「プレミア・リーグ」タグアーカイブ

ロンドン最終日、大本命のプレミア・リーグ観戦(旅行記Day9)

ロンドン散策最終日。
と言っても、昼からサッカーを観て夜はマジカルランタンフェスティバルとやらに参加したぐらいで、ロンドンらしいロンドンは特に巡らず。
別記事が多いですが、サクッと。
2017/2/26 ロンドン(イギリス)

プレミアリーグ観戦 Tottenham Hotspurs/トッテナムホットスパーズvsStoke city/ストーク・シティ

友人に付き合ってのサッカー観戦。
友人のロンドン旅行のメインイベントと言うことで、気合いを高めて。
詳しくはこちらの記事に書いてあります。
海外サッカー観戦記!リーグ2位を走るトッテナムの試合を本拠地ホワイト・ハート・レーンで観戦!!
楽しかったです!!
増設工事中のホワイト・ハート・レーン
トッテナム・ホットスパーホームチケット
試合中の様子
 

Magic Lantern Festival/マジックランタンフェスティバル

これまた友人が見つけて来たイベント。
ロンドンの西方にあるChiswick Gardenで開かれていた、期間限定のものです。
NAVERまとめに、「マジックランタンフェスティバルが”凄そう”」と書いてあったとか何とかで、友人に言われるがまま参加してみることになりました。
そこまでの期待をしてなかったからもありますが、なかなか綺麗で、思ったよりも楽しめました。
写真は下に。詳しい内容はこちらの記事に。
ロンドンでマジカル・ランタン・フェスティバルに行ってみた感想!
看板
ラクダのランタン
現代アート
中華風なランタン
観覧車の上からの景色
 

夕食 Le Gourmet

パディントンにある、軽食店とレストランの間の子のようなお店。

ランタンフェスティバルで中華な装飾にたくさん触れたので、中華が食べたい!と言うことで初めはソーホー地区の中華街に向かう予定でしたが、21:30頃になっていたので、まともに飲食店がやっていないのではないかと言う話に。
日本からの友人はパディントンに宿泊していたので、空港利用客も多く、夜も長そうなパディントンで飲食店を探してみようと言うことで。
初めはKFCに目が行ったんですが、その手前のこのお店に。
パディントン近くの軽食店の外観
ケバブを中心に、軽食メニューが豊富に並んでました。
値段もそこまで高くなく、許容範囲内。
僕が食べたのはSHI SHI KEBAB(9.5£=¥1330)。ラップにすればもっと安かったですが、旅行最終日、ガッツリ食べたかったこともありお皿のものを。
シシカバブプレート
シシカバブ(ケバブ)、初めて食べました。
少しパサパサした、肉団子を焼いたもの。
味は美味しかったです。
 

おわりに

ロンドン最終日、先に書いたように、ロンドンらしい観光はほとんどせずに終わりました。
ただ、サッカーはもちろん楽しかったですし、マジカルランタンフェスティバルも思いの外楽しかったです。
翌日は帰国日。朝の飛行機でロンドン・ヒースロー空港からフランクフルト空港に向かいます。

アビーロードとマダム・タッソーでビートルズに浸るロンドンでの一日!!(旅行記Day8)

ロンドン探訪の3日目。
この日は友人に付き合いプレミアリーグのマイナーゲーム(ワトフォードvsウエストハム@ヴィカレージロードスタジアム17:30キックオフ)を観に行く予定は決まっていました。そして後から、試合前にはビートルズ関連でアビーロード、加えてマダムタッソーにも行くことを決めた内容の濃い1日でした。
では、アビーロードから。
2017/2/25 ロンドン(イギリス)

 

