「ボートエントリー」タグアーカイブ

中小さまざまの海洋生物を普段潜らない海域で@シャルムエルシェイク【ダイビング記 ★6】

No.57 2018年9月16日 天候 晴
評価★★★★★★☆☆☆☆
【スポット】紅海 エジプト シャルムエルシェイク✳︎Quay
【ショップ】Emperor Divers
~Memo~
ジョージのブリーフィングで「天候の関係で普段は潜ることのないポイントに潜ります」とアナウンスのあったポイント。

後からダンカンに聞くと、海上警察に申請している範囲外なので「こーっそり潜るんだ」と。笑

潜行。

アカモンガラの群れ。

なまことその糞。砂上のお掃除人。

チョウチョウウオの共演。

ダンカンの指差す先には…

ウミウシ!

ハリセンボンらしき魚がいましたが、視程が悪く上手く撮影できず。

ウツボ。

Schooling Bannerfish(日本名不明)の群れ。とにかくたくさん。

こんな感じのなだらかな砂地でした。

クマノミ。


クマノミにも紅海固有のものがいるようです。

Unicorn Fish(テングハギ)の群れ。

浮上!!

この日もランチを美味しく頂きました。

このキッチンで料理は作っているよう。

ダイビング3日目が終了です。

~Dive Datum~
コンディション:良い ほぼ凪
気温・水温:34℃・27℃
透明度:15m
IN OUT:12:48→13:43(55min)
最大深度:20.4m
平均深度:13.4m
残圧:200-40
装備:AW130 ウェイト8kg ロングウェットスーツ
ガイド:ダンカン(イギリス人)
バディ:ダンカン

海中洞窟への潜行@シャルムエルシェイク【ダイビング記 ★7】

No.56 2018年9月16日 天候 晴
評価★★★★★★★☆☆☆
【スポット】紅海 エジプト シャルムエルシェイク✳︎Jack Fish Alley
【ショップ】Emperor Divers
~Memo~
3日目一本目。日替わりに南北に船を出しているようで、この日は1日目と同じくシャルムエルシェイクの南方のポイントへ。ただポイントは2本とも初日とは別。
一本目はJack Fish Alley。
数年前に紅海のPRポスターになった写真はここのスポットで撮られたものだよー、とブリーフィングにて。

ブリーフィングが終わるとガイドのダンケンがやって来て「僕らはちょっと違った潜行ルートをとる」と。何と無く他のグループを出し抜いてる感があって良い。

他のグループが水中に入ったら船を50mほど動かし、初めは洞窟を通る。
そしてその後にブリーフィングにあった地域へ、というルートにすると。

舳先でのんびり。

潜行。

洞窟へ。

洞窟の中から外を見ると、海がどれほど青いのかがよく分かります。

相変わらず、小さな魚がたくさん。

こんな感じの、砂地帯。

個人的に好きな奴。

バラクーダをちらりと見ることが出来ました。

見上げるとこれでもかと言うほど大量のイワシ(多分)がいて、大物が集まるのも頷けるなと。

珊瑚地帯。

サンゴの発色が綺麗でした。

ケショウフグ。

浅瀬のサンゴは光が入るので美しく。

浮上しました。

浮上後は船内でコーヒーを。

3日目一本目終了です。

~Dive Datum~
コンディション:良い ほぼ凪
気温・水温:34℃・26℃
透明度:20m
IN OUT:10:28→11:21(53min)
最大深度:23.8m
平均深度:14.0m
残圧:200-40
装備:AW130 ウェイト8kg ロングウェットスーツ
ガイド:ダンカン(イギリス人)
バディ:ダンカン

「水族館」にも例えられる無数の魚群の中を行く@シャルムエルシェイク【ダイビング記 ★9】

No.55 2018年9月15日 天候 晴
評価★★★★★★★★★☆
【スポット】紅海 エジプト シャルムエルシェイク✳︎Jackson Reef
【ショップ】Emperor Divers
~Memo~
シャルムエルシェイク4本目!
この日はシャルムエルシェイクから少し北上した珊瑚礁が4つ続く地帯でのダイブだったんですが、今回はJackson Reef。

ブリーフィングでジョージが「雑誌がシャルムで紹介するのはこぞってこのリーフだ」と。

ボード作成中のジョージ。

ダンカンは「アホみたいに魚がいて、魚を手で掻き分けないと目的の写真が撮れないぐらいだ」とも。
後から聞いた話では、あまりの魚の密度にこのJackson Reefを”Aquarium(水族館)”と呼ぶ人もいるとのことでした。

たくさんいるシュノーケリングの人々を掻き分けて潜行。

チョウチョウオが大量に。これが「水族館」。

黄色い珊瑚。綺麗!

