「イギリス」タグアーカイブ

はじめてArcticMonkeysを観た@London-O2Arena

Arctic Monkeysを観てきました。
彼らのデビューは2005年。デビューと共にスターダムを上り詰め、2012年ロンドン五輪では開会式でもプレイ。
2013年の『AM』リリースから後はグループとしての活動を殆どしていませんでしたが2018年遂に復活。デビュー当時の荒削りさはまるで消え去ってしまった最新作に困惑したファンも多いようですが、それでも”ArcticMonkeys”は健在。
「こんなにカッコいいバンドを「国民的バンド」と呼べるイギリス人が羨ましい」が今回のライブを通じての一番の感想です。
もう少し噛み砕いて感じたことを3点にまとめますが、素人目ですので寛大な心でお読み頂ければ幸いです。

ベースが主役のバンド

ライブを観て一番に思ったのは、彼らがベースが主役のバンドだなということ。
スタジオ音源を聴くとボーカル、アレックス・ターナーの声色が何より印象に残りますが、ライブで耳にした楽曲たちの印象はまるで別。

もちろんボーカルの存在感は大きいですが、耳に残るのは圧倒的にベースのサウンド。
音源でもベースの存在感が立っているフレーズは幾つもありますが、思っていた以上に楽曲の中でのベースの役割が大きかったんだなと再確認しました。

ボーカルを殺さず、それでいて自己主張が強く、耳に(いい意味で)ねっとりとこびり付くようなベースライン。

音源では体感することのできない音を全身で感じることが出来たので、これだけでもこのライブ大満足です。

キラーチューンの破壊力

このライブは、バンドの持つ「キラーチューン」の重要性を強く実感するいい機会でもありました。

「キラーチューン」とは読んで字の如しで、必殺の一撃とでも言えるような、その一曲で会場の雰囲気をガラッと変えてしまうようなバンドにとって強力な武器になる楽曲。

ライブは”Four Out Of Five”のPVに現れるアラート音で幕を開け、しっとりと”Star Treatment”からスタート。
そして楽曲が終わると一瞬の沈黙を置き、ズタズタズタズタと”Brianstorm”のドラムが始まり、照明もパァっと煌びやかに。

“Star Treatment”に惹き込まれて次の曲やこの先のライブの展開の事なんぞは頭の片隅にもなかったので、まるで突然雷が落ちたような衝撃。

フロアの反応も似たようなもので、あちらこちらでビールの入ったカップが宙を舞います。
自分の中の高揚感が会場全体が感じている高揚感と共鳴して、ライブへの没入感が一気に高まった瞬間でした。

セットリスト全体を通して緩急のつけ方が上手く新旧Arctic Monkeysの楽曲がそれぞれ効果的にライブ全体を彩っていましたが、この”Star Treatment”→”Brianstorm”の繋ぎでは特に、キラーチューンがライブの中で持つ役割の大きさを強く感じることが出来ました。

練熟した”青年の楽曲”たち

デビューから12年が経っているとなれば半ば当然ではありますが、バンドの円熟とそれに伴った楽曲の成熟をライブ全体を通して強く感じることが出来ました。

どの楽曲ももちろん骨組みは変わっていないわけですが、それでいて「最近のリリース楽曲?」と思わせる成熟感があるんです。

楽器がタメ気味のプレイをしていることで安定感や円熟感を覚えるのかなとは思うんですが、アレンジも少しずつ音源とは変わっていて、とても良い色に。

あとはそれぞれのメンバーが、パフォーマンスにしろ音にしろ、自分を大きく見せる術を知っているなとも感じました。

もちろん音響的にボリュームの限界はあるわけですが、音の差し引きや奏法、音の作り方でその限界までボリュームを引き出す(というかボリュームを感じさせる)音の出し方をしているなと。

