「モスク」タグアーカイブ

イスタンブール街歩き3日目-お土産探しとトルコ風呂|地球一周旅記DAY35

前の2日間でたっぷり(とは言え街のサイズを考えれば十分では無い)街歩きはしたので、この日は若干の体力温存。
観光地のアヤソフィア(ブルーモスク)、お土産探し、トルコ風呂、ファラッフェル(夕飯)を軸に動きました。
2018/9/23

アヤソフィア(ブルーモスク)

イスタンブールで一番の観光スポットと言っても過言では無いこのアヤソフィア。

長い入場列に並びたくは無かったので、比較的早く10:00前に訪問。

入場列に並ぶと、「ファストトラック如何ですか〜」とチケットを売り歩くおっちゃん。

60TL(1200円)は高いなぁと思い列に並び続けたものの、入場料は40TL。
20TLで15分の入場列スキップ+手荷物検査スキップ。手荷物検査もスルーになるのが全く意味分かりませんが、400円程度の差額ならば払ってしまえばよかったなと。

で、入場。

外観のままに、でかい。

ぼーっとフラフラ見てまわる。

こんな所にも猫が。笑

そして2階へ。

2階から見た方が、大きさがよく分かる感じがします。

絶賛工事中。

天井画。

古い建物なので半ば当然ですが、結構ボロが来ている部分が多かったです。

外へ。

イスタンブール街歩き・お土産探し

お土産を買いたかったので、街歩きというよりもその目的を重点的に満たす感じで。

まずグランバザールへ向かうと、まさかの休業中。これだけ大きな観光スポットが日曜に休むだなんて考えていなかったので、かなり驚愕。

仕方ないので海沿いやエジプシャンバザールへ移動。

空いている店もチラチラありつつ、基本は休業。

人出が少ないため、何か映像の撮影が行われていました。

海近くの商店街まで来ると、前日までほどでは無いもののそこそこの人が。

お土産を少し購入し、休憩。

休憩 Tatlici Safa

街中でよく見かけたこの食べ物が気になっていたので、休憩がてら入店。

店員さんは英語はさっぱりでしたが、指差しと簡単英語で注文。

トルコアイス乗せのものを一つと、トルココーヒー(これが飲みたかった!)。

こいつはとにかく甘い。ひたすら甘い。

もっちりした生地に、シロップがひたすら染み込んでます。

コーヒーは、粉ごとお湯にかけ、粉が沈殿した上澄みを飲むのがトルコ風。

飲み干した後も底に粉がべっとり。

ジャリジャリ感はもちろん無いですが、きめは細かく味も濃かった気がします。イメージはエスプレッソに近い感じ。

味はというと酸味はあまりなく、嫌味のない苦味がしっかりと。

お店を出た後は、トラムを使っていったん宿へ。

Cemberlitas Hamami(トルコ風呂)

初日に街中で”Traditional Turkish Bath”の看板を見かけ、かなり気になっていたトルコ風呂。

日本では「トルコ風呂」=風俗とのイメージになってしまっていますが、実際のトルコ風呂はそんな事は無く(休憩用の個室になかなか趣がありましたが)。

詳しくは別記事にするのでサッと紹介。

入口。

受付でベーシックコースの240TLを支払い。

券を持って、2階の着替え部屋兼休憩室に。

細ーいベッドと棚と鏡だけの部屋。

ここで着替え(タオルだけ巻いて)、階段を降りるとサウナの入口。

中に入るともう一つ扉があり、そこを入ると円形の台があり、その縁に横になる人々。
似たように横たわると担当のおじさんがやって来て、縁に横たわったままアカスリと泡洗体(というか最早タイマッサージみたいな)。

それが終わると一つ扉を出て、そこで座ると頭やら顔をアカスリ手袋を着けたままゴシゴシ洗われる。

そこからはまたサウナに入るも良し、シャワーを浴びて部屋に戻るも良し。

本当はまたサウナに入りたかったですが、90℃近くあるサウナに30分以上かなり強めなマッサージ付きで入っていたので脈拍数は凄いし血圧も高くフラフラ。

再入場は諦めて部屋に戻り、ベットに横になるほど30分ほど。

脈拍数も落ち着き、一眠りしたところで1階へ。

おじさんに勧められオレンジジュース(生搾り)を7TLで。
風呂上がりの飲み物でこんなに美味かったのは初めてかもしれない、ぐらいの充足感。

ここでも10分ほど休み、外へ。

少し値は張りましたが良い経験でした!