沖合いにチョウチョウオとモンガラがたくさん。肉眼だともっとクリアでいい感じでした。

クマノミ。

黄色い回遊魚。

何度も見かけたこいつ。名前は不明。

紫。

ダンカンの指差す先には。

ウミウシ!!

海面近くにサヨリがいました。

浅瀬の綺麗な珊瑚帯。

浮上。

この日も2本で終了。
3階デッキからの眺め。

この日はおじさんもやって来ました。話はしませんでしたが、恐らくドイツ人。

飛行機が上空を通過していきました。

帰港し、2日目が終了です。

~Dive Datum~
コンディション:良い 凪
気温・水温:34℃・27℃
透明度:30m
IN OUT:13:20→14:14(54min)
最大深度:22.0m
平均深度:14.0m
残圧:200-50
装備:AW130 ウェイト8kg ロングウェットスーツ
ガイド:ダンカン(イギリス人)
バディ:ダンカン

たくさんの小魚にウツボからナマコまで@シャルムエルシェイク 【ダイビング記 ★7】

No.53 2018年9月14日 天候 晴
評価★★★★★★★☆☆☆
【スポット】紅海 エジプト シャルムエルシェイク✳︎Ras Za’tar
【ショップ】Emperor Divers
~Memo~
シャルムエルシェイクでの2本目。
ポイントはRas Za`tar。Rasは「半島」の意味とのこと。

ダイブの前に、これまた丁寧なブリーフィング。これがあると行程の流れがよく分かるのでとても有益。

一本目に続き最後に水中へ。手を振る現地スタッフ。

潜行開始。

青いサンゴが綺麗でしたが写真には映えず。

回遊魚。ちょっと調べたけれど何か分からず。

大きなテーブルサンゴ。

裏から。

赤いスズメダイ(?)が大量に。名前は不明。


群れの中に入り込めるので画は映える。

これも回遊魚?胸ビレがかっこいい。

巨大なウツボ。

大きななまこらしき生物もいました。

1時間を超えたところで浮上!

このタイミングで昼食。ビュッフェ形式で、日本円にして600円ほど。美味しかったです。

睡眠時間も少なかったので3本目は潜らずこの日はこれにて終了。

~Dive Datum~
コンディション:良い 波高
気温・水温:34℃・28℃
透明度:20m
IN OUT:12:54→13:57(63min)
最大深度:22.3m
平均深度:14.0m
残圧:210-50
装備:AW130 ウェイト8kg ロングウェットスーツ
ガイド:ダンケン(イギリス人)
バディ:ダンケン

激流のフィリピン・ヒルトゥガン島ダイブ(2本目) 海面近くを泳ぐ大量のロウニンアジに遭遇

No.51 2017年12月15日 雨(台風前)
評価★★★★★★★☆☆☆
【スポット】太平洋 フィリピン ヒルトゥガン島◇North
【ショップ】Phillipine Fan Divers
~Memo~
ヒルトゥガン島2本目。とにかく流れが速かったです。これでもか!!という速さ。
しかも少しの深度の違いで流れの速さが大きく違っていたりしたので厄介でした。ただ、こんなに流れが速いのは珍しい、とのことでした。個人的には面白かったので良し。

潜行開始!
水面から見た海底

この旅行で初めての、見覚えのあるウミウシ!アンナウミウシ。
アンナウミウシ
佳子の経験からすると、離島よりも、セブ・パングラオ本島近くのポイントの方がウミウシは多く見られる印象です。

ロウニンアジ。普段沖にいるので、このポイントで見られるのは珍しいとのこと。
かなりの数いました。遠目ながらも結構見応えありました。
海面近くを泳ぐロウニンアジ
海面近くを泳ぐロウニンアジ
海面近くを泳ぐロウニンアジ
海面近くを泳ぐロウニンアジ
海面近くを泳ぐロウニンアジ

クマノミ。流れが速いところだったので、かなりブレてしまいました。
クマノミ
クマノミ
クマノミ
クマノミ

珊瑚に群れる魚たち。
サンゴ帯にいた魚たち
サンゴ帯にいた魚たち
サンゴ帯にいた魚たち

この旅行中のベストショット。運で撮れた写真ではありますが、それらしい写真がラストダイブで撮れて良かったです。

最後に、写真撮影してくれた現地スタッフ。
写真撮影するダイバー

これにて、6泊7日のフィリピンダイビング旅行終了です。
フィリピンの小型ダイビングボート

コンディション:波有 流れ速い
気温・水温:21℃・28℃
透明度:25m
IN OUT:11:07→11:53(46min)
最大深度:13.7m
平均深度:8.5m
気圧:190-40
装備:AW130 ウェイト4.5kg ロングウェットスーツ
ガイド:ゆうじさん
バディ:家族