端的に言ってしまえば音圧の話なわけですが、何というか、単純な音圧とも違う尺度で、音が纏まっている気がしました。言語化出来ない、何か。

全体を通して

何だか取り留めのない内容になってしまいましたが、特にライブを通じて感じたことは上記の3点。

若く勢いのあった楽曲たちも、キャリアを積むと共にチューンアップされてより一層魅力的に仕上がっていました。

また日本でも観たいけれど、オーディエンスの反応も全く違うだろうし、何となく不安でもあったりします。

もしも最後まで読んで頂けた方がいたようでしたら、ありがとうございました。
大した記事で無く申し訳ないです。。

移動日 モロッコ→ロンドン|地球一周旅記DAY23

ほぼ丸々一日を移動に費やしました23日目。

モロッコ・カサブランカのムハンマド5世空港からロンドン・ガトウィック空港へのフライト。
その後はバスで市街地へ向かい、宿に入ってそれで終わり、の一日。
2018/9/11

朝食@ホテル

目覚ましを6:00にセットし、7:30には宿を出るつもりだった朝。
自然と目覚めると時計は7:07。やらかしたーと思いつつ、急いで宿を出るのは得策でないと判断しのんびり出発準備。

30DHで朝食もたべられそうだったので、のんびり。

ここでも前日の夕食に続いてオリーブの実が出ました。美味しかったです。

卵は、ポーチドエッグにオリーブオイルをかけまわしたような感じ?何となく不思議な味付け。

移動 宿〜ムハンマド5世国際空港

空港へは鉄道で移動。
8:45頃宿を出て徒歩で駅へ。

9:08発の列車に乗車。所要時間は1時間ほどで、9:10には空港に到着。

ただ、空港に入るにも手荷物検査が必要で、その列に並ぶこと30分ほど。
ようやく空港内へ。

チェックインを済ませ保安検査場に向かうと、保安検査の手前でパスポートチェックをしたおじさんが「ジャパーン!コンニチワー!ヨウコソー!」とテンション高めに笑
ようこそはWelcomeの意味だよーと伝えると知ってる知ってると笑ってました。笑

出発は1時間ほど遅延。
フライトについて詳しくは、搭乗記の方をご覧下さい。

初めてのアフリカ系航空会社でしたが、なかなか無い体験でとても楽しかったです。
ご飯も美味しかったし。

移動 ロンドン・ガトウィック空港〜ロンドン市街

ガトウイックからはバスで市街地へと移動。£10。

16:45のバスに乗車し、ロンドン・ビクトリア駅には18:50に到着。
直通かと思って乗ったら、めちゃめちゃ下道走るし途中で止まるしで思っていたよりも時間が掛かりました。

天井に非常口を作るぐらい危険な街、ロンドン。

少し迷子になりつつ19:00頃地下鉄に乗車。

15分ほどで宿の最寄りのPaddington駅に到着。

空港へのランディングからここまで4時間近く掛かりました。バスの選択はミスだった気がします。

夕食 ケバブ屋

宿の目の前にあったケバブ屋で、フィッシュ&チップスを。

せっかくイギリスに来たし、1食は食べておかないと。£6.5でした。

宿 Pride of Paddington

この日の宿は6人部屋、宿泊者は4人。うち話をしたのは2人。

一人は40台半ばぐらいのおばさん。
イギリス英語で聞き取りにくい上に、こっちの反応は御構い無しに喋り倒す人。

夫はフランス人でどうこう言ってましたが、この人と結婚する人はどんな人間なのか見てみたい、って言うぐらい自分勝手に喋る人でした。

もう一人は、UKのどこぞやからロンドンに働きに来ているという青年。
ArcticMonkeysを観に来たんだと伝えると、おー僕も明後日友達と観に行くよ!!と。

「新作、好きじゃ無いっていう人が多いよねー。僕は好きだけど。」と、さらっと言ってました。
現地の人の話を聞くのは初めてでしたが、まあ見当は付くよなぁとは。

24:00頃就寝。
寝つきも良くすぐに眠れました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

行程詳細

7:10 起床
7:50 朝食@ホテル(30DH)
8:45 宿出発
8:55 Casa Port駅着
9:08 空港線(43DH)
10:10 ムハンマド5世国際空港着
10:40 空港入場
11:00 チェックイン
11:25 保安区域内へ
12:00 搭乗開始
12:25 モロッコ航空AT802便(¥41,670 1時間遅延)
15:35 ロンドン・ガトウィック空港着
16:45 ロンドン行きバス乗車(£10)
18:50 ビクトリア駅着
18:55 地下鉄乗車(£10チャージ)
19:20 Paddington駅着
19:30 宿着 (Pride of Paddington 1泊£19×2)
20:00 夕食@エジプト人がやってるケバブ屋(Fish&Chips £7.5)
24:00 就寝

