エア・チャイナ、B777-300ER

【搭乗記】エア・チャイナCA931便 北京国際空港→フランクフルト国際空港 B777-39LER

遂にドイツへと帰国。
中国国際航空AIR CHINAでの、北京→フランクフルト便です。
2017/3/5

搭乗ルート

今回の搭乗は、AIR CHINA 中国国際航空CA931便。
北京国際空港14:00(GMT+8)発フランクフルト国際空港18:15(GMT+2h(サマータイム))の、10時間15分のフライト(になるはず)でした。
北京→フランクフルトの航路

 

機材 B777-39LER(B-2038)

機材は、10日前のフランクフルト→北京便と同じくB777-39LER(B-2038)。
エア・チャイナ、B777-300ER
エコノミー座席は3×3×3。
画面はもちろん付いてましたが、僕の席は「PASSENGER ANNOUNCEMENT」の表示が終始出っぱなしで映画等見ることは出来ませんでした。
それはそれで仕方ない、とCAさんに声をかけることもせずずっと本を読んでました。

 

北京国際空港(PEK)

この日は昼の搭乗だったので、东直门駅からエアポートエクスプレスで空港へ。
手荷物検査がありますが、有名無実化してる様子。北京地下鉄の手荷物検査場
チケットは売り場で購入。25元。40元渡したのに5元しかお釣りが来なかったので文句を言ったらちゃんと15元返ってきました。これだから海外は油断ならない。。
それほど混雑もしてませんでしたが、荷物を下ろすのも面倒なのでドア付近に。
雰囲気は、ロンドンのヒースローエクスプレスを真似ているのが丸わかりでした。笑北京国際空港へのエアポートエクスプレスの内部
空港までは20分強。始めにターミナル3に着くので、下車。北京国際空港の鉄道駅
出発が14:00で空港に着いたのは11:30となかなか早めだったんですが、チェックインカウンターはすでに開いてました。ので、チェックインと手荷物預け。フランクフルト行きの搭乗券
改札を通って、ターミナル内列車で国際線のビルへと移動。
出国審査を済ませ、手荷物検査。
そして免税エリア!ブランドの免税ショップもあるにはありますが、それほど目立った感じではなく。
外の見える中華料理店で昼食。
豪勢めなセットが92元とそこまで高く無かったので、せっかく中国最後だしということで注文。
やっぱり、本場のキクラゲは美味しかったです。(他のものも美味しかったです)
北京国際空港の中華料理店
そして、だらだら時間を潰し、搭乗開始。
13:30には搭乗開始しました。

 

搭乗記

乗客の搭乗完了は出発予定時刻より15分は前の13:45。
これはバッチリ定時スタートだと思いきや、プッシュバックの開始は定時より1時間20分遅れの15:20。
アナウンス曰く、traffic jam(交通渋滞)で出発が遅れているとのこと。
にしたって、1時間以上も渋滞で遅れるって、そんなの日常茶飯事だろうしだったら出発時刻も元から遅らせておけばいいものを。。
そしてタキシングも止まったり動いたりを繰り返しながら50分。
結局テイクオフは16:00過ぎでした。
フライト自体は快適で、少し不安だった2度の機内食もとても美味しかったです!(写真だと全く美味しそうに見えませんが笑)エア・チャイナ、北京→フランクフルト便の機内食
エア・チャイナ、北京→フランクフルト便の機内食
ランディングは20:45、スポット到着は定刻2時間40分遅れの20:55でした。
僕は乗り継ぎが無かったから良かったものの、乗り継ぎの方たちはさぞかし大変そうでした。。

 

フランクフルト国際空港(FRA)

〇〇便乗り継ぎの方!!と叫ぶ大量の空港職員に出迎えられ、フランクフルト空港第1ターミナルに無事到着。
いつも通りフランクフルトの入国審査列はほとんど皆無。一瞬で通過。
手荷物が出てくるまでは30分以上かかりましたが、無事に届いてくれたので問題なし。
標識に従ってS-Bahn乗り場へと向かい、4.8€(¥576)で切符を購入。
無事にフランクフルト中央駅、宿に到着しました。2時間遅れ。。

 

おわりに

心配だらけだった中国国際航空でのドイツ東京の往復。
最後に2時間の遅延はありましたが、特に痛い目には遭わずに乗り切りました。
総合的にみれば、往復6万円という安さを考えれば十分過ぎるクオリティーでした!
出来るならばこれからは直行便を使いたいとは思いますが、またお世話になる日は来る気がします。
では、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です