「ポルトガル航空」タグアーカイブ

ポルトガル航空 リスボン空港→マラケシュ・メナラ空港TP1450便 A319【搭乗記】

ニューヨーク〜マラケシュ(モロッコ)の道中。
ニューヨークレベルだと直行便もあったのかも知れませんが、乗ってみたかったのでポルトガル航空をチョイス。
経由地のリスボンからマラケシュへの移動です。
2018/9/7

搭乗ルート

搭乗したのはポルトガル航空TP1450、リスボン14:10発マラケシュ15:35着の便。

飛行ルートは以下の通りです。

機材 A319-111(CS-TTG)

ヨーロッパといえばA319、というぐらいよく登場するA319にまたしても。

普段はエンブラエルの機材も使ったりしてるみたいなんですが、少し残念。

びっくりするぐらい座席が薄かったのがハイライト。

搭乗記(リスボン空港(LIS)〜マラケシュ・メナラ空港(RAK))

リスボン空港にJFKから到着し、無事国際線保安区域内へ。
お金がもったいないので特に何もせず。

売店にあったBild誌にヨーロッパを感じつつ購入はしない。

13:30ゲートオープンとのことでしたが、一切の放送等無くゲートオープンは14:25に。

そこからバスに乗り込み機体へと移動。機体への到着は14:55。

途中、日本ではお目に掛かれない欧州エアラインの中型機が3連発。

結局、遅延の説明はここまで一度も無し。これがポルトガルの国民性なのか、それとも航空会社の質なのかは不明。

搭乗が終わると簡単に遅延の説明。

発音が訛っていて聞き取れませんでしたが、空港が混雑して…みたいな、空港ありきの説明。

搭乗した機材は前日にダイバートを挟んでいるので、その影響かなとは思います。

コックピットは開いたまま、しばらく時間が経過。動く気配無し。

15:25になってようやくプッシュバック開始。

10分ほどタクシーしてテイクオフ。

右舷側の席だったので、ユーラシア大陸最西端のロカ岬が見えました。

シートベルト着用サインが消えて10分ほど、ドリンクと飲み物の提供。トマトジュースを見るとヨーロッパを感じる。

そして16:35には降下を開始。

16:50に最終着陸体勢のアナウンスが入り、17:00にランディング。

17:10にはスポットに到着しました。

到着してタラップを歩いていると中国語が。
中国がアフリカの公共設備に投資をしているのは知ってましたが、なるほどこれがそれね、と。

トイレは非常にセンスのない作りでした。

入国審査は20分ほどで抜け、$50分の通貨を交換。
荷物も無事ピックアップし、いざ外へ!

写真には取れませんでしたが、関税申告無しの出口で機械の手荷物検査をしてました。
日本の方が厳重といえば厳重ですが、初めての体験。

外に出て、タクシーの勧誘を受けながらバス停へ。
19番のバスに乗り込み、観光拠点フナ広場へと向かいました。

おわりに

JFK→リスボンに続いてポルトガル航空2レグ目。

CAに男性が多いのが個人的には非常に好感が持てますが、遅延に関して何の放送も無かったりと、適当な部分がそこそこにあるなーとも。

機材がA319なのも残念でしたが、アプローチ中の機窓が楽しかったので良かったです。

去年行ったロカ岬も見えたし。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ポルトガル航空 ニューヨークJFK空港→リスボン空港 TP208便 A330【搭乗記】

2週間ぶりのフライト。今回は初めての大西洋横断。利用したのはポルトガル航空。

ニューヨーク→マラケシュで調べたら出てきて、スタアラだし久しぶりにリスボン行きたいし(降りはしないですが)という事で決定。
2018/9/6

搭乗ルート

搭乗したのはポルトガル航空TP208便、JFK23:25LIS11:15、時差があるのでフライト時間は約6時間10分でした。

飛行ルートは以下の通り。

機材A330-202(CS-TON)

初めてのA330。
日本の航空会社は運用していないので、海外航空会社の長距離線でなければ搭乗のチャンスのない機材。

一つ前の香港〜ロス便がA359だったのもあり、若干の古臭さを感じてしまいました。

座席も異様に狭かったりと、仕様のせいでそう感じた部分もあるかも知れません。

搭乗記(ニューヨークJFK空港(JFK)〜リスボン空港(LIS))

