飛び、日本に帰る留学仲間を見送り。
夜の電車でゲッティンゲンへと戻ったのでした。移動ずくめです。
ではでは。
2017/2/25 ロンドン(イギリス)→フランクフルト(ドイツ)

《移動》ロンドン市街→ヒースロー空港

飛行機のヒースロー発が10:30だったので、朝食開始の7:30にサクッと朝ごはんを済ませ、8:00に宿をチェックアウト。
徒歩5分でBAYSWATER駅。
ベイスウォーター駅
空港へと向かうPiccadilly Lineは通っていないので、District Lineで乗換駅、Earl’s Court駅まで。
そこでPiccadilly Lineに乗り換え、30分ほど。ヒースロー空港1,2,3ターミナル駅に到着。
ヒースロー地下鉄駅
 

《移動》ロンドン・ヒースロー空港→フランクフルト国際空港

こちらの移動は別記事に詳しく書きましたのでそちらをご覧ください。
【搭乗記】Lufthansa航空 ロンドン・ヒースロー/LHR→フランクフルト国際空港/FRA A319[D-AIBI]
ヒースロー第2ターミナルA20搭乗口
中心街
機窓から仰ぐ大型機
A319-112[D-AIBI]
 

《移動》フランクフルト国際空港→ゲッティンゲン

空港でだらだらと過ごし友人を見送った後は、前もって予約してあったICEでゲッティンゲンへと帰還。
21:13フランクフルト中央駅発の列車でしたが、早めに駅に出て、構内のアジア料理店で夕食を。
ドイツで食べるアジア料理
前の列車は遅延していましたが、乗る予定だった列車は影響受けず。定時で出発、23:00過ぎに帰着しました。
ICE
 

おわりに

10日間、サッカーにアクティビティにと随分濃かったです。
なにより、ビートルズの故郷リバプールを訪れられたことが一番の収穫!!
またのんびり行けたらなとは思いますが、いつになるやら。。。笑
この次の旅行記は、南欧周遊です。
最後までご覧いただきありがとうございました!