夕食 Falafel House

まだ16:00前でしたが、翌朝が早く就寝も早めにするつもりだったので、夕食へ。

前日に引き続き”Istanbul eats”のサイトに出て来たファラッフェル屋さんに。

トラムとケーブルカーでタクシムへ。

タクシム広場から徒歩2分の場所にあるFalafel House。

メニューにはトリップアドバイザー★5やら書かれていて、やはり有名な店なんだなと。

なるべくご当地なものを食べたかったので、一番ボリュームのありそうなメニューを32TLで。

ファラッフェル、ジャガイモのペースト(多分)、茶色豆の煮込み、グリーンサラダ。

どれも美味しくありつつ、屋台の味というか、「レストラン!」感はそこまで無かったのがまた良し。

グリーンサラダの味付けがエジプトでのダイビングボートのランチのサラダと一緒だったんですが、何の味だったんだろうか。不明。
お酢は分かったんですが、それ以外の味付けがどうにも。

ともかくも、とても美味しかったです。

帰路

お店を出て歩いていると若者3人組に「写真撮ってくれよ〜」と絡まれ、撮ってあげる。

チャチャっとFacebookを交換し、宿に戻ってから写真は送ってあげました。

前日同じくケーブルカー。

トラムは前日よりは空いていました。
最前は特等席。

道端で遊ぶ子供たち。

再びガラタ橋を渡る。

無事宿にたどり着き、イスタンブールの街で過ごす時間も終了。なんだか名残惜しい。

宿に戻った後は出発の準備をまとめ、早めの21:00に就寝しました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

↓ブログランキング参加中です。クリック頂けるとランキングが上がります。よろしければご協力お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(東回り)へ
にほんブログ村

行程詳細

7:30 起床
7:45 朝食
9:45 空港送迎予約(10€)
9:50 宿出発
9:55 アヤソフィア(ブルーモスク 40TL)
10:30 街歩き・お土産探し(17TL)
11:30 休憩@Tatlici Safa(18TL)
12:10 街歩き・お土産探し(20TL)
12:40 トラムにて宿へ
12:50 宿着 休憩
13:45 宿発
13:55 Cemberlitas Hamami(トルコ風呂 240TL +水1.5TL ジュース7TL)
15:50 退出
15:55 トラムにてタクシムへ。
16:30 夕食@Falafel House(35TL)
17:00 若者3人組に絡まれる
17:40 宿着
21:15 就寝

壮大なハッサンⅡ世モスクの内部へ|地球一周旅記DAY22

マラケシュから経済都市カサブランカへ鉄道移動、観光はモスクのみのなかなか余裕ある一日。

夕飯に食べたイカがとても美味しかったのもハイライトです。
2018/9/10

移動 宿〜マラケシュ駅

マラケシュからカサブランカへは鉄道にて移動。
列車は2時間ごとにあり、本当は8:20マラケシュ発のものに乗るつもりだったんですが、前日の寝つきが悪かったため睡眠の方が重要と判断し、8:00過ぎに起床。

宿を約1時間後に出て、タクシーを拾う。
現地人は初乗りに10DHも払わないそうなんですが、観光客は足元を見られているのでメーターも使ってもらえず。

タクシーを止めて駅まで幾らか聞くと、80DHだの50DHだの。

僕の後ろでタクシータクシー言ってた青年がタクシードライバーで、簡単な交渉の末に25DHで良いよと言ってくれたので乗車。

フランス語しか喋れないようでしたが英語は何となく聞けるようだったので、ボディーランゲージで会話。

カサブランカに行くと話すと、「カサブランカはとーーーても大きな街。それに、危ない。ケータイでマップを見ながらふらふらしてるとバイクが走ってきて取られるから、必ずポケットに。荷物はしっかり持って。」というようなアドバイスを。

お話も出来て楽しかったので30DHを渡してお別れ、駅に到着。

移動 マラケシュ〜カサブランカ

駅の券売機で切符を買おうとするも、カードが使えなかったので窓口へ。

500円ほど違う1等車と2等車の違いを尋ねると、座席が指定かどうかと快適さの違いだと。

迷わず2等車の切符を購入。95DH。

出発1時間前でしたが車両は到着していたので乗り込み。

日本の地方ローカル線を思わせる車内。

まだ気動車は到着しておらず。

10分ほどすると気動車が到着。

カフェ車両はあると言っていたので(多分英語が分からず適当に答えただけ)ホームに入ったものの朝食を買えなかったので、車内でぼーっと。

定刻になると発車。

砂漠地帯を抜け市街地も増え、3時間半ほどでCasa Voyageur(カサブランカ駅)に到着。

びっくりするぐらいに定刻での到着でした。

工事中のこれも中国資本か…?

