「ウィーン」タグアーカイブ

ウィーン・ホーフブルクオーケストラ大晦日コンサート/Wiener Hofburg Orchester: Silvester Consert(Strauss&Mozart in Vienna)

2016年末、ヨーロッパ周遊旅。
年越しはある程度大都市でーと思い、ウィーンに決定。
せっかくウィーンだし、クラシックコンサートにでも行こう、ということで、行ってきました。

この旅3本目、集大成(?)に相応しい、ホーフブルク宮殿での大晦日コンサートでした。

ホーフブルクオーケストラ入口前看板
チケットはClassictic(クラシックチケット販売サイト)でIIIカテゴリーの席を70€(1€=¥120→¥8400)で購入。
ウィーン大晦日コンサートチケット
当日は18:30開演との事だったので、念のために17:40頃には会場入り口へ。
会場はホーフブルク宮殿の’Ratsaal/ラートの間’だったので、入り口は’Josefsplatz’に。


入り口を入ると、クローク。

特にお金は取られませんが、”Donate please.”とは言われたので一応1€(¥120)を。
E-ticketを見せて紙チケットと引き換えてもらい、入場。
「ドレスコードは御座いませんが、王宮に見合った服装をお勧めしております」と脅されてたのでビクビクしてましたが、そこまで華美な格好をしてる人は居はおらず。
パーカー等のラフ着でなければ、デニムにジャケットでも十分そうな雰囲気でした。
入場。豪華、綺麗。
ホーフブルク宮殿広間内装
IIIカテゴリーだったので、後方に着席。
ⅠとⅢカテゴリーはほとんど埋まってましたが、Ⅱカテゴリーは7割ほどの入りでした。

 

開演。結構皆さん写真動画をお撮りだったので、2,3枚パシャり。
演奏の様子
演目はシュトラウスとモーツァルト。
どちらかと言うとシュトラウスの楽曲が多かったかなと言う感じ。
王宮ホールに見合った、華美な楽曲達が次々演奏されます。
アンコールは2回。
ダブルアンコール後のスタンディングオベーション
前日の、教会でのモーツァルト鎮魂歌とは打って変わって、Ⅲカテゴリーでも音がしっかりしてました。
オーケストラの完成度ももちろん高いんですが、観光客向けの「見世物」としての演出もしっかりして居て、とても楽しめました。
この内容、完成度、そして、ホールの歴史やら大晦日なことやらを考えると、70€(¥8400)は随分安い買い物でした。大満足です。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

総じて大満足の2時間弱でした。
もっとシュトラウスを聴き込んで、カテゴリーⅡで観れたらさらに楽しめただろうなとは思いました。
クラシックにそこまで明るくなくても、王宮の雰囲気と華美な楽曲たちの調和が凄く気持ちいいので、とても楽しめると思います。
大晦日をウィーンで迎えるなら(大晦日じゃなくても公演はあるそうですが)、全力でおすすめです。

最後までご覧頂きありがとう御座いました。

 

欧州での年越し・ウィーン(オーストリア)<年末年始ヨーロッパの旅Day10>

~10日目 Wien/ウィーン(オーストリア) 2016/12/31~

遂にこの旅も10日目。大晦日。
この日は、モーツァルトハウスと大聖堂を中心に街を散策。
その後はホーフブルク宮殿で大晦日コンサートを観て、街中でカウントダウンに参加、という流れでした。

Mozarthouse Wien/モーツァルトハウス

朝10時ごろ起きて、街へ。
大晦日だしやってないかな〜と思いつつ、中心街にあるモーツァルトハウスへ。
その前に、街中のスタンドでレバーケーゼを。
ウィーンの街中のレバーケーゼスタンド
レバーケーゼ
レバーケーゼ(レバー・チーズ)って言う名前なんですが、その由来は、「レバーとチーズ以外のもので作ったもの」という事らしいです。
簡単なイメージとしては、コンビーフみたいな。全然違いますけど、イメージ。モーツァルトハウスは、’Stephansplatz’駅から5分ほど。

普通に営業中。人もそこそこに。
モーツァルトハウスの入口
入場料は学生9€(1€=¥120→¥1080[以下同一レート計算])。
音声ガイド何語にしますか〜と言われたので英語を選んだんですが、後から調べると日本語もあったよう。大失敗。
展示は撮影禁止とのことで一切撮ってないですが、モーツァルトがこの家でどう過ごしたかの紹介や、音楽的な展示(直筆の譜面等)があります。
日本語選んでたらもっと楽しめてたんでしょうが、9€の元はどうにか
取ったかなという感じです。

 

