鳥取の名湯を共同浴場にて|三朝温泉「株湯」|鳥取県|温泉のすゝめ40

No.40 2018年11月19日 評価★★★☆☆ (また行きたい)
【温泉名】三朝温泉 「株湯」(鳥取県東伯郡三朝町)
前日に九州旅行を共にした友人と別れ、この日は一人、山口・湯田温泉から神戸までの道のり。
途中でどこか温泉に寄れたらな~と思い鳥取にある秘湯を目指したものの時間が足りず、たまたま通りかかったのが三朝(みささ)温泉。

三朝温泉について

平安時代末期、1164年に発見されたとされる鳥取・三朝温泉。

泉質は、放射能泉。ラジウム温泉。
高濃度のラドンを含有している源泉だそうですが、もちろん目には見えませんし、湯から肌で感じることも出来ません。

ただ、1992年の調査によれば三朝地区のがん死亡率は全国に比べて1/2とのこと。
それが事実ならば、大変な効能です。

三朝温泉 – Wikipedia
三朝温泉旅館協同組合│宿泊施設&観光情報満載│三朝温泉旅館協同組合

「株湯」入浴記

三朝温泉で立ち寄った湯は、この「株湯」と「河原の湯」の二箇所。
「株湯」は三朝温泉発祥の地とされる場所で、建物は建て替えられていて新しい、シャワーの無い、いわゆる公共浴場です。

温泉の前には、三朝温泉発見に関わる銅像も。

到着したのは平日月曜日の14:00過ぎ。
駐車場には車が5台ほど。

まずは飲泉。

えぐ味や癖はなく、「温泉ってこんな味だよね」というのが感想。
ランニング途中に飲んでいるお兄さんもいたりしたので、その姿を想像すると、何となく味のあっさり具合もイメージも出来るのではないかなと思います。

そして温泉へ。
ネットの口コミを見ると口うるさい常連が多いとのことだったので、少しビビりながら受付で入湯料を支払い。
「しっかり身体を流してから入ってくださいね」とぶっきらぼうな口調で釘を刺され、若干ビビリ。

小奇麗な脱衣所でさっと服を脱ぎ、安心はお金で買えるので、有料ロッカーに荷物を。

浴場はこじんまりしていて、浴槽は5人入れば一杯。
洗い場は4ヶ所ほどだったかと思いますが、シャワーは無く、蛇口からお湯を出して桶を使って身体に掛けるスタイル。

お湯は、とにかくめちゃくちゃ熱いです。
受付でも「熱いですよ」と言われていたんですが、にしても熱い。

ラジウム温泉ということで身体で泉質を感じることはありませんが、印象としては、「ジリッと熱かったな」と。

平日真っ昼間にも関わらず浴場には自分含め最大6人ほど人がいて驚きでした。

湯上がりにも飲泉し、入浴終了。

「株湯」の情報

〒682-0123 鳥取県東伯郡三朝町三朝634-1

アクセス(公共交通):JR倉吉駅より路線バスで20分
☎0858-43-3022(三朝温泉旅行協同組合)
公式サイト:三朝温泉のお湯を楽しむ│宿泊施設&観光情報満載│三朝温泉旅館協同組合

総合評価

【泉質(弱放射能温泉)】
★★★★☆ 4.0/5.0
珍しい放射能温泉。
熱さもあり、肌には特に何も感じず。
【湯質(掛け流し有無)】
★★★★☆ 4.0/5.0
掛け流し、めちゃめちゃ熱い。
人が多く温度も高いので、そこまで湯質がいい状態に保たれていた印象は無し。
【温泉設備】
★☆☆☆☆ 1.0/5.0
洗い場、浴槽、のみ。
【施設の雰囲気】
★★★☆☆ 3.0/5.0
よくある公共浴場。
地元の人達が黙々と湯浴みに取り組む場所。
【総合評価】
★★★☆☆ (また行きたい)
 
↓ブログランキング参加中です↓
↓宜しければワンクリックを!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

ブログの更新情報はぜひTwitterにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です