<4泊5日ライブ遠征の旅>ロンドン/London(イギリス)part2~キョウトガーデン・大英博物館~

【場所】ロンドン/London(イギリス)
【期間】2016/12/2〜2016/12/6
【目的】ライブ(BABYMETAL/RHCP)鑑賞・観光
【同行者】一人旅

2日目です。
前日は早寝だったので、早くから行動開始。7:30に朝ごはんを食べ、8:00過ぎにはチェックアウト。
まずは、地図を眺めてて気になったので、キョウトガーデンへ向かいます。

最寄の’Queensway’駅までは5分ほど。自動券売機で、一体何を買えばお得に3,4日間過ごせるのか吟味。
1日乗車券か?とも思ったんですが、ヘルプ画面でこんなのが。

数日間、日毎に数回乗り降りするならOysterカードがおトクだよ、との事だったので、Oysterを購入。
いわゆるSuicaやらPASMOみたいなのです。
5£(1£=150円→750円[以下同レート計算])のデポジットがあるのも日本と一緒ですね。
現金対応の券売機はどこの駅も大抵1,2台のみ。
クレジットカードで、30£(4500円)のチャージとともに購入しました。ロンドン地下鉄の、券売機画面

で、キョウトガーデンの最寄、’Holland Park’駅へ。ほんの2駅。2.4£(360円)。
駅から徒歩3分、Holland Park。
ホランドパークの入口
この公園の中に京都庭園があるそう。
季節が季節だけに寂しい感じもありましたが、孔雀やらリスやら居ました。
公園内にいた孔雀ロンドンのクジャク
推奨も禁止もされてませんでしたが、餌付けされてるらしく、餌を持ってない僕のとこにも寄って来ました。笑
ちょっとしたエサを持って行ったら楽しいかも。

で、京都庭園。
ロンドン京都庭園の入口看板
京都庭園の入口
ポケモントレーナーへの但し書き。
ポケモンGOに関する英語での注意書き
普通の(?)日本庭園です。
庭園内での様子
外国人の方々は、みなさん池の中を必死にとってました。
どうやら、鯉の存在が珍しい様子。
ロンドンにいた鯉
5分で観終わるスケールですが、ロンドンにこういう場所があるのは何となく嬉しかったです。
その後はホランドパーク内を散策。
オランダ式庭園があったり、スポーツ広場があったりしました。
ロンドン、オランダ庭園内の様子地球儀のような置物
広々した、ロンドンのサッカー広場
サッカーをする少年
庭園の中でチェスも出来るようで笑
公園にあった、サイズの大きいチェス盤

庭園を南に抜けたら、最寄の’High Street Kensington’駅から’Notting Hill Gate’駅での乗り換えを挟んで、’Oxford Circus’駅へ。

地下鉄に乗る時って「何処行きかは書いてあるけど、自分の行きたい場所に行くのがどの方向か分からない!」って結構あるかと思うんですが、ロンドンは大抵最後の階段を降りた正面に路線図があるので分かりやすいです。(無ければホームにあります)
ロンドン地下鉄の方向案内板

ここがこの先3日間の宿の最寄だったので、一旦宿に立ち寄り、大きな荷物だけドロップ。

ショッピングストリートのど真ん中です。
ショッピングストリートで名高いオックスフォードストリートの様子を少し。
ハイドパーク沿いにはたくさんバスが並んでます。
ロンドンの2階建てバス
これもハイドパーク近くの広場。謎の卓球台。
ロンドンの街中にあった卓球台
大手日系企業。
ロンドンにあるアシックスの店舗
ジューススタンド。
ロンドンの街中のジューススタンド
立派な建物。百貨店です。
中心街にある百貨店の外観

宿には着いたんですが、チェックインはまだ出来ないとのことだったので、地下のコインロッカーに。2£(300円)。
ユースホステルのコインロッカー
その後は、宿から徒歩10分ほどの大英博物館(The British Museum)に。大英博物館の入口

簡単な手荷物検査があるだけで、スッと入れます。入場無料。特に途中で課金が必要なポイントもありませんでした。
大英博物館の外観
色んな展示があります。ガイドブック等では、「何日あっても回りきれません!」だの「観たいものを決めて行くのがオススメ!」だの書いてありますが、何の下調べもなく適当に行った身からすると、何も考えずに行くのもこれはこれでオススメです。