Domkirche St. Stephan/シュテファン大聖堂

ウィーンのシンボルと言っても過言でないこの大聖堂。
ウィーンのシュテファン大聖堂の外観
モーツァルトハウスからは3分と掛かりません。

入場料は無料。

外観のイメージ通り、壮大。
シュテファン大聖堂の内装

黒が基調。
ただ、この旅で色々教会を観てきた側からすると、「そこまで」かなと。
人があまりにも多すぎて雰囲気がないのと、ステンドグラス等も、そこまで作りこまれたものじゃないです。
観光名所として、期待を寄せ過ぎていると少しがっかりするかなと思いました。

 

一旦宿へ、昼寝

朝方寝過ぎたせいか、体が重く、ダルい、と言う事で、New Yearの屋台(恐らくクリスマスマーケットの使い回し)でGlühwein/グリューワインを飲んで気力を補充。カップのデポジット込みで7€(¥840)。
ニューイヤーのカップが可愛かったので。
ウィーンの、ニューイヤーのグリューワインカップ
出てきたカップが壊れていたので、飲み終わった後に「持って帰りたいので綺麗なのと交換してもらえませんか〜?」と言うとすんなり交換してくれました。

帰宅前に宿の最寄り近くのお店でDöner/デュナー(ケバブ)を、3€(¥360)で食べ、宿に戻り1時間仮眠。
デュナー店の店員
デュナーデュルム

 

Wiener Hofburg Orchester: Silvester Consert (Strauss&Mozart in Vienna)/ホーフブルク宮殿大晦日コンサート

この旅通じて3本目のクラシックコンサート。集大成(?)に相応しい、ホーフブルク宮殿での大晦日コンサートでした。

詳しくは別記事、こちらをご覧ください。

 

年越し街中散策

コンサートが9:00頃終演し、ひとまず街の様子を見てみようと言うことで、中心街の方へ。
盛り上がりを尻目に、U-Bahnで一旦宿へ戻り着替え。
デニムの下にレギンス、Tシャツの下にヒートテックを装備し、4枚重ねで再出陣。
‘Stephansplatz’駅で降りて、街を散策。

大晦日のウィーン市街の様子
街のシンボル’Stephanskirche/シュテファン大聖堂’の前にはカウントダウン用の特設ステージ。
カウントダウン用のステージ
街は心なしか4ブロックほどに分かれていて、①メインステージ(クラシック等生演奏)②クラブステージ(クラブミュージック)③ロックポップミュージックの通り(マイケルジャクソンとか流れてて、結構踊ってる人が多い)④ポップミュージックの通り(スティービーワンダーとか)
て感じでした、ざっくりと。
クラブステージ。
ウィーンカウントダウン、クラブステージの様子
クラブステージ
ニューイヤーに浮かれる少年。



大晦日でも相変わらずで、物乞いの人は街に居ました。
社会の光と陰が、日が日だけにより濃く感じられました。
ウィーンの街中で物乞いをするホームレス
マクドナルドは休業してたので、夕飯はバーガーキング。
バーガーキングのセットメニュー
日付の変わる瞬間はメインステージ前に居たんですが、身動き一つ取れない人集り。
ステージ前の人混み
人集り
他の道に出たら混雑度合いはそこまでだったので、無理してメインステージ前に陣取ることは無かったかなと。
ニューイヤーの瞬間の花火は、主に’Wiener Pestsäule’のある通りから上がってました。

が、そのあとは、街中から、ゲリラ的にバンバンと。
打ち上がる所に居合わせたかったんですがなかなか遭遇できず、20分ほど歩き回ってようやく。
ウィーン、年明けに街中で上がる花火
花火、赤
高いビルもある中、ものすごい勢いで上がります。イメージ的には、新宿東口で、そこら中から花火が上がるような感じかと。笑
花火の発射口
終了後は警察が。
花火の跡地に集まる警察
ヨーロッパ各地のカウントダウンの様子を前もって色々調べたんですが、「ウィーンのカウントダウンの様子」で出てくる花火と大聖堂の写真は、合成だと思います。
大聖堂より高い花火なんて上がるわけないな、というのが今回実際体験してみての感想。釣られました。笑
で、1時間ほど歩き回って帰宅。
大晦日〜元日は、公共交通機関は概ね朝までの営業。
ウィーンの大晦日の公共交通の運行情報
事故防止のためか、街の中心’Stephansplats’駅は封鎖されてました。
封鎖される駅

そんな感じで大晦日、16/12/31が終了。
旅はまだ少し続きます。

 

おわりに

ウィーンでの年越し。楽しかったです。
クラシックでしっとり(?)しつつもワイワイした感じも味わえたので、凄く良かったです。
よくよく考えてみると例年は家でのTVを観ながらの年越しだったので、屋外で年を越すのは初めて。
それが海外なもんで国内との比較はできないんですが、華やかで、激しかったのは間違いないです。
花火の煙で中心街が煙たいっていうのが、今までの常識だと考えられない。笑
この先海外で年を越すことはそうそう無いと思うので、いい経験になりました。
では、最後までご覧頂きありがとうございました!
元日は、オーストリア西部ザルツブルクへと移動。

