「ブログ」タグアーカイブ

ロジカルライティング

社会人が始まって2週間が過ぎました。
現在絶賛研修中でその順位が定期的に張り出されるんですが、立ち位置はというと、何とも言えない中位。
そんなわけで一生懸命、勉強しなければならないことがたくさんあるわけです。

中でも課題は「ロジカルシンキング」。日本語に直訳すると「論理的思考(力)」。
普段からものごとを意識的に構造化したりしてきた経験は皆無だったので色々な本にあたっていますが、技術として自分のものに出来るにはまだまだ時間がかかりそうです。
続きを読む ロジカルライティング

音楽はやはりCDで。

ストリーミング全盛のこのご時世。
耳にタコができるほど聞かされた話ですが、音楽業界でもCDの売り上げはこの10年ほどのあいだに激減しました。

しかし、それでも僕は、CDで音楽を聴くことを強く勧めたい!

主張は2点。

「選択肢が無限にあることはそんなに幸せか?」
「線を繋いで面を創ることが音楽の楽しみではないか?」

選択肢が無限にあることはそんなに幸せか?

ストリーミング、例えばSpotifyならば、パッとひらめいた聴きたい楽曲をすぐにその場で聴くことができます。

「聴きたい曲がいつでもどこでも聴き放題!」

聞こえは良いですが、無限に選択肢があることは本当に幸せなことなのでしょうか。
一般的に知られている話ですが、人間はあまりに多くの選択肢を与えられると”最善”を選びかね、幸福度・満足度はむしろ低下してしまいます。

聴きたい楽曲があるならば聴き放題は願ったり叶ったりですが、何となくスマホとイヤホンを手に取った場面に考えを巡らせたならば、無限に広がる楽曲の海に溺れる自分の姿を容易に想像できるのではないでしょうか。

散発に聴いた音楽は我々の心に残るのだろうか?

選択肢が無限にあることに関してもう一点。
散発的に聴いた楽曲が、我々の身体に、心に、どんな足跡を残し得るのか、というお話です。

私的な感覚ではありますが、1度聴いてそれほど印象に残らなかった楽曲も、3度聴けば何となくその形というものが印象に残ってきます。
1度聴いて「いい曲!」とときめいた楽曲ならなおさらで、聴けば聴くだけ楽曲の細部が美しく耳の底まで響くようになります。

先に述べたように、ストリーミングには無限に選択肢があるという”利点”があります。
その一方で、特定の楽曲を聴き込む機会が減るという”機会損失”も引き起こし得ます。

「色んな音楽を聴きたい!知りたい!」と次から次へとアーティストをあさったところで、自分の中にどれだけの楽曲が記憶として刻まれるでしょうか。
-----------------
今回はストリーミングを否定するばかりでしたので、CDで「線を繋ぎ面を創る」ことに関してもまた改めて書こうと思います。


(2017/2 London-U.K.)

書きたいことは数多あれど

ブログに書きたいなーっていうネタはたくさんあるんですが、どうも筆が進まずにいます。
どうしたらブログを書きたくなるか、少し考えてみようと思います。


(2017/6 Berlin-Germany)

執筆者プロフィール
プロフィール写真Taichi Miayde twitter:TMiyade
しがない東京サラリーマン。
学生時代に作った当ブログで、46G、旅行、政経に関する話題を細々と発信中。詳しいプロフィールはこちら

無投票選挙の蔓延は国民主権を脅かす一大危機である

今回の2019年統一地方選挙、道府県議選では定数2277人のうち26.9%の612人が無投票で当選。政令市議選も、定数1012人のうち34人が無投票で当選を決めました。

巷でよく聞かれる「政治に興味はない」「誰がなったって同じ」。実際のところ僕も、たとえ議員の構成員が一人変わったとて、道府県議会に関しては与野党がひっくり返ったとて、国民の日常生活にはほとんど影響は無いのではないかと訝(いぶか)っています。
続きを読む 無投票選挙の蔓延は国民主権を脅かす一大危機である

新卒一括採用により起こる得る「プロ就活生」採用の悪夢

社会人1週目が終了しました。
新入社員は第二新卒も含めて60人ほどで、現在わいわいと研修を受けております。

優秀だなと素直に思える人が多い一方で、「コミュニケーション能力(状況を把握し理解する能力)って採用段階で見なかったんだろうか…」というお粗末な研修生も幾らか存在します。
空気を読まずに一方的にしゃべり続ける奴やら、あれ・それ等の指示語を会話の中で理解してくれない奴やら、「○○という点で××は…」といった面接言葉を普段使いする奴やら。。
続きを読む 新卒一括採用により起こる得る「プロ就活生」採用の悪夢