Abbey Road/アビーロード

数日前にもリバプールでビートルズの聖地巡礼はしましたが、そのどれよりも有名なビートルズ関連スポットがここ、アビーロード。

The Beatlesが解散前最後に発表したアルバム、『Abbey Road』。ビートルズはデビュー時からアビーロードにあるEMIのAbbey Road Studioを利用してレコーディングを行なっていたため、それに対する感謝の意味も込めて、ラストアルバムはこの『Abbdy Road』と言うタイトルになったそう。
で、そのジャケット写真に利用された写真の撮影ポイントがまさにアビーロード(スタジオの目の前)。
地下鉄Jubilee LineのSt John’s Wood駅が最寄駅。
アビーロードの最寄り駅
駅を出て、右斜め前方面の道をまっすぐ、徒歩3分。
人が集っているのでアビーロードだと分かりますが、正直ジャケットの雰囲気とは程遠い感じ。季節が違うし50年も前のアルバムなので、当然といえば当然ですがw
冬のアビーロードの様子
交通量も多いですし、ジャケ写を真似る事にそれほど興味もなかったので、撮影スポットから30秒のAbbey Road Stadio/アビーロード・スタジオとそこに付随するショップに。
アビーロード・スタジオはビートルズがデビュー当時からレコーディングを行なっていた場所。いまでも現役です。
柵越しにアビーロードスタジオを
そしてそこに付随するショップ。
ビートルズグッズがどうしても多いですが、アビーロード・スタジオに関連のあるアーティストのグッズ等もあります。
アビーロード・スタジオショップ内部
リバプールにあるビートルズ・ストーリー付随のショップやマシューストリートのショップよりも、魅力的なグッズが多かったです!!とても楽しかった!!
リバプールにあるショップは、全世界どこでも買えそうな、あまりデザイン性の高くないグッズが多いのに対して、こちらではアビーロード・スタジオショップ限定感のある、デザイン性の高いグッズが売られてます。
トートバッグやTシャツ、ピック、キーホルダーなどいろいろ購入。
ビートルズのアルバムはRevolverが一番好きなのでトートはマスト。(Tシャツもありましたが、そちらはAbbery Roadを)
アビーロードショップのグッズ
その後はSt John’s Wood駅へと戻り、マダムタッソーへ向かいます。

昼食 Wok to walk

ヨーロッパによく見られるアジア系ファストフード。
アジアフードショップ外観
場所は、マダム・タッソーのあるBayker Street/ベイカー・ストリート駅から徒歩2分。

麺を選び、追加トッピングを選び、最後にソースを選択。
選んだトッピングによって値段が変化し、その場で中華鍋を振るって自分好みの一品を作ってくれます。
コペンハーゲンでも食べました。笑
TofuとNatsをトッピングして、6£(¥840)程でした。
ボックスヌードル
お金がない人にはとてもオススメ。ヨーロッパのアジア食事情の最先端(?)かと思います。

