「アイドル」タグアーカイブ

『W-KEYAKIZAKAの詩』MVロケ地訪問記

けやき坂46「走り出す瞬間」ツアー幕張公演の前に、友人と、『W-KEYAKIZAKAの詩』MVのロケ地へ聖地巡礼に行ってきました。
ので、その時の記録を!
ロケ地は一箇所でそれほど書くことはありませんので、写真を中心に。

『W-KEYAKIZAKAの詩』MV

『W-KEYAKIZAKAの詩』は、アルバム「真っ白なものは汚したくなる」に収録された欅坂46メンバーとけやき坂46一期生による楽曲。

メイキングにもあるように、撮影場所は群馬県の渡良瀬川河川敷。

ロケ地「さくら遊園」

ロケ地は群馬県桐生市の「さくら遊園」。
さくら遊園は渡良瀬川の河川敷にあるサッカーグラウンドやら野球用グラウンドやらの総称ですが、撮影が行われたのはその土手部分。
〒376-0012 群馬県桐生市桜木町1407-16

周りに駐車場はありませんが、南西側から伸びる小道を下りていくと川原に車を停めることが出来ます。
東武桐生線の新桐生駅からも徒歩15分ほどですが、都内からだと車での訪問が現実的かなとは思います。

ロケ地「さくら遊園」訪問記

さくら遊園へは車で、都内から1時間30分ほど。
昼過ぎの到着で暑かったですが、平日だったこともあり人はほとんどおらず、快適に見学できました。
撮影した写真を!

河川敷から見上げた土手
さくら遊園の土手を下から
さくら遊園の土手を下から
河川敷の様子
河川敷の様子
土手の上にある舗装路から見渡した、さくら遊園全体の様子。
土手の上からの写真
土手の上からの写真
土手の上からの写真
メンバーが横一列に並んでいたのは、多分ここ?

土手の上から町側を。
桐生市の街並み
階段の上から河川敷を見下ろす。
階段の上から

メイキングの存在を訪問前に知っていたらな〜と少し残念です。
車で20分ほどのところに『何度めの青空か?(乃木坂46)』のロケ地があるので、坂道オタであればそちらにも行ってみるといいかも知れません。
では、最後までご覧頂きありがとうございました!

全曲披露をどんな形でも固辞すべき。~ベター解に成り下がったBD開催の意義~

デビュー以来毎年開催されてきた乃木坂46のバースデーライブ(以下BD)。
過去5回は伝説の3rdBDでの7時間半ライブを始めとして、毎年形を変えながらも「リリース楽曲全曲披露」を掲げて開催されてきた。
今回は「神宮&秩父宮 シンクロニシティライブ」と銘打たれていたものの、例年通り開催前には全曲披露実施の可否については言及されず。
結果から言えば様々な要因から全曲披露は回避され、「BD=全曲披露」というもはや「常識」とも思えていたものが崩れ落ちた。
この6thBDで全曲披露が行われなかった要因の簡単な整理と、全曲披露を放棄してでもベター解としてBDを開催する意義を考えられればと思う。

なぜ5年間続けた「BD=全曲披露」の構図を運営は放棄したか

もちろん要因は幾らでも考えられるが、可能性の高いものとして考えられるのは主に以下のようなものだろう。
①単純にリリース楽曲数が増えすぎてしまった
②メンバーが多忙になりスケジュールが調整できなくなった
③新規ファンが増え、マイナー楽曲をセットリストに投入するのが困難と判断した
④キャパシティが増えて構成が複雑化し、複数のセットリストを用意できなかった。

①と②はメンバーが暇ならば何日間開催にでも出来るという点でほぼ同義であるが、恐らくは主に①,②と③を含めた複合要因で、総合的に判断して運営は「全曲披露廃止」を決めたものと思われる。

