日本最大級の混浴露天風呂に岐阜・奥飛騨で入浴|岐阜県|新穂高温泉|温泉のすゝめ6

No.6 2017年10月10日(火)  評価★★★★★★★★☆☆
【温泉名】奥飛騨温泉郷 新穂高温泉 水明館佳留萱山荘 大露天風呂 (岐阜県)

奥飛騨温泉郷 新穂高温泉 水明館佳留萱山荘大露天風呂

前々から行ってみたかった奥飛騨温泉郷。岐阜の奥の方だったので敬遠していたんですが、松本(長野)からは1時間ほどなので、そう考えると東京からのアクセスもそれほど悪くないです。

奥飛騨温泉郷には平湯、新平湯、栃尾、新穂高、福地の5つの温泉地が集まっています(箱根に湯本や強羅や塔ノ沢やがあるような感じ)。
奥飛騨温泉郷のマップ

 

今回訪れた温泉は、観光名所新穂高ロープウェーのお膝元、新高穂温泉にある水明館佳留萱山荘。

大露天風呂の看板
日本秘湯を守る会に登録されているこの温泉。「日本最大級」の露天風呂を謳っていることぐらいしか前情報が無かったんですが、すごくスケール感が大きかったです。浴槽(?)は3つあるんですが、100人ぐらい入っても余裕があるんじゃないかという広さ!
天然のユネッサンみたいだ、と友人とは話をしました。
佳留萱山荘の露天風呂
水明館佳留萱山荘の大露天風呂
混浴になっているんですが、男性は別に浴場が無いので実質ここは男湯のような雰囲気。ですが、女性もちらほらいらっしゃいました(大抵は夫婦か70歳親40子ぐらいの親子)。
入浴用の着物を有料で借りられたようですが、僕らは借りずに入りました。ですが、男性の着用率は半分ほどだったので特に浮くこともなく。湯は熱いんですが、だらだらと一時間近く居座ったかなと思います。

 

先にも書きましたが、とにかくスケールが大きいです!浴槽の大きさもそうですが、自然の中にどーんと浴場が横たわってるのがとても新鮮です。
心が洗われるとはこの事だなとしみじみと感じられたので、また機会があったらぜひ行ってみたいと思います。
のれんの裏側

受付のある建物の隅には、飲泉のコーナーも有りました。
佳留萱山荘の飲泉

大きい岩が浴槽の側に横たわっていたので、勝手にチャイティーヨと名付け崇めてました。ご利益、ありそうな無さそうな。笑
水明館佳留萱山荘大露天風呂の岩

※浴場の写真は、退去時にたまたま入浴者が他にいなかったので撮影しました。

↓佳留萱山荘のサイトはこちらです!
【公式】水明館佳留萱山荘 – 高山 – 日本

最後に分析表を。
佳留萱山荘大露天風呂の成分表

《基本情報》
所在地: 〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555
アクセス:中央自動車道を利用し、新宿から車で4時間10分
料金:800円
電話:0578-89-2801
URL:http://www.karukaya.co.jp/open-air-hot-spring
近くの観光スポット:新穂高ロープウェー 車で5分,奥飛騨クマ牧場 車で15分
《温泉情報》
泉質名:単純泉(低張性・中性・高温泉)
湧出量:500㍑/分(昭和63年)
色→透明 臭い→やや硫黄臭 肌触り→ややツルツル
泉温:源泉66.2℃ 体感41℃~44℃
pH値:
適応症:一般的適応症
浴槽:内湯0,露天3,洞窟有り
その他:うたせ湯, 洗い場1

「日本最大級の混浴露天風呂に岐阜・奥飛騨で入浴|岐阜県|新穂高温泉|温泉のすゝめ6」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です