Madame Tussauds London/マダムタッソーロンドン

もともとはそこまで興味がなく、そもそも東京のマダムタッソー行った方が楽しめるっしょ笑 ぐらいに思っていたロンドンのマダムタッソー。

地球の歩き方を見ていたらビートルズが居ることが分かったので、ロンドンが本場だし、行く価値あり!と思い友人を引き連れて。
チケットは前日にネットで購入。30£(¥4200)がベースのようですが、土曜日だったためか32£(¥4480)。当日は、12:30入場のチケットだったので12:30頃着いたんですが、とにかく行列。
最後尾にいたスタッフさんの案内でBaker Street駅側の、4番入口の列の最後尾に。
マダム・タッソーの外観と行列
入場には4,50分掛かりました。
手荷物検査を抜けるとすぐに入場。
もっと掛かると思っていたので、意外とあっさりでした。笑
入場後のエレベーター前でeチケットを読み取ってもらい、上階へ。
VIP→映画→YouTuber(イギリスの)→スポーツ→著名人→音楽→政界→スーパーヒーローと続きます。
東京のマダムタッソーに行ったことが無いので比較はできないんですが、もっと知らない人ばかりだと思っていたのもあり、なかなか楽しかったです。
カンバーバッチ。
マダム・タッソーのベネディクト・カンバーバッチ
著名人のところに、人気は無さそうでしたがゴッホやアインシュタイン、ピカソなんかも居たのが面白かったです。
スポーツは、サッカーコーナーがクリロナだけでベッカムが居なかったのが残念。。
音楽コーナーにはビートルズ。
蝋人形のビートルズ
政界コーナーには、ヨーロッパの首相たちや、誰も目を向けてませんでしたがチャーチルも居たりします。一番の目玉はやはりトランプのようでした。
それらを抜けると、まるでディズニーランドなアトラクション。
ロンドンタクシーに乗り込み、ロンドンの歴史を振り返ります。まあ、そこそこのおもしろさ。笑
そしてその後はマーベルの4Dミニムービーコーナー!
マーベル4Dムービーのタイトル
これが案外楽しかったです!!それほど難しくないストーリーと英語で、4Dを存分に感じられる内容。楽しいです。
最後は特別展、スターウォーズ!!
個人的にはここが一番楽しかったです!コツとしては、4Dムービーの会場を一番最後に出ること。
映画は一斉入れ替え制で全員が鑑賞するので、最後に抜けることで、人が少ない中でのんびり蝋人形たちと写真が撮れます。
スターウォーズは好きなのでめちゃめちゃ楽しかったです!!
堕ちかけアナキン。
蝋人形のアナキン・スカイウォーカー
R2D2とC3PO。
蝋人形のR2D2、C3PO
バーに腰掛けるハン・ソロ。
蝋人形のハン・ソロ
異様なほどリアルに撮れてしまったシス卿。
蝋人形のシス卿
この他にも、全部で20体近くは蝋人形があったと思います!
ファンの方は訪問必須です!!!

サッカープレミアリーグ(Watford vs Westham)観戦

詳しくはこちらの記事に書きました。
プレミアリーグの中でも比較的マイナーなチーム同士の試合でしたが、楽しかったです!!
様子を少し。
ヴィカレージロードスタジアム正面
スタジアム内入ったところ
プレミア・リーグ選手入場の様子
長時間露光でフリーキックを

夕食 Hilton London Padington

昨日に続きまたもヒルトンのラウンジでの食事。
この日はサンドイッチを注文。8£(¥1120)。
ロンドンヒルトンラウンジでのハンバーガー
ボリュームたっぷり、前日に引き続き、さすがの美味しさ。ラウンジの雰囲気を含め、8£の価値ありでした!

帰宿・就寝

宿に戻り。
相部屋がスペイン人のおばさん6人グループで、向こうも帰ってきた直後の様子だったので、有無を言わさず速攻でシャワーを浴びました。笑
その後は特に何をするでもなく、就寝。。。

おわりに

ビートルズ、マダムタッソー、サッカーと巡った、忙しなくも楽しい一日でした。
アビーロードには日本人がたくさん居ましたが、意外にもマダムタッソーではほとんど見掛けませんでした。
ロンドンまで来て、東京にもあるマダムタッソーにわざわざ行くことも。。って感じなんだろうと思います。他にも観光名所はたくさんありますし。笑
とは言え本場のマダムタッソーに行けたのは良かったです!スターウォーズ展が思いの外楽しかったので!
ビートルズにも触れ、サッカーにも触れでイギリスを随分感じられたので、とても濃い一日でした。
翌日は、またまたプレミアリーグ観戦
夕方からは、友人が見つけて来たマジカル・ランタンフェスティバルとか言うのにも行きました。
では、最後までご覧頂きありがとうございました!

海外サッカー観戦記!リーグ2位を走るトッテナムの試合を本拠地ホワイト・ハート・レーンで観戦!!