しかしそれでも全曲披露を堅持すべきでは無かったか

「総合的判断」と言えば格好は付くが、デビュー以来5年に渡って続けてきたBDは6年目にして消滅したと言って差し支えないであろう。セットリストを見れば明らかであるが、その内実は通常の夏ツアーや先の東京ドーム公演と何ら変わらない。
乃木坂らしさとして「可愛い子が多い」「ガツガツさが無い」等言われるが、楽曲の良さに惹かれて乃木坂に興味を持ったファンも多いように思われる。
もちろん巷のアーティストを見ればその多くは、古いマイナー曲はほぼ封印に近い扱いで、過去のヒット曲と新曲を中心にライブを構成している。
しかし、乃木坂と言えども全てのライブで全曲披露を行っているわけでは無い。たかだか(されど)年に一度、それもデビュー来5年続けてきた習慣である。
古くから乃木坂に付いているファンとしては、「楽曲の良さ」という乃木坂の良さをある意味で無視し「乃木坂は遂に自分たちからそっぽを向いてしまった」と考える人も居るのでは無いだろうか。

SNSを観ると「今日のセトリめっちゃ良かった!」というような投稿も散見されたが、「BDは毎日構成が違うから可能な限り全日参加」の意気で3日間のチケットを確保した古いファンからすれば、「これが3日間続くのは苦痛」でしか無い。
だからと言ってそういった古いファンがすごすごと乃木坂から離れていくとは考えにくい。何よりライブは楽しいし、メンバーは可愛い。だが、年に一回のイベントに捧げる熱量が大きく下がることは言うまでも無い。
大ヒット商品の裏には、太く長いファンと細く短いファンが共存している。前者はブームが去っても愛着を失わず、言わずもがな後者はブームと共に去っていく。
運営の苦渋の決断ではあろうが、コア層の熱量を削ぐような今回の判断は積極的には支持できない。

せめてもBDらしさは残すべきだった

運営としては、今回の形態でのBD開催がコア層の熱量を下げる結果になることはもちろん分かっていただろう。
ただそれでも、「ベスト」でなく「ベター」の策として今回のBDは開催された。

グループが存続する限り楽曲は無限に増え続ける。そうなれば無限にBDの開催日数を延ばせばいいか、と言えばそれは現実的に不可能である。
―「いずれは全曲披露を止めねばならない時が来る、その時が今だった」
言ってしまえばただそれだけの事であり、いずれ決断しなければいけなかった。
だからと言って今回のライブ、これは、「バースデーライブ」だったのだろうか。
多くの新しいファンからすればライブがあったから来ただけの話で、冠など知ったことはない。
だが、今回のライブは明らかに「ただの一ライブ」である。デビューからの6年間どころか直近1年間をゆっくり振り返る場面もなかった。
先にも書いたが、慣習の軽視は古いファンからすれば熱が冷める大きなきっかけとなり得る。コアファンを失ったグループの未来は明るくない。

余裕のない運営が下した決断は、①東京で②神宮よりさらに大きなキャパで③地方ライブでも使い回せるライブを④BDの名を冠して実施すること、だった。
グループが大所帯化し、メンバー共々運営が多忙なことは重々承知であり、ベター解を探ることは当然のことであろう。
しかし今回行われたBDの著しい一般化は、少しでもマイナー楽曲が聴ければと期待していた身としてはあまりにも酷い内容だった。
これならばBDを冠する必要など全く無く、ただの「真夏の全国ツアー初日」で良かったはずだ。

過去のような全曲披露型BDの再興は無理としても、「バースデーライブ」の意義をぜひ運営には考え直してもらいたい。

ただの感想

秩父宮にて久保ちゃんの元気そうな姿を確認!

今日の一番の収穫は、秩父宮でライブを観に来た久保ちゃんの姿をキャッチ出来たこと!
3期生がMCをしている時にはハンカチで口を覆うような仕草も見えましたが(暗い上に双眼鏡の倍率が低かったので詳しくは分からず)、公演前には一緒にいた今野氏と楽しそうに談笑していたので、現状を詳しくは分かりませんが、笑顔で話をするぐらいの元気は最低でもあるんだなと分かりホッとしました。

北野日奈子、復活?