ロンドン最終日、大本命のプレミア・リーグ観戦(旅行記Day9)

ロンドン散策最終日。
と言っても、昼からサッカーを観て夜はマジカルランタンフェスティバルとやらに参加したぐらいで、ロンドンらしいロンドンは特に巡らず。
別記事が多いですが、サクッと。
2017/2/26 ロンドン(イギリス)

プレミアリーグ観戦 Tottenham Hotspurs/トッテナムホットスパーズvsStoke city/ストーク・シティ

友人に付き合ってのサッカー観戦。
友人のロンドン旅行のメインイベントと言うことで、気合いを高めて。
詳しくはこちらの記事に書いてあります。
海外サッカー観戦記!リーグ2位を走るトッテナムの試合を本拠地ホワイト・ハート・レーンで観戦!!
楽しかったです!!
増設工事中のホワイト・ハート・レーン
トッテナム・ホットスパーホームチケット
試合中の様子
 

Magic Lantern Festival/マジックランタンフェスティバル

これまた友人が見つけて来たイベント。
ロンドンの西方にあるChiswick Gardenで開かれていた、期間限定のものです。
NAVERまとめに、「マジックランタンフェスティバルが”凄そう”」と書いてあったとか何とかで、友人に言われるがまま参加してみることになりました。
そこまでの期待をしてなかったからもありますが、なかなか綺麗で、思ったよりも楽しめました。
写真は下に。詳しい内容はこちらの記事に。
ロンドンでマジカル・ランタン・フェスティバルに行ってみた感想!
看板
ラクダのランタン
現代アート
中華風なランタン
観覧車の上からの景色
 

夕食 Le Gourmet

パディントンにある、軽食店とレストランの間の子のようなお店。

ランタンフェスティバルで中華な装飾にたくさん触れたので、中華が食べたい!と言うことで初めはソーホー地区の中華街に向かう予定でしたが、21:30頃になっていたので、まともに飲食店がやっていないのではないかと言う話に。
日本からの友人はパディントンに宿泊していたので、空港利用客も多く、夜も長そうなパディントンで飲食店を探してみようと言うことで。
初めはKFCに目が行ったんですが、その手前のこのお店に。
パディントン近くの軽食店の外観
ケバブを中心に、軽食メニューが豊富に並んでました。
値段もそこまで高くなく、許容範囲内。
僕が食べたのはSHI SHI KEBAB(9.5£=¥1330)。ラップにすればもっと安かったですが、旅行最終日、ガッツリ食べたかったこともありお皿のものを。
シシカバブプレート
シシカバブ(ケバブ)、初めて食べました。
少しパサパサした、肉団子を焼いたもの。
味は美味しかったです。
 

おわりに

ロンドン最終日、先に書いたように、ロンドンらしい観光はほとんどせずに終わりました。
ただ、サッカーはもちろん楽しかったですし、マジカルランタンフェスティバルも思いの外楽しかったです。
翌日は帰国日。朝の飛行機でロンドン・ヒースロー空港からフランクフルト空港に向かいます。

日本でも人気上昇中のAllTimeLow、2017ロンドン公演を完全レポート!!

All Time LowのUKツアー2017初日、ロンドン公演に行ってきました!
この日のライブは、ライブツアーの年になるとの宣言があった2017年の幕開けを告げるライブであったと言っても過言ではありません。
5月に日本公演もありますが、恐らくセットリストの大幅な変更は無いと思います。
なので、ライブレポートも書きつつ、「初めてATLのライブに行くけど曲があんまり分からなくて…」みたいな人にも使ってもらえるような内容にしました!
僕は日本公演には行けませんが、ATL初の赤坂BLITZ級キャパでの日本ツアー。とても良いものになってくれることを願ってます。
ではでは、下の目次からお好みのパートへとお進み下さい。