2日連続プレミアリーグ。(贅沢)
この日は16/17 第26節Tottenham Hotspurs/トッテナム・ホットスパーズvsStoke City/ストーク・シティ@White Hart Laneを観戦。
当時はトッテナム3位ストーク・シティ10位。
トッテナムにとっては、ホームで、絶対に落とせない一試合でした。
ではでは。

 

今回のサッカー観戦までの経緯

日本にいる友人から、春休みにロンドンに行くから会えない?と連絡が入り、何をしに来るのかと尋ねるとサッカーを観に来るんだと。
日本からのツアーでチケットも日本の業者に頼むんだけれど、一緒に観ないかとも言われましたが、3万円近く(以上?)するとの事でさすがにその金額は払えないと。
いかんせん、それほどサッカーファン歴が深くないので笑
そんな訳で、転売で安めに手に入りそうだったら行くことにしました。
 

チケット購入・受け取り

試合日1ヶ月前ほどにネットでチケットを探していると、79£(¥11060)、手数料込み94£(¥13160)で見つかったので購入。
サイトはStubHub。詳しいことは不明ですが、StubHubは、転売と言うよりは公式の再販売サイトのような感じかと思います。
チケットの受け取りも球場そばに専用のカウンターがありますし、受け渡しでトラブることはまず無さそうな様子でした。
受け取り場。
ホワイト・ハート・レーンStubHubチケット受取場
チケット。
チケットは封筒に入れての受け渡し
トッテナム・ホットスパーホームチケット
受け取りには、ID(パスポート等)と注文番号が必要です。注文番号は、受信したメールをそのまま携帯ごと見せればオーケー。
 

アクセス

ホワイトハートレーンの最寄駅は、OvergroundのWhite Hart Lane駅。
ホワイト・ハート・レーンの駅名看板
国鉄のNorthumberland Park駅からもアクセス可能ですが、今回はOvergroundを利用したのでそちらをご紹介します。
White Hart Lane駅を通るOvergroundが出発するのはLiverpool Street駅から。
なので、Liverpool Streetにアクセスが容易な地区に泊まっている場合は地下鉄でLiverpool Streetへ出ての乗り換えが便利です。
ホワイト・ハート・レーン行き方路線図
White Hart Lane駅までOysterの利用が可能なので、切符の購入は(Oysterを持っていれば)不要です。
駅からは、周りのサポーターに付いていけばOK。
駅からスタジアムへ
トッテナムは治安の悪い地区らしいですが、試合日はロンドンの中心からも沢山人が集まるので、気を抜きすぎなければ特に問題は無いかなと思います。
 

White Hart Lane/ホワイト・ハート・レーン

ホワイトハートレーンは、前日のVicarage Road Stadiumよりも大きく、36,000人ほどの収容数。
極端に大きいこともなく、小さくてこじんまりといった風でもなくです。
今は増設工事中のようで、スタジアム内外は絶賛工事中。
増設工事中のホワイト・ハート・レーン
観戦は北スタンド2階でしたが、こんな感じの階段を上ってコンコースへ。
工事中の階段
座席はここ。
ホワイト・ハート・レーン、ピッチの様子
周りは殆どがスパーズサポーター。
お年寄りと、子ども連れのお父さんが多かった印象です。
カメラの持ち込み自体は問題ないようですが、警備員の方に、「みんなエモーショナルになるから、プレー中はあまり撮らない方が良いかもしれないわねぇ」とは言われました。
あと印象的だったのは、異様なまでの韓国人の多さ。
ソン・フンミンを観に来てるのは明らかなんですが、1人選手がいるだけでこんなにも人が集まるのか~と言うのを実感しました。
 

試合結果

試合はハリー・ケインのハットトリックを含む4得点で4-0。スパーズの快勝に終わりました。
試合中の様子
ストーク・シティはパス精度も低く、これと言った見どころを作ることもなく試合が終わってしまった印象です。
 

おわりに

2日連続でのプレミア観戦でしたが、どちらも面白かったです!
1戦目は中堅クラブ同士の戦いということでアウェーながらにもウエストハムの歓声も大きかった印象でしたが、この日のトッテナム戦はまるでそんな事は無く。
アウェーサポーターのエリアも極端に狭かったですし、勢いもなかったです。
スタジアムもこの日の方が大きかったので声が隅々まで通って臨場感が、って事はなかったですが、人が多い分歓声の迫力はありました。
プレミアを観に行くことはもうそう無いかと思いますが、またいつか機会があればなぁとは思います。

海外サッカー観戦記!プレミア・リーグ、中堅チーム同士の試合を観戦!