かれこれ1年近く活動を休止していた2期生の北野日奈子。
少しずつメディアへの露出も増えてきて、今回のライブは出られるのかな~と考えていたんですが、公演が始まると、何事も無かったかのようにステージに佇むきいちゃんの姿が!ボーダーではセンターポジも!
自分の持ってる情報の少ないのかと疑うほどの、平然とした復帰(ライブ中、休止復帰については一切触れられませんでした)。
メンバーも普通だったら触れたい話題でしょうし、恐らく意図的に復帰については触れられなかったんだと思います。
このまま何事もなく、休養前のような、元気なきいちゃんの姿を見られるようになれることを願っています。

秩父宮はライブ適性抜群の素晴らしい会場

僕の座席はアリーナだったのでそれだけでも良かったんですが、秩父宮、思ったよりもかなり狭いです。高さも神宮に比べると驚くほど無いです。
それにステージが8の字状に会場の隅々まで張り巡らされているので、一番悪い席でも神宮のバックネット席ぐらいの充実感は感じられれそうです。
2日目3日目は神宮天空ですが、楽しみます。。

けやき坂46を観てきた。

けやき坂46「走り出す瞬間」ツアー初日、横浜国立大ホール公演を観てきました。
内容に関するネタバレは一切無しで、ざっとの感想を。
感想を簡潔にまとめるならば、
①想像を超える会場の一体感
②大きく躍動するメンバーたち
③「プロ」とは思えない初日に対する取組(悪い意味で) の3本。

トータルでの感想としては、幸福感たっぷりのとても素晴らしいライブだったなと思います!
次のツアーを観に行くのがいまから楽しみです。

想像を超える会場の一体感

先に書いたように幸福感たっぷりのとても素晴らしい公演でしたが、その一因になったなと思うのは、想像以上のオーディエンスとメンバーとの一体感。
ホールの作りが良いおかげでコールの声が会場全体に回ってたのもあるとは思うんですが、けやき坂としての初めてのツアーとは思えないぐらいに、観客の空気を読む能力(ここはこういうコール!とか)が高い!
なんと言ってもほとんどの楽曲が初披露でコールも出来上がっていない中で、1番では上手く行かなかったコールが2番になるとスッとハマるんです。
メンバーもMCで「初めての披露なのにコールがすごい!嬉しい!」と言ってましたが、コールを作り出そうとする空気感、そしてコールがハマったときの会場の一体感が凄く気持ちよかったです。
音の回りが良いのもあってメンバーにもコールはよく聞こえていたように思いますし、それもあってメンバーのパフォーマンスがよりイキイキ、ノビノビしたものになっていたようにも感じました。

 

大きく躍動するメンバーたち

欅坂と対照的に意識的に「happy」を打ち出しているけやき坂ですが、そのスローガンをを体現するようなメンバーの躍動を強く感じました。
座席が1階席30列以内と近かったこともあったかもしれませんが、メンバーのリズミカルな、イキイキしたダンスが強く印象に残っています。
3階席からだと武道館の天空よりも酷いような距離感ではありますが、それでもメンバーの、指先足先まで全身をノビノビと使った表現、その思いは届いたのではないかなと思います。
それと、個々メンバーの表現力だけではなく、演出もメンバーの姿をを大きく見せるのにとても効果的だったように感じます。
ステージ上を走り回ったりだの、「静を活かす」というよりも「動」を積極的に詰め込んでいく演出が印象的で、それによって明るさをより感じたようにも思いました。

 

「プロ」とは思えない初日に対する取組

これは悪かった点。演出に関してと、メンバーに関する2点。
演出に関しては、ステージモニターを使った映像演出がが有料公演とは到底思えないほどのずさんさ(そのへんの大学祭の方がまだマシ)。
ゲネプロをやったのだとしたら、その時点で修正を加えようとは思わなかったのか、なぜあのずさんな映像演出をそのまま使おうと思ったのか全く理解ができない。
「昨晩いきなり発注が来たんで、徹夜で作りました!!」みたいなクオリティー。今後の公演で改善していくんでしょうが、プロの仕事とは思えない。

もう一点はメンバーに関して。
とにかく、振りの入りが悪い。新曲に関しては、全員の振りがピタッと揃うことはまず無し。振りが間違っていなかったとしても、どことなく自信のなさがにじみ出てました。
ドルオタとしては「そういう一面も観られてよかった」となる訳で僕もそう思いましたが(笑)、だからといって許される話ではないなと。
素人ながらもバンドをやっていた身として、一つの公演に10曲以上も新曲を仕込むのが物凄く大変なのはよく分かります。
ただ、まだまだ若い女の子達とは言っても「プロ」なんだから、初日に100%、千秋楽に200%を目指すような取り組みをして欲しいものだなと個人的には。
このまま生半可に取り組んで千秋楽で100%を出すことができても、ファンは許すでしょうが彼女たちのためにはならないと思います。
 

