「フィリピン」タグアーカイブ

激流のフィリピン・ヒルトゥガン島ダイブ(2本目) 海面近くを泳ぐ大量のロウニンアジに遭遇

No.51 2017年12月15日 雨(台風前)
評価★★★★★★★☆☆☆
【スポット】太平洋 フィリピン ヒルトゥガン島◇North
【ショップ】Phillipine Fan Divers
~Memo~
ヒルトゥガン島2本目。とにかく流れが速かったです。これでもか!!という速さ。
しかも少しの深度の違いで流れの速さが大きく違っていたりしたので厄介でした。ただ、こんなに流れが速いのは珍しい、とのことでした。個人的には面白かったので良し。

潜行開始!
水面から見た海底

この旅行で初めての、見覚えのあるウミウシ!アンナウミウシ。
アンナウミウシ
佳子の経験からすると、離島よりも、セブ・パングラオ本島近くのポイントの方がウミウシは多く見られる印象です。

ロウニンアジ。普段沖にいるので、このポイントで見られるのは珍しいとのこと。
かなりの数いました。遠目ながらも結構見応えありました。
海面近くを泳ぐロウニンアジ
海面近くを泳ぐロウニンアジ
海面近くを泳ぐロウニンアジ
海面近くを泳ぐロウニンアジ
海面近くを泳ぐロウニンアジ

クマノミ。流れが速いところだったので、かなりブレてしまいました。
クマノミ
クマノミ
クマノミ
クマノミ

珊瑚に群れる魚たち。
サンゴ帯にいた魚たち
サンゴ帯にいた魚たち
サンゴ帯にいた魚たち

この旅行中のベストショット。運で撮れた写真ではありますが、それらしい写真がラストダイブで撮れて良かったです。

最後に、写真撮影してくれた現地スタッフ。
写真撮影するダイバー

これにて、6泊7日のフィリピンダイビング旅行終了です。
フィリピンの小型ダイビングボート

コンディション:波有 流れ速い
気温・水温:21℃・28℃
透明度:25m
IN OUT:11:07→11:53(46min)
最大深度:13.7m
平均深度:8.5m
気圧:190-40
装備:AW130 ウェイト4.5kg ロングウェットスーツ
ガイド:ゆうじさん
バディ:家族

ミクロに楽しい、フィリピン・ヒルトゥガン島ダイブ

No.50 2017年12月15日 雨(台風前)
評価★★★★★★★★☆☆
【スポット】太平洋 フィリピン ヒルトゥガン島◇South
【ショップ】碧海
~Memo~
セブ島ダイビング2日目。初日のナルスアン島に続きこの日はヒルトゥガン島へ小遠征。マクタンからボートで片道25分ほど。
台風が翌日に発生するしないで雨がちな上に風が強かったですが、海中は特に問題なし。

潜行開始後は、それほど深く潜ることはなく、砂地の上や棚の落ちかけのところあたりを。
小さな魚が綺麗だった印象です。遠目にサヨリの群れが見えたりもしましたが、基本はマクロ。

ウツボ。
ウツボ

オコゼ。
オコゼ

オキザヨリ。
海面近くを泳ぐオキザヨリ

ポイントは、基本砂地。
ナルスアン島のスポットの海中
ナルスアン島のスポットの海中

水草と同化している魚。名前不明。
緑の魚

よくいるこのハゼは、堂々としていて好きです。笑
ハゼの姿を後ろから

浮上直前に、メガネゴンベ。
このポイントで見たのは2年ぶりだとガイドの方が言っていました。
メガネゴンベ

流れがそこそこあって、透明度も高くて、とても楽しい一本でした!

コンディション:波有
気温・水温:21℃・28℃
透明度:20m
IN OUT:9:34→10:18(44min)
最大深度:18.0m
平均深度:8.2m
気圧:190-60
装備:AW130 ウェイト4.5kg ロングウェットスーツ
ガイド:ゆうじさん
バディ:家族

フィリピン・ナルスアン島でエイと大量のハタ、マンジュウイシモチに遭遇!