All Time Lowについて

について〜とタイトルを付けたものの、内実はウィキペディアの焼き写しです。
アメリカはメリーランド州ボルチモア出身のAllTimeLow。結成はメンバーの高校生時代。
若い頃から「〇〇の再来!!」「ポップパンク界の新星!!」みたいな騒がれ方をしてました。
あまり海外ニュースや芸能記事を追ってないので日本国外での現在の立ち位置はハッキリとは分からないんですが、「ポップパンク界を引っ張っていく存在」として今でも期待されていることには違いありません。
来日公演はフェスも入れれば1〜2年おきで、2016年の頭にはONE OK ROCKと東名阪スプリットツアーを行ったのが記憶に新しいかと思います。
そんなAll Time Low。昨年末に2017年3月からのUKツアーを発表。「来年はたくさんライブをするよ〜」とは言っていたのでドイツや日本公演も来るだろうとは思ってたんですが、実際にUKツアー後はヨーロッパツアー。5月にアジアを回って6月からの全米ツアーという2017年のスケジュールです。

彼らの作る音楽ジャンルは、ひとまとめにすればポップパンク。
初期〜So Wrong, It’s Right(2009)あたりまではパンク色が強いですが、メジャーレーベルへの移籍のタイミングでリリースしたDirty Work(2011)あたりからはポップ色が強まったなと感じます。
ライブでは、比較的新旧を織り交ぜたセットリストが組まれることが多いです。
では、レポートに移ります!
 

会場:Eventim Apollo(開演までの様子と会場内の様子)

今回の会場だったのはEventim Apollo。
キャパシティは恐らく6000〜7000ぐらい。
1階は3000〜5000ほどのスタンディングで、2階席は比較的なだらかな(イメージは東京国際フォーラムAのような感じ)座席。

場所はHammerstith駅の目の前なのでまず迷うことはありません。

ライブのチケットに記載があったのは、開場19:00の情報のみ。
all time low ロンドン公演チケット
ゲストバンドが2組との情報も出てましたが、早く行くに越したことは無いということで現地には16:30頃到着。
2階席だったので関係ありませんでしたが、1階スタンディングの入場は早い者勝ちなので、すでに大量のファンが。
ロンドン公演開場前の様子
開演まで時間を潰そうと思いましたが、Hammersmith駅内のマクドナルドが改装中だったので、(ジュースが飲みたかったので)マクドナルドを求め徒歩で北へ。
途中で見つけた中華料理屋で夕飯も食べました。
18:00過ぎに再び会場に戻るもまだ暇ということでHammersmith駅内のCOSTA coffeeで19:00まで暇つぶし。
19:00に会場へ!
夜の会場の様子
入場はスタンディングも2階座席も同じ列だったので、とても長い列が側道まで。
入場できたのは19:25頃。
グッズに並んでいると1組目のGUEST ACTがスタートしました。
物販はこんな感じ。
オールタイムロウ物販の様子
ヨーロッパツアーTシャツ、ロンT、トートバッグを購入し、座席へ。
座席は通路のすぐ後ろ、正面は下座席への階段と言うとてもいい席でした。
左はもう既に出来上がってる女子4人組。右は1人参戦の女性でした。
ロンドンなんだから当然ではありますがお客はほとんどが白人さん。アジア人らしき影は、男子4人組の中国人を見かけたぐらいでした。
公演自体は、
19:30〜1st ACT
20:30〜2nd ACT
21:30〜 ALL TIME LOW のタイムテーブルで進行しました。
ではレポートに。まずはネタバレ有りから書きますので、セットリストが見たくない方はこちらからネタバレ無しレポートに飛んで頂ければと思います。
とその前に、僕とATLの馴れ初めを導入に。。

僕がATLを知ったのは2009〜2010年あたり。初めて買ったWALKMANのプリセットに入っていたBreak Out! Break Out! (Put Up Or Shut Up: 2)を聴いて衝撃を受け、CDを買い集めて行ったわけです。
初めてのライブは、高校1年生だった2011年。Dirty WorkツアーでのYokohama BAYHALLでした。
その後はPUNK SPRINGやSUMMER SONIC、去年のスプリットツアーなんかでライブは観ていたものの、6年半ぶりの単独公演でした。
ではでは、行きます。
 

ネタバレ有りレポート・日本公演2017予習の方はこちらに!