おわり

最後に偉そうなことを書きましたが、ともかくもいいライブでした!!
本編終了後に「まだまだ観足りない!」と思わせない(本編だけでも満足できる)ライブっていうのが最高の公演だと個人的には思ってるんですが、今回のライブは「もう心は満ち足りたのでアンコール無しで帰りたい!」と思わせるようなライブでした。
ほとんど知っている曲が無い中でもこれだけの満足感を得られことを考えると、内容や会場の空気感がとても良かったんだなと思います。

末筆ながら、これから「走り出す瞬間」公演を見に行く皆さん。楽しんできてください。とても楽しいです!!
 

欅坂46「真っ白なものは汚したくなる」幕張メッセ公演1日目を観て。

2017年8月29日、幕張メッセ。
幕張を訪れるのは9日前のSUMMER SONICぶりでしたが、欅坂46を観るのは一年前の『世界には愛しかない』全国握手会ぶり。2016年5月にあったZeppDivercityでのイベントでライブを観たことはあったんですが、有明コロシアムでのワンマンライブはドイツ滞在中だったので観ることが出来ず。ということで、初めてのフルセットリストでのライブでした。
ズブの素人、言うなればただのオタですが、色々考えるところがあったのでアウトプットしておこうと思います。

1. アイドルではなくアーティスト 運営の方針が見えた舞台演出とセットリスト

楽曲が格好いいと評判の高い欅坂46。乃木坂46との差別化も図らなければならない中で、楽曲重視路線で売っていくんだろうなというのはリリースされるシングルを見れば明らかでした。そんな中でも、昨年のCOUNT DOWN JAPANを筆頭に、今年もROCK IN ON JAPAN FESTIVALとSUMMER SONICといったロックフェスに出演。なぜ欅坂はロックフェスに呼ばれるのか、運営も積極的にオファーを受けるのかいまいちピンとしていない部分がありましたが、このライブを観て合点がつきました。
まず開場後から開演までの会場BGM。アイドルの現場にそれほど行ったことがないので何が普通なのかは分からないのですが、アイドルコンサートの前のBGMは、無音であったり、自分たちの楽曲が流れていることが多い印象があります。ですがこの日の会場BGMは洋楽カバー10曲ほどのリピート。分かったのはJETの『Are you gonna be my girl』とJackson5『ABC』だけでしたが、恐らく全て洋楽の有名楽曲カバーだったと思われます。会場BGMってバンド・アーティストの色が出る部分だと思うんですが、このチョイスをしてくるあたりに、運営は欅坂46を、アイドルとしてでなくアーティストとして売っていきたいのでは?という意図が見えました。
そして舞台演出。一曲目『エキセントリック』は、アイドルライブの定番サイリウムの点灯を禁止。ステージ前の幕に歌詞を投影しながらのパフォーマンスでした。アイドルコンサートと言えば、ファンはサイリウムを焚き大声で叫ぶ、一方でアイドルはファンに向けて愛嬌を振りまく、というのがベース。ですが1曲目からサイリウムの利用も禁止し、メンバーの顔もよく見えない。そこまでしてでも歌詞を主張したい!という舞台演出。一般的なアイドルのライブでは考えられない演出に、度肝を抜かれました。それに、演出上のトロッコなどは一切なく(気球を使った演出はありましたが)、Fブロックにいた僕らはほとんどメンバーの姿を直接拝むことなくライブは終了しました。全編通して、観客側に媚びないという点でどこかアーティスト的な、一貫したものを感じさせました。

そしてセットリスト。一番衝撃だったのは、最新シングル『不協和音』のパフォーマンスが無かったこと。あとから考えればツアー・ファイナルのダブルアンコールを一層盛り上げるための伏線だったわけですが、とは言え4枚しかリリースしていないシングルのリード楽曲。一般的なことを言えば、15~20曲ほどあるセットリストの中に、4曲しか無いシングル曲を入れないというのは考えられません。コアなファンはむしろその方が嬉しかったりもしますが、知っている楽曲が多く演奏されたほうが嬉しいのが一般的なファン心理。さすがにワンマンを観に来て最新シングルを知らない人は少ないと考えられるので、『不協和音』をセットリスト内に組み込むのは定石中の定石と言えます。そこを平然と無視してくる運営。やはり、ライトなファンに媚びないという点で、アイドルというよりも「アーティスト」だなと感じました。

