僕は社会人になるけれど

気が付けば半年間あったフリーター期間も終了間近。この期間中は週3(火~木)で国会へと通い、その他の時間はほとんどを旅行と読書に費やすことができました。
総括しようとすると話が長くなり過ぎるのでそれは避けますが、「”一番”刺激になった出来事」がたくさんあったなというのがざっとした感想です。

続きを読む 僕は社会人になるけれど

美の暴力-肉眼でこそ捉え得たメンバーの輝き-

昨日、東京ドームシティホールで行われたZip春フェスにて乃木坂を観てきました。

感想を一つ述べるとしたら、「これが”美の暴力”か」とただそれだけです。

友人が入手したチケットはスタンディング整理番号600番台。確保できたのは前方2ブロック目の上手側でした。
メンバーまでの距離は15mほどといったところ。過去に欅坂46をZeppの最前ブロックで観た経験もあったんですが、今回の経験は、またそれとは違った全くの別物でした。
続きを読む 美の暴力-肉眼でこそ捉え得たメンバーの輝き-

ユニセフ外国コイン募金

先日「ユニセフ外国コイン募金」とやらをしてきました。

あくまで使い道の無い外国硬貨を「処分する」ために取った手段で慈善の心が全く無いのが「なんだか薄情だなあ」と自分でも思います。

が、ともかくも大量の東欧、モロッコ、エジプト、トルコの硬貨を手元から離せたので結果はオーライ。

ユニセフ外国コイン募金について

この募金の概要は以下のようなもの。
ユニセフ外国コイン募金(外貨のご寄付)| 日本ユニセフ協会
続きを読む ユニセフ外国コイン募金

自由と幸福と散髪と

いつもの美容室に髪を切りに行ったんですが、僕の「美容師さんって定年の概念は持ってるんですか?」という質問から、「美容師はロボットに置き換わるのか」という話題になり、最終的には散髪文化の興りと、自由・幸福と散髪の関係の話に。

どういうことかと言えば、

・前提として、選択肢が多い(自由である)ことこそが幸福の根源
・散髪は食事や睡眠に比べれば、生きる上では副次的なものに過ぎない
・いつか、散髪することが”必需品”でなく”贅沢品”の一つになる日が来るだろう
・つまり、散髪は”必需品”でなくあくまで「幸福を支える”自由(選択肢の多さ)”を担保するもの」という立ち位置になるのでは無いか

という話でした。
続きを読む 自由と幸福と散髪と