先に書いたように日本公演もこれに類似したセットリストで来る可能性が高いかと思います。
新旧織り交ぜたキラーチューン連発のセットリストなので、これから予習して…という方でも取っつきやすいかと思います。このパートの一番下にセットリストと収録CDの一覧は記載しましたので、そちらも参考にして下さい!!では。

会場BGMの雰囲気が21:30近くになると変わり、その曲が終わるとともに暗転。簡単なSEと共にメンバー入場。
メンバーが入場
1曲目はKick & Screaming。1,2,3,4の掛け声と共に爽やかにUKツアが幕開け。
最新アルバムの中でもとりわけ疾走感のある、1曲目に相応しい選曲でした!
2曲目は置きに来るかな〜と思っていたら、早速のWeightless!!Dear. Mariaを抑えて一番観客の歌声が大きかったです。
ライブ中の様子
僕自身もATLを知った当初から好きな曲だったので、熱唱。笑 それに2曲目に来るとは思ってなかったので、テンションも一気にアップ!
この後は、Somewhere in Neverland→Six Feet Under The Starsとアルバムのリードトラックを惜しげも無く投下。Somewhere in Neverlandは特に歌詞が好きなので(学生向けの歌詞では無いですが笑)楽しかったです。
そして1本目のMC。ロンドンはもちろんだけど、世界中から来てくれたみんなありがとう!という内容。 日本国旗用意していこうかと思ってチキったんですが、すごく見晴らしのいい席だったのでやっぱり持って行けばよかったなと後悔。。
5,6曲目は比較的マイナーどころ、7曲目の前には「みんなの顔を見せて!」と肩車を煽り、Something’s Gotta Give→Kids In The Darkと最新アルバムのリードトラックを2連投。
その後のMCでは6月にニューアルバムを出す事を告知して、リードトラックのDirty Laundryを披露。
その次10曲目は、この日唯一のDirty Work(2011)から、Gutsを披露。
Dirty Workは何やかんやで好きなアルバムなので、もっとやって欲しかった思いもありつつ、好きな曲が聴けてとても満足。
そしてMC。
英語が堪能でないのではっきりしたニュアンスは分からなかったんですが、「キャリア最大」と言う話を。このツアーの事なのか、この日の会場のキャパの事なのかは分かりませんでした。。
ここでAlex(ボーカル)以外のメンバーはハケて、Therapy→Jack(ギター)抜きでのMissing You。
その後のMCでは、Alexが床をちょんちょんと触って自分の顔に塗り、Jack:「それは何?ラメ?それともガソリンか何か?」みたいな、よく分からないMC(英語力の問題)。
13,14曲目はA Love Like War→Backseat Serenadeと続き、「このライブはDVDを撮ってるんだ、次の曲はみんなの声が必要だからMake some noise~~~」みたいなよくあるくだり(?)があってTake Cover!
すごく好きな曲なんですけど、恐らくDVDに付属のCDにしか入ってないので、調達は困難かもしれないです。。
そんなこんなであっさりと本編が終了。これだけ?とも思いましたが、見返すと15曲もやってたんですね。あっという間の1時間でした。
アンコールは、まずはライアン(ドラム)が登場。ドラムソロから曲に繋がる流れかな?と思い、ライアンのドラムソロは好きなのでカメラを構えると、特に前振りもなくLost In Stereo!一時すごくハマっていた、特にお気に入りの一曲。
最後のMCでは「このロンドンでスタートを切れてよかった。2017年のライブツアーへの背中を押してくれるような素晴らしいライブだったよ。また3週間後にロンドンに戻って来るから、またね。」と。
最後はおなじみDear Maria, Count Me In。
サークルピットの飛び込みが早かったようで、イントロを途中で中断。
「みんなで歌うだろ?で、楽器が入ったところで走り出すんだよ、いい?」との指導が入って頭から曲再開!
何度聴いても飽きない、何度オーラスに来ても飽きないATL最強のキラーチューンです。
そして終演。。。
終演後の様子
トータルで1時間20分ほどの公演でした。
曲数は17曲とたっぷりでしたが、あっという間。
次はドイツのハンブルグで公演を観るので、楽しみです!!
下にセットリストと、MVがあるものはYouTubeのリンクを記載しますので是非お使いください!
 