当日はマンハッタンの宿からJFKへ地下鉄で。
地下鉄の乗り放題券を買っていたので、マンハッタン〜空港は空港線の利用料$5のみ。

マンハッタンから乗ったE線はそこそこ混んでいましたが、バックパックを置くスペースはどうにか確保できたので良かったです。

ジャマイカ駅で降り、空港線へ乗り換え。

余ってるメトロカードは無い??と迫ってくるおばさんがいましたが、メトロカードを空港線でも使えるとは知らず、危うく渡すところでした。

空港線は各ターミナルを数の小さい方から回るので、利用する第5ターミナルまでは10分弱の旅路でした。

23:25出発に対して到着したのは19:00過ぎ。

流石に早すぎたのかチェックインカウンターは開いておらず、20:30頃になってようやくチェックイン。

嫌な予感はしてたんですが、預け荷物は有料。しかも$105。
FSCの国際線なんだから荷物一つぐらいの枠ぐらいタダにしとけよと思いつつ、従順なのでカードにてお支払い。

すぐに保安区域内へ。

閑散とした保安区域外に比べて賑やかな域内。
域外の方が生き生きしてる日本の空港とは随分様子が違うなと。

スペイン系の航空会社が利用するターミナルだったんですが、無印があったので思いの外安かったせんべいと昆布を購入。

ひたすらぼーっと時間を潰し、予定通り22:40に搭乗開始。

23:15には搭乗完了。予定より5分早くプッシュバックしましたが、そこから30分近くタクシー待ちのホールド。

この間もCAさん達はジャンプシートに張り付け。
タクシー中のCAの着席有無って国によって法律が違ったりするんですかね?詳しいことは不明。

23:45にタクシーを開始したものの、それでもやっぱり立ち往生。

眠いし寝ちゃえーとアイマスクをしてひと眠り、エンジン音で目を覚ますと24:30でした。

ドアクローズからテイクオフまで1時間10分。

混雑の問題もあるかとは思いますけど、なんか国内エアラインがでかい顔してるんじゃ無いかという気がします。

LAに着いた時も、後から降りてきた機に前に平然と割り込まれたし。

窓際ではなかったので、特に機窓写真も無し。

夜食(?)の提供はテイクオフから50分後のam1:20。
本当は体調も考えて眠れるだけ眠るべきところですが、ポルトガル航空の機内食が気になったので頑張りました。

抜群に!と言う事はなかったですが美味しかったです。ビーフシチューのような、グーラッシュのような。

2:00前に就寝。ぐっすり眠っていたところ5:30に物音に起こされ、朝食の配布。
6:25に着陸態勢に入りシートベルト着用サインが点灯。
結果的にランディングは30分後の6:55(現地時間11:55)。寝ていたので詳しくは分かりませんが、空港を目前にしてしばらくホールドさせられていたような。(後から見たらその通りでした)

タクシー時間は短く12:00にはスポット入りするも、ビジネスの客から降ろしているのか20分ほど外に出られず。

なぜかと思えば、アメリカからの大型機にも関わらず沖留めバス移動。
スポットはガラガラなのにこんな所をケチるなんて、もうポルトガル航空を使うことは無いなと。

12:20にバス乗車。
10分ほど走ってターミナルには12:30に到着し、係のおばさんに並ばされたのはEU入国レーン。

リスボンはEU圏外行きの乗り継ぎも入国させるんか意味わからんなと並んでましたが、係のお兄さんに聞いたら君は手荷物検査を受けるだけだ、と。

あっさり保安検査を通過し、無事リスボン空港到着です。

おわりに

ポルトガル航空。機体のルックスが可愛いので気になっては居たんですが、スターアライアンスとは思えない微妙さでした。(評判がどんなものかは知りませんが)

ご飯は美味しかったですが、まず座席が驚くほど狭い。

で、メイン空港では大型機にも関わらずバス移動。
ついでにリスボン空港はWi-Fiが存在してはいるものの上手く繋がらず。
しかも国際線の最低料金に預け手荷物が含まれてない。上にプラスで¥12,000近く取られる。

というわけで、リスボン航空を使うことはもう無いかな〜というのが正直な感想。

エコノミーの画面で最初に流れる映像がビジネスクラス席の紹介っていうのも性根腐り切ってるなと思いました。笑

次の搭乗記は乗り継ぎ便、リスボン→マラケシュの移動です。