 

2. 不仲説を感じさせないステージ上のメンバーたち 1年で進化した振る舞い

ネット上で密かに囁かれるメンバーの不仲説。(僕が知る限り、)この話が顕在化したのはいつぞやの菅井キャプテンのSHOWROOM後から。出演していた長濱ねるの態度にあまりにも目に余る部分があり、まるで女子グループの集団イジメ(ハブり)のようだと非難轟々。僕もYouTubeで配信を全編見ましたが、世に配信されているのにこの振る舞いはいかがなものかと幻滅しました。1年前の『世界には愛しかない』全国握手会ではありがたいことにステージ目の前のブロックだったんですが、そのMCの際にもこの配信の予兆とも言える現象が。
『世界には愛しかない』全国握手会はけやき坂46メンバーのお披露目的な位置づけもあったので、MCではけやき坂上手、欅坂下手に分かれて菅井キャプテンがけやき坂のメンバーにインタビューを行うような場面がありました。その時に欅坂側の端にいたのは斎藤冬優花。ダラダラとしたMCで会場の雰囲気が悪い中、必死にけやき坂に話を振り続ける菅井キャプテン。それを嘲笑うかのように、こそこそ話を端で延々と続ける斎藤冬優花。長濱斎藤の仲がいいことを考えると、あの頃からキャプテンとの間にはわだかまりがあったんだろうなと思います。
ただ、ここで言いたいのは不仲説がどうこうでは無く、それを感じさせないパフォーマンスが素晴らしかった!という話。欅って書けない?を観ていると、いつまでも素人感が抜けず、いつになったら芸能人らしさが出るんだろう。。と思ってしまうんですが、ライブパフォーマンスを観ると印象は一転。モニター越しの印象だけではあるんですが、表情や体の使い方、MCでの立ち居振る舞いなどバラエティでのメンバーの姿からは考えられないほどアーティストとしてキレがありました。

 

3. 平手友梨奈の謎 笑顔と無表情の狭間

このライブを観て一番気になったのは、平手友梨奈の症状というか、精神状態はどういうものなのかという点。1年間現場から離れネット情報とYouTubeに上がるテレビ番組だけを情報源に生きてきました。テレビに出てくる平手ちゃんは一言も発さず下を向いているばかりですし、掲示板の情報だと病んでるだのなんだの。握手会での発煙筒事件もあったりしましたし、どういう精神状態でいるのかよく分からないままにこのライブを迎えました。
前述の通りモニターに抜かれない限りメンバーの表情までは見えない訳ですが、平手ちゃんの表情は基本的に、無。メンバーにちょっかいを出されるものの俯いたままで無表情だったり、後ろからみーちゃん(小池美波)にハグされても、少しビクッとしただけで無表情だったり。唯一笑っていたのは、アンコールでの『W-KEYAKIZAKAの詩』の時だけ。それも、ファンに向けての笑顔というよりは、何か面白いことがあったかメンバー同士でニコニコしているような感じでした。
『世界には愛しかない』のセリフのパートも平手ちゃんだけはCD音源をそのまま流していたり、明るい声を出せる精神状態では無いのかなというのは感じました。
これは、体調が悪いのか、精神状態が悪いのか、単に反抗期が重なっているのか。。 千秋楽公演では、血にまみれた演出があって迫力もあったということなので、運営に対して反抗しているだとか、欅坂の活動、自分の立ち位置にうんざりしているという可能性は低いのかなと思います。体調自体が悪かったらハードなライブツアーに堪えられないでしょうし、活動自体に影響のあるほど酷い精神状態ではないんでしょうが、相変わらず心配です。
全体を見渡すとワンマングループ感はない欅坂46ですが、アーティストとして売る中で平手友梨奈を中心に添え、軸としているのは間違いありません。これからどのように平手ちゃんが成長していくのか、心配でありながらも楽しみです。

 