旅行記Day11はこちらです↓
オーストリア西部、音楽の都・ザルツブルク(オーストリア)<年末年始ヨーロッパ周遊の旅Day11>

城とドナウが美しい温泉の街・ブダペスト(ハンガリー)<年末年始ヨーロッパ周遊旅行day9>

~9日目 Budapest/ブダペスト(ハンガリー)・移動(ブダペスト→ウィーン)・クラシックコンサート(Mozart Requiem) 2016/12/30~

この日はブダペスト観光のあとでウィーンへと移動。
先日のセーチェーニ温泉で心も身体も満たされていたので、観光しないとさすがにもったい無いよな~ぐらいの心持ちで外へ。
ドナウ川西岸の、丘の上、古い街並みを見て回りました。見晴らしの良さも含め、素晴らしい場所です。
観光ルートを繋ぐバスも走ってはいたんですが、徒歩のみでの観光。
上り坂がきつい…とかであればバスorケーブルカーの利用をお勧めします。
では。

ドナウ河東岸

宿から歩いてドナウ河へ。
徒歩15分弱。
天気が良かったのもあって、すごく清々しさが。
ドナウ川東岸からみたブダペストの街並み
トラムが川沿いを走ってるのが、どこか江ノ電を思わせて、懐かしさと趣深さがありました。
ブダペストの路面電車
路面電車
少し北上すると、鎖橋。

 

Széchenyi Lánchíd/セーチェーニ鎖橋

ドナウ河に掛かる、セーチェーニ鎖橋。

セーチェーニ鎖橋を走る道路
ブダペストの橋
なにが鎖なんだろうと思っていたら、橋の桟が鎖のような構造になってました。
橋の、鎖
バスでも西岸へ移動できますが、大した距離でもないので、歩いて渡るのがオススメです。

 

丘上り

橋を西へと渡って目の前にあるのはケーブルカー乗り場とその行列。
ブダ城へ昇るケーブルカー
観光名所は丘の上にしか無いので、ケーブルカーorバスor徒歩での登山。
お金がもったい無いので徒歩登山を選択。
ケーブルカーに向かって右側の階段ルートで、10分もかからず登頂。
いい運動にはなりましたが、途中には一切観光スポット等ありません。

 

丘からの眺め

丘からの眺めは格別です。
丘の上から見たブダペストの街、鎖橋
西側も東側も開けてるので、とてもいい感じ。

 

Matthias Church/マーチャーシュ聖堂

丘を登って右手へと進んで行くと、聖堂が現れます。
ブダペストのマーチャーシュ聖堂
街に溶け込む白ベースの綺麗な聖堂。
聖堂を正面から
イベントをやっていたようで、中には入れませんでした。。

 

Fisherman’s Bastion

城壁のようにも思える様相のこの建造物。
ブダペストのお城

建造物の造り自体も面白いですが、この上からの眺めが格別。
城の上からのブダペスト市街の眺め
ストリートミュージシャンも居たりして、雰囲気がとても良かったです。
二人組のストリート・ミュージシャン
お城の上の様子
入場口に改札のような機械が置いてありましたが、入場券などの購入は不要。
麓にいた路上パフォーマー。
ストリートパフォーマー

 

Budavári Palota/ブダ城

結構楽しみにしていたブダ城でしたが、近くに寄って、とりわけ凄い!って事はありませんでした。
本当は中に入ったりすれば良かったんでしょうが、いかんせん時間がなかったので。。
丘の上にあるので、前述の2つと一緒にに見て回るのに、特に支障は無いかと思います。

 

下山、中心街へ

今度は、ブダ城側(南側)の坂を使って下山。
下り切ると、ケーブルカーのすぐ前に出ます。
そこからまた徒歩で橋を渡って中心街へ。
ブダペスト50周年
ブダペストのセーチェーニ鎖橋

 

Szent István Bazilika/聖イシュトヴァーン大聖堂

前日の夜訪れたものの、時間が遅く入場出来なかった聖イシュトヴァーン大聖堂。

前日はプロジェクションマッピングが行われてたんですが、ブリュッセル(ベルギー)、グランプラスの照明演出が凄すぎたので、ふーんて感じでした。笑
ブダペストの教会とクリスマスツリー
中はと言うと、豪華。
ブダペストの聖イシュトヴァーン大聖堂の装飾
金が沢山あしらわれていて、すごく綺麗でした。
キリスト教の集会
聖イシュトヴァーン大聖堂の内部

入場料は1€。

 