移動 カサブランカ駅〜宿

宿までは距離にして2kmほど。
バスを使うのは不安だったので路面電車で宿から500mほどの所まで行こうかと思っていたんですが、結局タクシーを。

出口そばで声を掛けてきたおっちゃんは「80DHでどうだ?安いだろ?」と意味のわからないことを言ってきたので、「マラケシュでは同じ距離30DHだったわ〜」と追い払う。

次に声を掛けてきたおじちゃんが向こうからの言い値で30DHだと言うので有無を言わさず乗車。

本当はもう少し安く乗れるんだと思いますが、10DHと30DHでは200円しか変わらないので、そこを値切るのは馬鹿らしいなと。

なかなか年季の入った車。

右のサイドミラーはもげており、左のミラーも閉じたまま。

出発すると相乗りの乗客を2人乗せ、なるほどこっちのタクシーは相乗りが普通なんだなと知る。

20分ほどでホテルに到着。

ハッサンⅡ世モスク

ホテルでチェックインをすると、モスクは行くの?と。

前日の宿で
「カサブランカではモスクにさえ行けば大丈夫だ。中にはツアーでしか入れないから、時間を確認しておくと良いよ」
と言われていたので、ツアーは14:00で終了しているものと思い諦めていたモスク訪問。

受付のお姉さん曰く、今はサマータイムだから15:00が最後のツアーのはずよ!と。
その時点で14:30。歩いて25分ぐらいとのことだったので、荷物を置いて急いでモスクへ。

近づいてきました。

で、14:50頃到着。

チケットカウンターの場所が分からず彷徨い、スタッフのお兄さんに場所を聞いてどうにか15:00にツアーのチケットを購入。

先にモスクに向かっていたツアー団に追いつき、内部へ。

おじさんが言ってたように、確かに凄い。荘厳な空気。

ツアーの解説がすごく丁寧で良かったです。

モスクは週7日24時間体制3シフト制で建築され、シャンデリアと2本の柱を除いて素材は全てモロッコ産。
ムスリムではないフランス人建築家の手によって設計されたものだと。

そして地下へ。

地下には身体や衣服を清める噴水が。
とてもアーティスティック。

1時間弱でツアーは終了し解散。

中に入れて本当に良かったです。これに入れなかったら、カサブランカにフライトだけのために来たことになってしまっていたので。笑

チケットデスクは、モスクから正面(海と逆方向)に100mほど進んだ左手です。

夕食 La Sqala

帰り道にGoogle Mapで評価の良さげなモロッコ料理店があったので、特に価格帯も気にせず入店。

せっかく海のある街だし海鮮が食べたいなーと思っていたので、比較的値段の安めだったイカを120DH(1200円)で。

食前のオリーブ。

どこのレストランでも、地中海だけあってオリーブの実が出てくるんですよね。
しかもどれもジューシーでとても美味しい。

リンゴジュースはしぼりたてで濃い。200円。

で、イカ。思ってたよりも豪華で綺麗で分厚い!!

日本でこれをディナーに食べたら、お酒込みで5000円ぐらいはしそうだな〜という感じでした。

店を出ようとすると、店員のおじさんに呼ばれお店の正面へ。

「ここには大砲があって、海が見えるんだよ(的なフランス語)」

「上に登ってごらん(的なフランス語)」
いい見渡し!!

これはチップを要求するためのサービスかと思い硬貨を取り出すと
「いやいやいらんいらん(的なフランス語)」と。

カメラを持っていたので、本当にただの親切心で案内してくれたみたいでした。

マネーエクスチェンジを求め新市街を彷徨い

宿がクレジットカードを受け付けないとのことで、受付のお姉さんに物凄く申し訳なさそうにされながらATMへ。

デビットカードが使えなかったので、市街地に出て円をDHに交換。3000円出して、250DHぐらい。
レートは悪いけれど致し方なし。

宿に戻って宿泊費をお支払い。この日は香港以来の個室。

その後はエジプトでの旅程を確認したり何なりし、就寝。

この日も朝はそれほど遅くありませんでしたが1時間ほど寝付けず。
時差ボケで体が狂ってきているのか何なのか。困ったものです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

詳細

8:15 起床
9:15 宿出発
9:20 タクシー乗車(30DH)
9:35 Casa marrakech(マラケシュ駅)到着
10:23 列車出発(95DH)
《移↓動》
12:50 昼食 車内(菓子パン11DH)
《移↓動》
13:58 カサブランカ到着
14:05 タクシー乗車(30DH)
14:30宿着(Hotel Centrale 338DH)
15:00 ムハンマドⅡ世モスク(120DH)
15:55 モスクツアー終了
16:30 夕食@La Sqala(145DH)
17:20 宿着・マネーチェンジへ
18:00 宿着
23:00 就寝