「カサブランカ」タグアーカイブ

モロッコ航空 ムハンマド5世国際空港→ロンドン・ガトウィック空港AT802便 B737【搭乗記】

モロッコを後にし、ロンドンへの移動。
本当はポルトガル航空の方が安かったんですが、乗り継ぎの際のロストバゲージのリスクと、今後モロッコ航空に乗る機会なんて無いだろうなという事を考え少し高かったですがこちらをチョイス。
2018/9/11

搭乗ルート

初めてのモロッコ航空。AT802便、12:10カサブランカ発15:25ガトウィック着のフライト。時差は無し。

飛行ルートは以下の通り。

機材 B737-8B6(CN-RNU)

搭乗機材はB737。
機齢は16年とそこそこ古め。

搭乗記(カサブランカ・ムハンマド5世国際空港(CMN)〜ロンドン・ガトウィック空港(LGW))

朝ごはんをホテルで食べ、空港へ。
空港へはタクシーでも3000円程度で行けるようだったんですが、鉄道ならば43DH(430円)との事だったので鉄道で。

宿から5分のCasa Porte(港駅)を9:08発。
8:50頃に駅に着き、チケットカウンターへ。

カードで購入しようとすると、「ここ数日調子が悪いんだー」と言われ現金のみの取り扱い。ギリギリ50DH持ち合わせていたので、何とかセーフ。

列車は3両編成。Porte駅ではガラガラでしたがCasa Voyerges(中央駅)でたくさん人が乗り込んできてすし詰め状態に。

少し遅延するかと思いましたがほぼ定刻の10:10には空港着。

ただ空港に入るための荷物検査の列が長く、空港に入れたのは10:40頃。やはり、もう一本早い列車で来れば良かったなーと少し後悔。

チェックイン、荷物預けを11:00頃済ませ、保安検査出国手続き。
保安検査の手前でスタッフのおじさんに
「ジャパーン、コンニチワー、ヨウコソー!」と揚々と声を掛けられる。
ようこそはWelcomeの意味だよと伝えると、知ってる知ってるwwと爆笑してました笑

搭乗開始時刻のの11:25にようやく出国審査を抜け、保安区域内へ。

搭乗する機体を見るとまだ荷物の積み込みをしていたので、しばらく搭乗は始まらんなーと地べたに座る。

11:50に25分遅れで搭乗開始。

大きな荷物を持ち込む人が多く、搭乗にも異様に時間が掛かる。

離陸前にCAさんが何か撒いてました。殺虫剤でしょうか。

プッシュバックは12:25。

12:40にテイクオフ。
座席は通路側だったので残念ながら機窓写真は無し。

上昇しながらの右旋回中、いきなりバンクがクイッと深くなって少しビックリしましたが、直ぐに元に戻り、何事もなかったかのように飛行は続きました。

13:30には昼食の提供。
牛のマークが付いているのがイスラム圏らしい。

とても美味しかったです。
朝食も食べていたので空腹のせいでは無いと思いますが、今まで食べた機内食の中でも特に美味しかったように思います。
お肉も柔らかいし、味付けも絶妙。

デザートも美味しく、食後のコーヒーも良かったです。言うこと無し。

スタートラックスの格付けが付いていたのもこれで納得。

14:50、フランスからイギリス海峡に差し掛かるぐらいのところで降下を開始。

少しホールドし、15:20にシートベルト着用サインが点灯。
大きく東へ開いた上で、15:30頃ようやく最終着陸態勢に。

15:35にランディング。
まだ高度はかなり高いのかなと思っていたんですが、さすがはイギリスで雲が厚く、雲を抜けるとすぐに地上が。

離陸後上昇時の急バンクでかなり不安だったんですが、着陸とても上手でした!!

窓際に座ってたおばちゃんが飛行機が初めてのようで離陸前からとても不安そうにしてたんですが、着陸後に顔を見たらニコッとしてました。

タクシー中に一時停車するとおもむろに立ち上がり荷物を取り出す人たち。
アリタリア航空に乗った時はこれでCAに怒鳴られてた人が沢山いましたが、モロッコ航空は静かに「お座席にお戻りくださーい」のみ。