昼食 Belvárosi Disznótoros

なにか地の物を食べたいな〜と思いつつ、予算もそれほど無いのでどうしようかなと思いつつ歩いていたら、美味しそうなお店を発見。
ブダペストの地元の料理店
お肉が並んでいるので、頼むとその場で焼いてくれます。
選べるお肉
10分弱レジ近くで待ってると声を掛けてくれるので、付け合わせのサラダを頼んでお会計。
1850Ft(310Ft=1€=120円→716.4円[以下同一レート計算])。
ワイルドな雰囲気がありつつも、とても美味でした。
ハンガリー料理
お漬物(ピクルス)も少し取ったんですが、あまりにも辛かったのでほとんど食べられず。

なかなか良かったので、オススメです。

 

《移動》Budapest/ブダペスト(ハンガリー)→Wienna/ウィーン(オーストリア)

到着時と同じ、’BUDAPEST-KALTI’駅から13:40発。
ウィーン行きの特急列車
一本逃すと2時間待ちだったんですが、結構ギリギリの時間に。
席もほとんど埋まってましたが、先頭車両の一番端にどうにか座席を確保。
約3時間の列車旅。
途中警察が乗り込んで来て何事かと思いましたが、難民対策で、中東系と思しき人たちに身元の確認を行っているようでした。
ウィーン行きの特急列車内に入ってきた警察官
パスポートも用意してましたが、アジア人はスルー。笑
‘Wien Central’駅に定時の16:35に到着。
降りた正面のホームから16:40出発のRJ(地域鉄道)に乗り換え、5分1駅。
‘Wien Meidling’駅。
宿泊先への乗り継ぎの関係でこの駅に。

Wien48hチケット(U-Bahn(地下鉄)しか乗りませんでしたが、ウィーン内のトラムやバスにも乗れるはず)を13.3€(¥1596)で購入し、宿の最寄り’Burggasse-Stadthalle’駅へ。
駅の北側出口から徒歩3分で宿に。

 

A&O Wien Stadthalle

この旅初めての、ユースホステルじゃ無いホステル。

ウィーンのA&Oホステル
調べたところ、年末年始はウィーンのユースホステルは営業していない様子でした。
部屋は6ベットの男女共同ドミトリー。
ウィーンのA&Oホステルのドミトリー部屋
水洗は部屋ごとに。
朝食は付かずで、別料金7€(840円)との事でした。高すぎ。笑
Wi-Fiは安定して使えます。
年末だったので2泊で76.68€(9201円)と少しお高めでした。

 

クラシックコンサート(Mozart Requiem in Wien)@Karls Kirche/カールス教会

せっかくだから沢山クラシックコンサートに行こうと思ったので、安かったので即決。
一番安いⅢカテゴリーの席で、さらに学生割引。
ウィーンでの、モーツァルトの鎮魂曲の公演
ウィーン、カールス教会の外観、夜
20:15開演とだけなっていて入場開始時間が不明だったんですが、19:45に着くともう入場は開始してました。
カテゴリー内での自由席、かなり遠め。
ウィーン、カールス教会でのクラシック公演
感想としては、ちょっと微妙でした。
モーツァルトのレクイエムと言うことでちょっと陰鬱だったのもありますが、ひとまず、遠すぎ。
その上教会で音が上へと逃げるので、音圧が全然ありませんでした。
14€(¥1680)だったから良かったものの、もう教会でクラシックは観たくないなと。笑
それか、もっといい席を取るかですね。。

 

街中散策、ホステル帰着

21:30には終演したので、軽く街を見て回って、寒かったので、すぐにホテルへ。
散策については翌日分でまとめて書くのでそちらをご覧下さい。

 

おわりに

ブダペストからのウィーン。
想像以上にブダペストの街並みが綺麗でした。
繁華街は少し殺伐とした雰囲気もあるんですが、観光名所の方面は全くの別世界。
丘からの眺めが素晴らしかったのもありますが、すごくいい街でした。またのんびり行きたい。
ブダペストで驚いたのは、カード文化が凄く発達していること。
ヨーロッパでJCBカードが使えるお店って稀なんですが、小さな商店や、クリスマスマーケットでも使えたり。
ただ、その一方で東欧らしさ(?)も。
地下鉄が異様に浅い(街中から階段を下りるとすぐにホームだったり)んですが、道を歩いていて地下鉄の振動を感じた時はこんな造りで大丈夫なのか…?と少し心配になりました。
ともかくも、面白くて、いい街だったなと思います。1泊だけって言うのは少し勿体無かったかもしれないです。(とはいえ2泊丸々あれば十分そうな気もしましたが。)
では、最後までご覧頂きありがとうございました。

旅行記はDay10に続きます。↓
欧州での年越し・ウィーン(オーストリア)<年末年始ヨーロッパの旅Day10>