じっくり観ると言っても、まず第一、説明は全て英語なので途中で飽きるし疲れる。
だったら、適当にフラフラ歩いて、気になるゾーンにぶつかったらじっくり観るので十分だと思います。
僕も、「時計」「お金」「日本」の展示が凄く面白くてこの3つはじっくり観ました。
大英博物館、日本の展示の入口
全館”周り”ましたが、所要時間は2時間ほど。
感性に任せて周るの、個人的には、オススメです。笑
気に入ったものを少し紹介。
いつぞやの石棺。
大英博物館にあった石棺の展示
いつぞやの木棺。
木棺の展示
モザイク。
鹿のモザイク画
ロンドンのモザイク画の展示
なんとなく見覚えがあるやつ。
バイキングの帽子
時計シリーズ。
大英博物館の時計の展示
大昔の置き時計
たくさんの懐中時計が並ぶ展示
木製の置き時計
舟形の置き時計

一通り見て回って、ショップで木製のポストカードを買ったりしたら、退散。徒歩で一旦宿に戻って体勢を整え、’Hyde Park’の北東広場で行われているクリスマスマーケット(遊園地?)に!!

その前に折角なので宿から南下し、’Piccadilly Circus’のあたりを散策。シアターがたくさんあります。
ロンドンの、レ・ミゼラブル専用劇場の外観
ロンドン、ソーホー地区の街並み
適当にふらついてたんですが、バスで目的地に行けそうな事が判明したので2階建バスにトライ!
ロンドンの2階建てバスに乗車
Oysterを持ってるので、乗車時にタッチするだけでオーケー。
何だかよく分からないんですが、公共機関利用額の上限があるらしく、バスでの移動は一切お金を取られませんでした。ラッキー。笑
と言うより、この上限制度があるからOysterが券売機でオススメされたんだと思います。(詳しいことはそれらしいブログをググって下さい。。)
しかし問題は、渋滞がひどい事。
夕方ピーク時ということもあり、所要時間18分となってる所が1.5時間ほど掛かりました。

で、’Hyde Park’の’Winter Wonderland’。
ウィンターワンダーランドの展示
人が多すぎ、断念。笑
夜のハイドパーク
入場列が凄かったのと、入場にお金取られるのかとかも分からなかったので、無理して入るとこでは無いなと。

帰りも懲りずにバス。
所要時間は30分ぐらいでした。
‘Oxford Circus’で下車し、クリスマスイルミネーションが綺麗だったので、’Piccadily Circus’まで散策しつつ南下。
夜のオックスフォード・ストリートクリスマスイルミネーションのロンドン市街
サンタ帽を被ったロンドン市民
中華街もありました。
ロンドンの中華街の門
夕飯を食べようと思ったんですが、どこの店も学生には厳しい値段だったので四苦八苦。
この日だけで3,4軒は市内で見かけた’Wasabi’と言う名の怪しい(?)弁当屋さんへ。
弁当店わさびの外観
ラインナップを見ると、安い!魅力的!
ロンドンのお弁当
Chicken Teriyaki BentoとMiso Soupを購入し、店内で。
照り焼きチキン弁当と味噌汁
普通に美味しいです。そりゃオリジン弁当には勝てないですけど、十分日本の味。
その後はナイトライフを楽しむこともなく、歩き疲れたので宿へ。そそくさと就寝しました。
宿は、YHA Oxrord Street。

ユースホステルはどこも大抵綺麗なんですが、ここは賞を取ったりもしてるようで、特に綺麗。シーツもセットされてます。
土曜は少し高かった(35£ほど)ですが、3泊で65.52£+前金7.19€(1€=120円→9,828+862=10690円)。朝食は無し。
部屋はこんな感じでした。
ロンドンのユースホステルの室内
南京錠は持参です。
室内の荷物入れロッカー
清潔感は抜群。
謎にスリーベッドで、洗面だけ室内。シャワーとトイレは共用です。
部屋にあった水洗

こんな感じで、2日目も終了。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です