スポットには15:45に到着。
出発は1時間遅れたのに、結局到着は20分の遅延で済みました。

荷物の積み下ろし。

ドアオープンは16:05。LCCと並んで、タラップから徒歩でターミナルへ。

そこから15分ほど歩き、ようやく入国審査に。

殆ど人は並んでおらず、最後尾に着いてから5分ほどで審査に。ジェントルマン感漂うおじさん。
「カサブランカから来たの?」「そうです」
「滞在は3日だけ?」「はい、Arctic Monkeysを観るためだけに来ました」
「どこでライブするの?」「O2アリーナです」
「(スタンプページを見ながら笑う)」「ドイツに1年住んでたので、イギリスにも3,4回来ました」
「良い旅を〜」
あとは、職業と帰りの便のことを聞かれました。

荷物をピックアップし、ATMでお金を下ろそうとするもカードが使えず。困った。

面倒なので市街地でお金は作ろう、と決め、バス乗り場へ。
丁度ロンドン行きのバスが止まってたのでカードを使えるか尋ねると、ターミナルのチケット売り場に行きな〜と。

£10でチケットを購入。
ロンドン・ビクトリア駅行きのバスに乗車しました。

渋滞の影響かも知れませんが、ビクトリア駅まで3時間近く掛かったのでバスの利用はオススメしません。

おわりに

初めてのアフリカ系航空会社。少し不安はありましたが、料理は美味しかったしサービスは良かったしで大満足でした。

Wi-Fiでの機内コンテンツの提供もありました。
アプリが無いせいか映画は見られませんでしたが。

あとはアフリカ系ならでは?と言うか、利用者のほとんどが黒人やらムスリムやらの飛行機に乗ることってほぼ無いので、そういう意味でも面白い経験だったなと。

ともかくも、全体としてとても面白味のあるフライトでした。

一回乗っただけですが、個人的にはとてもオススメできるエアラインだなというのが感想です。

壮大なハッサンⅡ世モスクの内部へ|地球一周旅記DAY22

マラケシュから経済都市カサブランカへ鉄道移動、観光はモスクのみのなかなか余裕ある一日。

夕飯に食べたイカがとても美味しかったのもハイライトです。
2018/9/10

移動 宿〜マラケシュ駅

マラケシュからカサブランカへは鉄道にて移動。
列車は2時間ごとにあり、本当は8:20マラケシュ発のものに乗るつもりだったんですが、前日の寝つきが悪かったため睡眠の方が重要と判断し、8:00過ぎに起床。

宿を約1時間後に出て、タクシーを拾う。
現地人は初乗りに10DHも払わないそうなんですが、観光客は足元を見られているのでメーターも使ってもらえず。

タクシーを止めて駅まで幾らか聞くと、80DHだの50DHだの。

僕の後ろでタクシータクシー言ってた青年がタクシードライバーで、簡単な交渉の末に25DHで良いよと言ってくれたので乗車。

フランス語しか喋れないようでしたが英語は何となく聞けるようだったので、ボディーランゲージで会話。

カサブランカに行くと話すと、「カサブランカはとーーーても大きな街。それに、危ない。ケータイでマップを見ながらふらふらしてるとバイクが走ってきて取られるから、必ずポケットに。荷物はしっかり持って。」というようなアドバイスを。

お話も出来て楽しかったので30DHを渡してお別れ、駅に到着。

移動 マラケシュ〜カサブランカ

駅の券売機で切符を買おうとするも、カードが使えなかったので窓口へ。

500円ほど違う1等車と2等車の違いを尋ねると、座席が指定かどうかと快適さの違いだと。

迷わず2等車の切符を購入。95DH。

出発1時間前でしたが車両は到着していたので乗り込み。

日本の地方ローカル線を思わせる車内。

まだ気動車は到着しておらず。

10分ほどすると気動車が到着。

カフェ車両はあると言っていたので(多分英語が分からず適当に答えただけ)ホームに入ったものの朝食を買えなかったので、車内でぼーっと。

定刻になると発車。

砂漠地帯を抜け市街地も増え、3時間半ほどでCasa Voyageur(カサブランカ駅)に到着。

びっくりするぐらいに定刻での到着でした。

工事中のこれも中国資本か…?