UKツアー2017セットリスト・YouTubeリンク集

1, Kick & Screaming (Future Hearts: 2)
2, Weightless (Nothing Personal: 1)

3, Somewhere in Neverland (Don’t Panic: 3)

4, Six Feet Under The Stars (So Wrong, It’s Right: 3)

MC
5, Cinderblock Garden (Future Hearts: 7)
6, Canals (Don’t Panic: It’s Longer Now!: 8)
7, Something’s Gotta Give (Future Hearts: 3)

8, Kids in The Dark (Future Hearts: 4)

MC
9, Dirty Laundry (新曲)

10, Guts (Dirty Work: 4)
MC
11, Therapy (Nothing Personal: 12)
12, Missing You (Future Hearts: 6)

MC
13, A Love Like War (Don’t Panic: It’s Longer Now!: 2)

14, Backseat Serenade (Don’t Panic: 2)

MC
15, Take Cover (Straight To DVD Ⅱ: Past, Present, And Future Hearts)
ーーーーーEnchorーーーーー
16, Lost In Stereo (Nothing Personal: 4)

MC
17, Dear Maria, Count Me In (So Wring, It’s Right: 6)

続いてネタバレ無しレポートですので、宜しければこちらからおわりにに飛んでください。
 

ネタバレ無しレポート

ネタバレ無しと言ったものの、ネタバレ無しでレポートを書くというのはとても難しいなと早々と気づいてしまいました。笑
ひとまずセットリストは、初めての人でも濃く聴いている人でも楽しめるバランス感のあるセットリストだったなというのが感想です。
メンバーは相変わらずな感じで、JackはMC中、「ほんと、マジで、腹減った」とか言ってましたし、平常運転。
海外公演では毎度毎度大量の下着投げがあるのかと思ってましたが、それほどでは無かったのが意外でした。
今回初めての海外でのATLだったんですが、本当に、日本での公演とは全く違う経験で、とても楽しかったです!
そもそも最近はフェスばかりでアウェーな中の鑑賞が多かったのもありますが(一昨年のサマソニなんてベビメタ前でほんと酷かったですし)、ATLを観に来ている人だけでの公演はやっぱりまず楽しいです。それに、海外公演という事でシンガロングが大きいのと、ビデオや写真を撮れること。
日本ではシンガロングなんてほとんど無いと言っても過言では無いですし、すごくいい経験でした。
このネタバレ無しレポを見ている方はよっぽどのATLファン(というかHustler?)だと思うので、是非海外公演(特に英語圏だとシンガロングも一層大きいと思います)にチャレンジしてみてください!
ハードル高いなぁと日本にいた時は思ってましたが、案外あっさりチケットも買えますし、ライブ会場の様子もそんなに大きくは変わらないので、海外のライブは危なそう…等の心配も不要です!
ではでは、おわりに、に続きます。
ネタバレは無いので安心してお進み下さい。
 

おわりに

友人との南欧旅行が決まってからのライブの発表だったので友人をローマに取り残す形での弾丸ロンドンになりましたが、やっぱり、行ってよかったです。
無理してロンドンに行かなくてもハンブルグ(ドイツ)公演を観ることは出来たわけですが、英語圏かそうじゃ無いかで観客の反応も違うとは思うので。
それに、広いホールでATLを観られる機会もそうそう無いと思うのでなおさらです。
そんなこんなで最後に言えることは、海外公演に行ったことの無いATLファンの皆さんには海外公演を強くオススメするということ。
ATLのライブに行ったことがない人にも、今回のセトリは新曲が多い訳でも無くなかなかバランス感が良いので、5月の日本公演は強くオススメ出来るということの2点です!!
最後までご覧頂きありがとうございました。ハンブルグ公演の後にも、また追記なり新しく記事を書くなりしようと思います。では!!!