4. ライブを観てこそ分かるけやき坂46の魅力

ねるそん(長濱ねる)の加入と共に立ち上がった、けやき坂46。テレビでの露出も欅坂46に比べて少なめで、一体このグループはどこに向かうんだろう、どう運営はグループを活かしていくのだろう、というのが全く見えなかったけやき坂。いかんせん生の情報が少なかったのもあり、あまり深くは追っていませんでした。SHOWROOMはたまに観たりしつつも、どの楽曲がけやき坂の曲なのか等は全く知らずでの今回のライブ鑑賞でした。
今回のライブで披露されたけやき坂46の楽曲は、『永遠の白線』『100年待てば(長濱ねるソロ)』『誰よりも高く跳べ!』の3曲。欅坂46の楽曲はダークでかっこいい曲が多いので、けやき坂のこの3曲は明るく、箸休めも兼ねて純粋な気持ちで楽しむことが出来ました。
そしてライブを観ていて魅力的だなと思ったのは、メンバーのキャラ立ち。欅坂兼任で芯の通った長濱ねるを筆頭に、煽りの上手い佐々木久美、パワーのある斎藤京子が特に目立っていたなという印象。目立っていたというよりは、会場の隅々まで音を届かせる能力というか、会場の一体感を高める能力がすごく高くて、その点では欅坂46に勝っているんではないかなと漠然とですが感じました。

 

5. ペンライトカラーに見る乃木坂46とのファン層の違い

今回のツアーで一番へぇーと思ったのは、これ。ペンライトの色がめっちゃ緑!!ちゃんとずーみん(今泉佑唯)ソロの曲では一帯が真っ黄色になっていたので推しカラーの概念は浸透しているはずなんですが、常時推しカラーにしてる人が非常に少ないです。誰かしらのソロ曲でも緑のままだったら「カラーを変える文化が無いんだなぁ」っていう話で済むんですが、なんでなんでしょう。。笑
あとは、公式のペンライトを持っている人もとても多い!他の現場で使いにくくて汎用性が低いなーと思い公式のペンライトは乃木坂でも買ってないんですが、乃木坂の現場に比べて公式ペンライトの浸透率が高かったです。この点から単純な推測をするなら、欅だけを応援しているファンが多いってことでしょうか。乃木坂の現場は48Gから流れてきた人が多いな~っていう印象があるんですが(周りの友人も大抵48グループをかじってるので)、欅は48Gや乃木坂から流れてきたファンが比較的少ないのかもしれません。楽曲のインパクトでドンッと売れたのでその可能性は十分に考えられますが、意外と乃木坂から流れてきた人って少ないんですかね。乃木坂を通ってきていたら、サイリウムも基本推しカラーでしょうし。
という訳で、欅坂46のファンは欅坂専属(?)のファンが多く、AKBGや乃木坂46からの流れファンが少ないのでは!?という考察でした。会場でファンを眺めてると乃木坂は大学生が多そうな感じがしますが、欅坂は中高生多め、おじさん層の人達は、欅のほうが厄介そうな人が多いなというのが印象です。本当に見た目だけでの勝手な判断ですが。
だからなんなんだって話ですが、欅のライブではサイリウムは緑固定がアンパイですよって話です。あと、ワンマンにしてはソロ参戦の人も多めだった気がします。これも、グループに付いてるファンの個性。ひいてはグループの色なのでしょうか。

 

6. 欅坂・けやき坂46の今後の展望は?(全くわからないのでそれらしい事を)

今後、欅坂・けやき坂46がどうなっていくのか。このライブを観て確信したのは、ど真ん中のアイドルというよりは、どちらかと言えばアーティストとして楽曲を売っていくんだろうなということ。あとは、けやき坂46のパフォーマンスを観て、欅坂が陰、けやき坂が陽という棲み分けは強まっていくだろうなとも感じました。
となると陽の部分を表現しやすいTV番組はけやき坂中心にシフトしていった方がブランディングはしやすいのかなという気はしますが、今のところそういった流れは見られません。中途半端に欅坂のメンバーがテレビでわちゃわちゃしているのはアーティストとして売り込んでいく上ではマイナスに働くのではと僕は思うんですが、ギャップがあって良いという見方をすればプラスなんでしょうか。いつまで経ってもバラエティでの素人感が抜けないので、それが好きな人には良いんでしょうが、個人的にはどうにかなってくれよと思っています。そういう意味でも、けやき坂に番組を全面的に引き渡して、アイドルど真ん中な番組作りをしても良い気はしますが。

以上、アウトプットでした!
最後までお付き合い頂きありがとうございました。