移動 カサブランカ駅〜宿

宿までは距離にして2kmほど。
バスを使うのは不安だったので路面電車で宿から500mほどの所まで行こうかと思っていたんですが、結局タクシーを。

出口そばで声を掛けてきたおっちゃんは「80DHでどうだ?安いだろ?」と意味のわからないことを言ってきたので、「マラケシュでは同じ距離30DHだったわ〜」と追い払う。

次に声を掛けてきたおじちゃんが向こうからの言い値で30DHだと言うので有無を言わさず乗車。

本当はもう少し安く乗れるんだと思いますが、10DHと30DHでは200円しか変わらないので、そこを値切るのは馬鹿らしいなと。

なかなか年季の入った車。

右のサイドミラーはもげており、左のミラーも閉じたまま。

出発すると相乗りの乗客を2人乗せ、なるほどこっちのタクシーは相乗りが普通なんだなと知る。

20分ほどでホテルに到着。

ハッサンⅡ世モスク

ホテルでチェックインをすると、モスクは行くの?と。

前日の宿で
「カサブランカではモスクにさえ行けば大丈夫だ。中にはツアーでしか入れないから、時間を確認しておくと良いよ」
と言われていたので、ツアーは14:00で終了しているものと思い諦めていたモスク訪問。

受付のお姉さん曰く、今はサマータイムだから15:00が最後のツアーのはずよ!と。
その時点で14:30。歩いて25分ぐらいとのことだったので、荷物を置いて急いでモスクへ。

近づいてきました。

で、14:50頃到着。

チケットカウンターの場所が分からず彷徨い、スタッフのお兄さんに場所を聞いてどうにか15:00にツアーのチケットを購入。

先にモスクに向かっていたツアー団に追いつき、内部へ。

おじさんが言ってたように、確かに凄い。荘厳な空気。

ツアーの解説がすごく丁寧で良かったです。

モスクは週7日24時間体制3シフト制で建築され、シャンデリアと2本の柱を除いて素材は全てモロッコ産。
ムスリムではないフランス人建築家の手によって設計されたものだと。

そして地下へ。

地下には身体や衣服を清める噴水が。
とてもアーティスティック。

1時間弱でツアーは終了し解散。

中に入れて本当に良かったです。これに入れなかったら、カサブランカにフライトだけのために来たことになってしまっていたので。笑

チケットデスクは、モスクから正面(海と逆方向)に100mほど進んだ左手です。

夕食 La Sqala

帰り道にGoogle Mapで評価の良さげなモロッコ料理店があったので、特に価格帯も気にせず入店。

せっかく海のある街だし海鮮が食べたいなーと思っていたので、比較的値段の安めだったイカを120DH(1200円)で。

食前のオリーブ。

どこのレストランでも、地中海だけあってオリーブの実が出てくるんですよね。
しかもどれもジューシーでとても美味しい。

リンゴジュースはしぼりたてで濃い。200円。

で、イカ。思ってたよりも豪華で綺麗で分厚い!!

日本でこれをディナーに食べたら、お酒込みで5000円ぐらいはしそうだな〜という感じでした。

店を出ようとすると、店員のおじさんに呼ばれお店の正面へ。

「ここには大砲があって、海が見えるんだよ(的なフランス語)」

「上に登ってごらん(的なフランス語)」
いい見渡し!!

これはチップを要求するためのサービスかと思い硬貨を取り出すと
「いやいやいらんいらん(的なフランス語)」と。

カメラを持っていたので、本当にただの親切心で案内してくれたみたいでした。

マネーエクスチェンジを求め新市街を彷徨い

宿がクレジットカードを受け付けないとのことで、受付のお姉さんに物凄く申し訳なさそうにされながらATMへ。

デビットカードが使えなかったので、市街地に出て円をDHに交換。3000円出して、250DHぐらい。
レートは悪いけれど致し方なし。

宿に戻って宿泊費をお支払い。この日は香港以来の個室。

その後はエジプトでの旅程を確認したり何なりし、就寝。

この日も朝はそれほど遅くありませんでしたが1時間ほど寝付けず。
時差ボケで体が狂ってきているのか何なのか。困ったものです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

詳細

8:15 起床
9:15 宿出発
9:20 タクシー乗車(30DH)
9:35 Casa marrakech(マラケシュ駅)到着
10:23 列車出発(95DH)
《移↓動》
12:50 昼食 車内(菓子パン11DH)
《移↓動》
13:58 カサブランカ到着
14:05 タクシー乗車(30DH)
14:30宿着(Hotel Centrale 338DH)
15:00 ムハンマドⅡ世モスク(120DH)
15:55 モスクツアー終了
16:30 夕食@La Sqala(145DH)
17:20 宿着・マネーチェンジへ
18:00 宿着
23:00 就寝