ロンドンでマジカル・ランタン・フェスティバルに行ってみた感想!

今回のロンドン旅行中に、話題沸騰の(多分そうでもない)MAGICAL LANTERN FESTIVALに行ってきました!!
ネットで見るとマジック・ランタン・フェスティバルって訳されてますが、正称は’マジカル’・ランタン・フェスティバル。
内実も良くわからないまま、友人に引き連れられての訪問。。
でしたが、思っていたよりも展示量が多く、結構楽しめました!最後に乗ったヨーロッパ流(?)の観覧車も楽しかったです!!
では、ご覧ください。

マジカル・ランタン・フェスティバルとは?

そもそも、マジカル・ランタン・フェスティバルとはなんぞ、という話。
看板
2016年に引き続きロンドンでは2回目の開催になったこのランタン・フェスティバル。
詳しくは公式ホームページ(英語のみ)を見て頂ければ良いんですが、簡単に言うと、沢山のランタンで旧正月をお祝いをしましょう!っていうイベント。
春節祝いで有名なのはやはり中国。
来場者は8割方欧州系の方だったように思いますが、それぞれのランタンの解説は英語と中国語で。
中国語でのランタンの解説
旧正月休暇ど真ん中、1月末とかに来ると中国人観光客がわんさか居たりしたのかもしれません。

展示内容を写真とともにご紹介

気になる展示内容ですが、公式サイトで説明されているテーマは、「シルクロードを探索しよう」と言うもの。
シルクロードに関係のある、中国を始めとする各国にまつわるランタンが展示されてます。
写真でご紹介を。

早速シルクロード感が無いですが、イギリス騎士。
イギリス騎士のランタン
利権問題をクリアしてるのかが僕らの中で話題だったアラジンのランタン。
ジャスミンとアラジンのランタン
ジーニーのランタン1025″ />
ラクダ関係のランタン
ラクダを操る商人
ラクダのランタン
地中海の風情
地中海のランタン
途中、焼きマシュマロの屋台がありました。
マシュマロ屋台
火に集まる人々
マシュマロを焼く様子
その後は、中華風のランタンももちろん。
中華風なランタン
現代アートもありました。
現代アート
ランタンゾーンを抜けると、食事やアクティビティのコーナーがあります。
アクティビティはスケート輪投げ観覧車など、食事は中華を始めクレープなんかもありました。
観覧車。3£(1£=¥140→¥420)と意外とお安め。
移動観覧車
日本にはあまりない椅子自体がカゴになっている簡易的なものです。
速くて楽しいのでオススメ。
上から見たアクティビティゾーン。
観覧車の上からの景色
こんな感じで展示は終了。
滞在時間は1時間15分ほどでした!

アクセス

開催場所はここ。W4 2QNにある、Chiswick House Gardens/チジック・ハウス公園。

行きはHammersmith駅からバスを利用しましたが、帰りは最寄りのTurnham Green駅まで10分ほど歩きました。
どちらも地下鉄の駅なので宿や出先からのアクセス次第でどちらがベストかは変わってくるかと思いますが、バスのほうが会場近くまでは出られます。
詳しくはGoogle等でお調べ下さい。
入口が分かりにくかったのですが、公園の一番北の部分が2017年の開催時は入口になっていました。
入場口にもランタンが

感想

16£(¥2240)(一般は18£)もしたし、どんだけ良いもんが見られるんだろうなぁ~なんて散々ハードルを上げて挑みましたが、なかなか充実感がありました!!
思ったよりも展示が多くのんびり出来たのと、焼きマシュマロやら観覧車やら、ランタン以外のアクティビティも楽しかったのが大きかったです。
ランタンの展示自体も、クオリティーが「?」なものもあったりしますが、それはそれで楽しめるレベルなので全然あり。
日本では毎年長崎でランタン・フェスティバルが開かれているようですが、それとの比較は行ったことがないのでなんとも出来ません。。

ともかくもの感想としては、行って良かったです!!
春節の時期にロンドンを訪れる予定があり、「夕方ちょっと暇だな~」なんて事があるようでしたら、行って見る価値はあると思います。オススメです!
では、最後までご覧いただきありがとうございました!