3日前のCLに引き続きのサッカー観戦。
今回はロンドン中心部から片道1時間ほど、ワトフォード地区でのプレミアリーグ観戦でした。
観戦カードは、プレミア・リーグ16/17第26節 ワトフォードvsウエストハム@ヴィカレージロードスタジアム。
では!!

今回のサッカー観戦までの経緯

もともと観る予定のないカードでしたが、日本からサッカーを観に来た友達が、「せっかくだからたくさんプレミアリーグが観たい!」と言うことで、急遽2日前に観戦が決定。
チケットの手配は友達に全面的に任せましたが、転売サイトで1枚1万円少々だったよう。
座席はバックスタンド1階(1階しかない)のD列、ざっと10列目と言ったところ。
プレミア・リーグ、ワトフォード戦Eチケット
この距離でサッカーを観るのは初めてだったので楽しかったです。

アクセス

Watford/ワトフォードの本拠地があるのはここ、ワトフォード地区。
ロンドン中心部から北西に15キロほど。

最寄駅は、Overground(地下鉄の’Underground’に対応するものなので、「地上線」とでも言ったところ。)のWatford High Street駅。
出発地点によってアクセスは違いますが、僕たちはPadington/パディントンからのアクセス。
地下鉄Bakerloo Lineに乗り、Queen`s Park駅でOvergroundに乗り換え。
行き方地下鉄路線図
10分強待ちました。降りて、向かいのホームにOvergroundは到着。車両も地下鉄のものとは違います。大抵は目的地の一駅先のWatford Junction行きなので、それに乗り込めば大丈夫です。
Watford High Street駅からは、サポーターらしき集団について行けば基本は大丈夫。
こんなルートで会場へは向かいました。
駅から会場までの地図
駅からは徒歩5分少々。
細い道もありましたが、人はそこそこ居るので危険な感じはなかったです。
気づけば露店が増えてきて、知らずとスタジアムに着いてます。

Vicarage Road Stadium

Watfordが本拠地としているVicarage Road Stadium。
住宅街の中に突然現れます。
ヴィカレージロードスタジアム正面
スタジアムの周りには露店が少々。
当日はハンバーガーを食べました。
チーズバーガー3£(¥420)。
露天で買ったハンバーガー
ロンドンよりも物価は安いようです。(ホワイト・ハート・レーンでは4£しました。)
すごく美味しかったです!
クラブのショップは見たところ1軒。
スタジアムの正面にあるので行けば自然に分かると思います。
入場すると、コンコース。
スタジアム内コンコース
売店は、レジが少ないのでハーフタイム中はかなり混み合います。

スタジアムの規模はそれほど大きくなく、収容人数は21500人。
スタジアム内入ったところ
ワトフォードの練習の様子
荷物チェックでは、特になにも言われることなくカメラは持ち込めました。

試合結果

選手入場。
プレミア・リーグ選手入場の様子
試合結果は1-1。
前半1分にファールからのPKでワトフォードが先制し、1-0。
試合中の様子。
雰囲気的にもそのまま終わるのかとも思われましたが、終盤にウエストハムが返して1-1。
ワトフォード勝利ならば順位の変動がある試合でしたが、成らずでした。
フリーキックの様子を。
長時間露光でフリーキックを

おわりに

思いがけず観に行くことになった試合でしたが、とても楽しかったです。
あまり知らないチームだったのでかえって気楽だったのと、席が近かったこと、初めてのプレミアリーグだったこと等々が楽しさの要因です。
ドイツでは1つしか試合を見てないので比較は難しいですが、イギリスのサッカーは一つ一つのプレーに対する反応が丁寧(?)だなと感じました。
あと、チームマスコットが太鼓を叩いて応援を引っ張っているシーンがあったりしたのも面白かったです。スタジアムが小さいからこそ。
スタジアムのサイズ感から、声が端から端までしっかり通るのも感じられてとても良かったです!
翌日は、トッテナムvsストーク・シティを観戦しました。宜しければそちらの記事もご覧ください。
最後までご覧いただきありがとうございました!