逆光に輝くロンドンアイとビッグベン

テムズ川に沿ってさくっとロンドン観光を(旅行記Day7)

前日にロンドン入り。この日は朝から、日本からサッカーを観に来た友人とロンドンに留学に来ている友人の2人と合流。
イギリス在住民の案内でロンドンを巡りました。
そこまで濃い感じの旅行記にはなりませんが、もし興味がある部分があるようであれば、参考にしてもらえれば幸いです。
宿は相変わらず、Day6で紹介しましたスマートビューホステルです。では。
2017/2/24 ロンドン(イギリス)

 

トラファルガー広場

友人たちとの集合場所はCharing Cross駅。11:00に集合。

地下から階段を上がるとトラファルガー広場に出ます。
英国一の美術館、ナショナルギャラリーの前に広がるトラファルガー広場。
快晴のトラファルガー広場
前にも書きましたが、それほど「めちゃくちゃすごい」事はありません。笑
そこからは、徒歩で南へ。
途中のHorse Guards Paradeで馬を見ることが出来ました。
門にいる馬
騎馬警備隊

ビッグ・ベン

2度目のロンドンなのでそこまでの感動はありませんでしたが、やっぱり立派。
ロンドンアイをバックにしたビッグベン
上の方の装飾とか、遠くてよく分からないですが、凄い。
丁度12:00だったので、日本人お馴染みのキーンコーンカーンコーンを聴けました。
柵越しのビッグベン
その後はテムズ川を渡りロンドンアイ(観覧車)側へ移動。

テムズ川沿い散策

友人の案内に従って、テムズ川を東へ。。
途中、橋からの眺め。
逆光に輝くロンドンアイとビッグベン
観光客はスルーしがちだけれど、ここからの眺めがいいんだ!と紹介してくれました。

とんとん拍子に川沿いを進み、テートモダンへ。

Tate Modern/テートモダン

テートモダン。

なんでテートモダンに寄ったかと言えば、日本から来た友人が相対性理論の『帝都モダン』に触発されたため。
と言うことで、特に展示に興味があるわけでもなく。。笑
ワンフロアをさーっと観て、ショップに立ち寄って退散。
テート・モダン内部
入場は無料です。

昼食 Co-op

昼食をのんびり食べる時間がなかったのと、なるべく安く済ませたいと言うことで、テートモダンの裏にあった生協に。
パン2つ、スライスのゆで卵、飲み物の4点で4£(¥560)ほど。圧倒的安上がり。
ダブルデッキ(2階建バスのことをこう呼ぶらしい)で食べました。
ダブルデッキ内で生協のたまごを
バスを降りたら草むらに放置されていたサメのぬいぐるみ。。
街中に放置されていた魚のぬいぐるみ

London dangion/ロンドンダンジョン

そもそもなぜ時間がなかったのかと言えば、このロンドンダンジョンの予約時間が迫っていたから。
場所はここ。

観光客ならば必ず通る、ロンドンアイのふもと。
コンセプトとしては、お化け屋敷の要領で、ロンドンの歴史に触れてみましょう!と言ったところ。ディズニーのアトラクションみたいなノリです。
当日チケットには列が出来てますが、前もってネットで予約しておくとほとんど列に並ぶことなく入場可能。単体で購入すると30£(¥4200)。他のアトラクション(水族館、マダムタッソー、ロンドンアイ等々)とセットで購入するとお得です。
友人2人が乗り気だったので勢いでついて行きましたが、英語がほとんど理解できず玉砕しました。日本語での解説等は一切ありません。(アンケートに日本語中国語が無かったので、英語をある程度理解できるヨーロッパ人向けに作られているアトラクションのようでした)
ロンドン留学している友人は普通に理解できてましたが、僕らはさっぱり。
途中からは話は全く聞かず、雰囲気とか装飾とかを楽しんでました。
自分の選択ミスではありますが、30£の元は取れなかったかな。。と言ったところ。
アトラクションは1時間ほど。
ロンドンで実際にあった火事や殺人鬼の事件等々、それぞれのセクションにテーマに沿ったキャラクターに扮したキャストさんが居て、雰囲気たっぷりに色々な説明をしてくれます。
確か、10セクションくらいはあったかと。
ただでさえ慣れていないイギリス英語に加えて、いかんせんホラー要素があるので、喋り方も早口で独特め。
「大学受験で英語が得意でした」程度ではほとんど理解できないかと思います。(僕の話)
対象年齢は若干低めな感じもしましたが、ホラーが好きな方は行ってみたら楽しめるかと思います!
(施設内は撮影禁止でした。)

Tower Bridge/タワーブリッジ

ロンドンダンジョンから川沿いを北、東へと歩くこと20分ほど。タワーブリッジ。
夜のタワーブリッジ
言わずと知れた、ロンドンの観光名所。
外観だけさーっと見学。
タワーブリッジを前に、振り返るとある新しい建築群。
ロンドンの新しい建築群
橋を渡ってロンドン塔側へ。
タワーブリッジの上から。
夜のタワーブリッジを走り抜けるダブルデッキバス
Tower Hill駅から地下鉄に乗ってPadington駅へ。

夕食 Hilton London Padington

友人は日本からのツアーでHilton Padingtonに宿泊しているので、1階のラウンジで夕食を。
色々あって、ご馳走になりました。
注文したのはさつまいもやナッツが特徴的なサラダ、9£(¥1260)。
ヒルトンのラウンジで食べたサラダ
ボリュームたっぷりで、さすがはヒルトン、めちゃくちゃ美味しかったです。
ドレッシング自体の味は薄めなんですが、ドライトマト、ナッツ、チーズがそれぞれに甘かったり塩っぱかったり、すごくバランスの整った味でした。

帰宿・就寝

その後は徒歩で自分の宿へ。徒歩5分。
宿は前日の記事でも紹介しましたが、Smart Hyde park view Hostel。
一泊は12£(¥1680)で朝食付き。
Wi-Fiが弱かったりはしますが、パディントンが徒歩圏内で中心街へのアクセスも15分以内なので、そのことを考えるととんでもない格安です。
Smart Hyde Park View Hostel(Booking.com)

おわりに

ロンドンをさーっと回りました。
やっぱり、河川のある街はいいです!(テムズ川は汚いですが)
川沿いを巡るだけでも、観光アクティビティ、現代美術館、歴史的建造物と様々なものに触れられて、ロンドンはつくづく面白い街だなと再確認できました。
翌日はアビーロード、マダムタッソー、プレミアリーグ(サッカー)観戦の3本立てです。
最後までご覧頂きありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です