忘帰洞男湯の入口

日本最大級の洞窟温泉|和歌山県|紀伊勝浦温泉|温泉のすゝめ17

No.17 2018年2月28日 評価★★★★★★★☆☆☆
【温泉名】紀伊勝浦温泉 ホテル浦島(和歌山県紀伊勝浦市)

紀伊勝浦温泉 ホテル浦島

ホテル浦島!2年前に一人で日帰り入浴して以来の訪問。
ここのホテルが凄いのは、何よりその規模。温泉が合計で5ヶ所以上もあり、うち2つは洞窟風呂。端から端までのんびり歩くと、10分近く掛かります。
ホテル浦島の温泉一覧
ホテルへも、陸路では向かうことが出来ず連絡船に乗船。
ホテル浦島の、亀の連絡船

浴場によって源泉も違うようで、基本は硫黄泉ですが、それぞれに若干雰囲気が違います。
ホテル浦島 入浴に際する注意書き
ただ、入浴後は肌がパリパリするのが共通項。更衣所に化粧水か何か置いておいてくれたらと思うんですが、どこもヘアトニックしかありません。(恐らく女湯には設置されているんだろうと思いますが)

一番大規模でこのホテルの宣伝にもよく使われているのは、忘帰洞。
忘帰洞の説明文
忘帰洞の中だけで4つ浴槽があり、洗い場も無数に。どの浴槽からも岸に打ち付ける波の様子を見ることが出来ます。洞窟の中に波の音も反響するので、個人的には没入感があってそれも好きです。

施設としての楽しさは★8つ。
ですが、泉質があまり魅力的でないので、そこだけマイナスで★7つです。

☆基本情報☆
所在地:〒649-5334 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165−2
アクセス:連絡船乗り場まで 紀伊勝浦駅から徒歩10分/名古屋市内から車で3時間半/大阪市内から車で3時間15分
料金:朝食付き一泊8000円/日帰り入浴1000円
電話:0735-52-1011
URL:http://www.hotelurashima.co.jp/
近くの観光スポット:太地町立くじらの博物館 車で15分,那智の滝 熊野那智大社 車で20分,アドベンチャーワールド 車で1時間40分
☆温泉成分情報☆(忘帰洞)
泉質名:含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物温泉(低張性・中性・高温泉)
湧出量:574L/m
色→白濁 臭い→硫黄臭 肌触り→やや硬い感じ
泉温:源泉51.5℃ 体感42℃~44℃
pH値:7.3
適応症:一般的適応症、きりきず、末梢循環障害、冷え症、うつ状態、皮膚乾燥症、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症
浴場:4箇所入浴可能 うち2つは海沿いの洞窟風呂 2つは内湯(1箇所は男女入れ替え制で露天も有)

~温泉成分分析表~
ホテル浦島 忘帰洞の温泉成分分析表
ホテル浦島 忘帰洞の温泉成分分析表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です