No.49 2017年12月14日 曇り
評価★★★★★★★★☆☆
【スポット】太平洋 フィリピン ナルスアン島◇Sanctuary/サンクチュアリ
【ショップ】碧海
~Memo~
この日の2本目。砂地のスロープを左手に見上げながら進みます。潜行開始10分ほどで1本目のポイント名にもなっていたスティングレイ(エイ)を見ることができ、なんだかお腹いっぱいに。
エイ
エイ
エイ

ガイドのゆうじさん。
ガイドさん

個人的にのそのそしているハタが好きなんですが、このスポットでは10匹近く見ることができ、大満足でした。真下の岩陰にいたハタが急に動き出したりして、驚かされる場面も2回ほどありました。
ハタ(ラプラプ)
ハタ(ラプラプ)
ハタ(ラプラプ)

終盤では、サンゴ地帯でマンジュウイシモチを。自分のカメラは電池が死んでいたので、貰い物の写真を。ガイドの方の話では、セブ近辺でマンジュウイシモチが確実にみられるのはここだけだろう、とのこと。
セブで見たマンジュウイシモチ
セブで見たマンジュウイシモチ

あとは、朽ち果てている女神像。笑
セブの女神像

最後は、このツバメウオが近くに寄ってきて戯れていました。
ツバメウオ
人に群れるツバメウオ

この回は、始めから終わりまで楽しい、とても充実したダイブでした!!

コンディション:並 若干うねり有
気温・水温:27℃・29℃
透明度:15m
IN OUT:11:35→12:21(46min)
最大深度:16.8m
平均深度:8.5m
気圧:200-70
装備:AW130 ウェイト4.5kg ロングウェットスーツ
ガイド:ゆうじさん
バディ:家族

ダイナマイト漁に驚かされたフィリピン・ナルスアン島ダイブ

No.48 2017年12月14日 曇り
評価★★★★★★☆☆☆☆
【スポット】太平洋 フィリピン ナルスアン島◇Stingray/スティングレイ
【ショップ】碧海
~Memo~
ボホール島からフェリーでセブ・マクタン島へと移動し、初日のダイビング!

この日は小遠征でナルスアン島へ、マクタン島からボートに揺られること片道30分強といったところ。
ボホールのショップのスタッフがナルスアンは微妙だよ〜と言っていたりと少し不安要素もありましたが、見てみないことには分からないということで。

海中は、なだらかな砂地のスロープ。
フィリピン・ナルスアン島の海中

島を右手に進んで、少し浅瀬を逆行する潜行ルート。
そこまで目立ったものは見られなかったかな〜というのが正直なところ。
サンゴも、死んでしまっている様子のものが散見されました。
石化してしまっているサンゴ

初めてインドカエルウオとやらを見ましたが、写真は撮れず。
エイが見られるかも〜との事でしたが見られなかったこともあり、すこし残念な感じで1本目終了。

近くでダイナマイト(?)を使った漁をしてるとの事でビクビクしていたんですが、途中で遭遇。
タンクとタンクを思いっきりぶつけたかのような、ズッシリくる低音がドンっと。あまり近くでは無かったとの事でしたが、それでもなかなかビックリしました。

たくさん見ました。ラプラプ(ハタ)!
フィリピンの海中で見たハタ

コンディション:並 若干うねり有
気温・水温:27℃・29℃
透明度:15m
IN OUT:9:45→10:35(50min)
最大深度:19.8m
平均深度:9.8m
気圧:200-50
装備:AW130 ウェイト4.5kg ロングウェットスーツ
ガイド:ゆうじさん
バディ:家族

フィリピン・ボホール島で初のナイトダイブ! ウニ、カサゴ、アオリイカ!

No.47 2017年12月12日 晴れ(夜)
評価★★★★★★★★☆☆
【スポット】太平洋 フィリピン パングラオ島
【ショップ】Phillipine Fan Divers
~Memo~
初めてのナイトダイブ。アドバンスドのライセンスを取る際にナイトダイブのコースを選択しなかったので、ナイトダイブの要件は満たしていたものの、初めての体験。
小型ボートに1ダイブ分の機材を積み込み、ウエットスーツを身にまとったまま乗船。5分ほど走った浜辺も見えるポイントでダイブ。

ウニが大量にいたり、カニが動き回っていたり、イカが泳いでいたり…となかなか楽しかったです。
3人で潜っていたので3本ライトがあったんですが、そのう2本がアウトになるなどトラブルもありつつ、どうにか生還しました。またナイトダイブをしたいなと思いました。

大量のオコゼ。
ナイトダイブ中に見たオニオコゼ
オコゼ

ウミウシも居ました。
ナイトダイブ中に見たウミウシ

ウニ。
ナイトダイブで見たウニ

イカ。
ライトに自らぶつかってきたりしていて面白かったです。さすがにハンディカメラでは光量が足りず上手くは撮影できず。
ダイビングで見たアイオリイカ


潜行開始時には薄暗かったですが、潜っているうちに真っ暗に。
海から見た夜のアロナビーチ
とても楽しかったです!

コンディション:良い 凪
気温・水温:28℃・28℃
透明度:
IN OUT:17:30→18:17(47min)
最大深度:20.7m
平均深度:11.3m
気圧:200-70
装備:AW130 ウェイト4kg ロングウェットスーツ ラッシュガード
ガイド:トト(フィリピン人)
バディ:家族