ミラノ中央駅の様子

イタリア最後の都市ミラノへ移動。早速スリ未遂の洗礼を。。(南欧周遊旅行記Day7/18)

南欧周遊旅行7日目。
この日はベネチア到着3日目、午前中はベネチアを観光し、15:02発の列車に乗りミラノへ。
スリ未遂に遭いながらもどうにか宿に辿り着き、ケバブを平らげ床に付いたのでした。ではでは。。
2017/3/13 ベネチア→ミラノ(イタリア)

Campanile di San Marco/サン・マルコ教会鐘塔

この日も友人はダウンしていたので、チェックアウト時間を14:00まで伸ばしてもらい、友人はホテルに取り残し。
一人ベネチア本島(?)へと観光へと向かいました。
前日も散々島内は歩き回ったわけですが、一つやり残したことがあると言うことで。
と言うのも、ベネチアの目玉サン・マルコ教会の鐘塔に上っていなかったんです!
ベネチアの鐘塔
この鐘塔からはベネチア全体が見渡せると言うことで、カメラ持ちからしたら欠かせない観光スポット。
そんな訳で一人登頂に向かった訳です。
メストレ駅から電車に乗りサンタルチア駅へ。そこから徒歩で20分ほど。
入場料は8€。(1€=¥120→¥960[以下同一レート])
チケット購入の列に並んでからエレベータでの登頂まで、30分程かかりました。
観光シーズンはもっと並ぶかと思います。
塔に並ぶ人々の列
最上階の様子。
そこまで広くはありませんが、人ですし詰めな感じでも無いです。
塔の内部の様子
そしてベネチアを一望!!
8€の価値ありの眺めでした。
サン・マルコ教会鐘塔からの眺め
サン・マルコ教会鐘塔からの眺め
サン・マルコ教会鐘塔からの眺め
高さ的には、バチカン市国のサン・ピエトロ教会よりも低め。改めてサン・ピエトロの凄さを実感しました笑

 

《移動》Venezia Mestre/ヴェネツィア・メストレ駅→Milano Centrale/ミラノ中央駅

前述したようにEurailpass(15日間のヨーロッパ圏内乗り放題乗車券)を持っていたので、座席の予約のみネットで行い(1席10€(¥1200))、乗車。
利用したのは15:02ベネチア・メストレ駅発17:15ミラノ中央駅着のFrecciarossa9740便。
メストレ駅には14:50頃入線。
座席はボックス席でした。
車窓の風景。
イタリアの車窓からの風景
もちろんトイレもありますし、食堂車もあったりで快適でした!
 

《移動》ミラノ中央駅→ホテル イタリアでのスリ初体験談

ミラノ中央駅からホテルへと移動。
バスか地下鉄か悩んだんですが(結果的にバスがベストでした)、地下鉄を利用してみようと言うことで地下鉄に。
地下鉄改札近くの商店で、48hメトロ、トラム、バス乗り放題券を8.25€(¥990)で購入。
散々スリに気をつけようスリに気をつけようと言って列車に乗り込んだんですが、まさかのスリ師が目の前に笑
女性で、見た目は普通の人。PLADAのロゴの入ったサングラスを頭にして、革ジャンの上から怪しげな水色の安っぽいスカーフを肩掛けしてました。
友人は貴重品の入ったショルダーを体の前に掛け、その上からさらにリュックサックを前掛けしていたんですが、貴重品の入ったバッグを狙って手を入れられたとのこと。
友人はそれに気付いて防いだ後は、そろそろと移動して僕の前に。
目付きがオロオロして怪しかったので、そちらに軽く睨みを利かせつつ、前掛けした貴重品の入ったショルダーバッグを、カメラを持った手でチャックを押さえながらガン見。
さすがに視界の中では活動できないようで、特にアクションは起こさずでした。
降り際には、こっち来るなとメッセージを込め、軽く突き飛ばして降車。
ミラノ到着10分での出来事だったので、ミラノに対する印象は最悪に。。笑
結局は何もスられることなく、宿には辿り着けました。
渋滞が酷かったです。
ミラノ市街の渋滞の様子
 

《宿》Hotel Berlino

ミラノの中心街はあまりにも宿泊費が高かったのでこちらのホテルに。
料金は、ツインベッドで2泊119.68€。一人一泊29.92€(¥3590)でした。
Booking.comでの評価はそこそこ高く、朝食が付いていたのでこちらをチョイス。
アクセスは、中央駅からはバスで一本。
観光スポットのドゥオーモへもトラムで一本で出られるので、値段が安い割にアクセスはなかなか良いです。(どちらもホテルまでは停留所から徒歩1分)
部屋は普通のホテルですが、清潔感は凄くありました。
冷蔵庫付き、バスタブは無しです。
朝食は簡単なバイキング形式。豪華では無いですが、値段を考えれば十分です。
少し中心街からは離れますが(公共交通機関で30〜40分程)、値段の安さとアクセスの便利さが魅力です!
お金に制限がある旅行にはオススメできます!

 

夕食 Istanbul Kebap

宿の近くに何があるか等もよく分からなかったので、地下鉄駅から宿までの途中で見かけたケバブ店に。
二日連続で夕飯はケバブ。笑
パンケバブ(?)を注文。1つ4€。
ミラノのケバブ
前日のベネチアのお店ではクレープ生地のようなものを使った、太く短いものがら「ケバブ」と注文すると出てきたんですが、こちらのミラノのお店では、ナンのような食感の、それでありながら外はカリッとしたパンの中に具を詰めたタイプのものでした。
ヨーロッパに来て20店舗ぐらいはケバブ店を利用したかと思いますが、お肉も柔らかくて美味しかったですし、パンも初めて食べるタイプで凄く美味しかったです!
ヨーロッパで、イタリアで、安いご飯を食べるならケバブです!
宿から10分程歩きますが、Hotel Berlinoに泊まるのであればオススメ!!

 

帰宿・就寝

その後は、ミラノの街に恐々としながら宿へ。
2泊あったので1週間分溜まった下着類を洗濯し、就寝。7日目が終了しました。
 

おわりに

この日の印象に残ってしまったのは、どうしてもミラノでのスリ未遂。
メトロは危ないとの話もありましたが、バス停を探してうろちょろするのも嫌だなと言うことでメトロでの移動を選びました。で、結果がこれ。
散々警戒していたので何も取られずに済みましたが、メトロには乗るもんじゃ無いなと実感しました。(特にピーク時には)
ミラノに行かれる方は、Google map等で宿への動線をしっかり確認して、迷いなく行けるように予習をしておくことをオススメします。
到着が夜遅かったりする場合は、迷いなくタクシーを。。
ではでは、最後までご覧いただきありがとうございました!
翌日は丸一日ミラノ観光。
ドゥオーモを中心に腫瘍観光スポットを回り、レオナルドダヴィンチ博物館を訪問します。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です