歩いて歩いて歩いてのベネチアでの1日。 歩き倒してこそ味わえるベネチアの街並み。(南欧周遊旅行記Day6/18)

この日はまるまる一日中ベネチア!
友人が胃腸炎やら何やらで床に臥せっていたので、一人でひたすら街を歩き回ってました。
これと言った観光名所は多くないベネチアの街ですが、カメラを持っての散策にはもってこいの場所でした。ではでは。。
2017/3/12 ベネチア(イタリア)

ベネチア散策

というわけでベネチア散策。
本当は水上バスを使ったら楽だったんですが、あくまで写真を撮って回りたかったので、全て徒歩で。
撮影した写真を幾らか。
ベネチアの水路
ベネチアにいたネコ
ベネチアの水路
ベネチアにいた、釣りをする兄弟
街並みの写真を撮るおじさん
この先紹介するもののほとんどはたまたま遭遇しただけの場所なので、有名なのか等は、不明です。笑
あくまで参考までに。。
 

Arsenale di Venezia/アルセナーレ・ディ・ヴェネツィア

とにかく東を目指そうと歩いていたら遭遇した水門のような建物。
ベネチア兵器庫
兵器庫という名前が付いていますが、外からサーっと写真を撮っただけなので実態は不明です笑
場所はここです。

ここから南に出ると、観光の中心街方面を見渡せます。
ベネチアの海の眺め
 

Parco delle Remembranze

またまた東を目指していたら遭遇した、「市民の憩いの場」の呼び名がまさに相応しいような公園。
ベネチアの公園
あまりにも島の東に位置しているので、観光客はかなり少ないように見受けられました。
ベンチで本を読むおじいさんや、マラソンをする青年などなど。。
公園を走るランナー
さらに東のブロックには軍の施設があるようで、制服の方もいくらか見受けられました。
緑もあって海もあって、お散歩にはもってこいの場所です!

 

Piazza San Marco/サン・マルコ広場

サン・マルコ広場。
サン・マルコ広場
サン・マルコ大聖堂の前に位置するこの広場ですが、そこを囲う建物に迫力があります。
大聖堂の鐘塔もあったりして、ベネチア観光の目玉が集まる中心地です!
サンマルコ大聖堂

 

夕食① Acqua e Mais

歩いていたら遭遇したお店。
ベネチアのファストフード店
謳い文句によれば、「ベネチア一(イチ)のストリートフードのお店」とのこと。
前日前を通りかかった時に気になっていたイカを。
小イカのファストフード
言うてしまえばイカの姿焼きですが、美味しかったです!
ベネチアのこの雰囲気の中で食べる海鮮は、格別です。他にも色々な食べ物があったので、ぜひお試しください!

 

夕食② Steval Pizza e Kebab

学生ヨーロッパ旅行の強い味方、デュナーケバブ!
ケバブ店の外観
わざわざヨーロッパに来てトルコ料理?の気持ちも分からなくも無いですが、ヨーロッパ中どこにでもある、欧州全体に染み付いているファストフード。
値段は3〜4€居(1€=¥120→¥360〜¥480[以下同一レート])ほどで、街や国ごとに味や形が微妙に違うのが楽しいです。
ベネチアの観光地にも、3,4軒はありそうでした。
店内には大抵地元の方しか居ませんが、お金がない時には強い味方になります!
ベネチアのデュルムケバブ(ラップのようなもの)は、ドイツのものと違って少し太い分長さが短く、皮がパリッとしているのが特徴的でした。
ベネチアのケバブ
店内には、中学生ぐらいの青年2人組のみ。笑
美味しかったです!!

 

帰宿・就寝

その後はスーパーで買い出しをし、電車に乗って宿へ。
宿では病に伏せる友人を横目に買って来た生ハムと安ワイン(250mlパック×3で1.3€(¥156))で晩酌。
生ハム
友人のところにイタリア人医師の往診が来て、胃腸炎と診断。。
この先どうなるやらな感じで6日目が終了です。
 

おわりに

丸一日のベネチア探索。かなり足腰は消耗しましたが、楽しかったです。
旅行記を見たりすると1日で十分なんて方もいたりしますが、カメラを持っている身からすると1週間は入られそうな雰囲気でした。
何か特定の観光地を巡る!って言うよりも街並みの美しさや面白さが魅力なので、それを隅から隅までとなると、1週間は掛かるなと。。笑
軽い観光なら、1日でもなんとか、2日間あれば十分って感じだとは思います。参考にしてください!
では、最後までご覧いただきありがとうございました。
翌日は軽くベネチア観光とミラノへ移動、早速スリ未遂に遭遇ーの巻です。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です