夜のヒースロー空港とA319

<4泊5日ライブ遠征の旅>ロンドン/London(イギリス)part1~ドイツからロンドンへ移動~

【場所】ロンドン/London(イギリス)
【期間】2016/12/2〜2016/12/6
【目的】ライブ(BABYMETAL/RHCP)鑑賞・観光
【同行者】一人旅

ロンドンに行ってきました。
授業は、2日間サボりました。

一番の目的、というか、このタイミングで海を越え国境を越えることになった理由は、これ。

2016/12/5 BABYMETAL~RHCP UK tour@London O2~

で、まあライブ行くんだったらせっかくだからロンドン観光もしちゃえばいいよねということで、して来ました。
授業に支障のない金曜日の夕方に出発し、帰着は火曜日の夕方の4泊5日です。

では、早速。。
(記事がすごく長くなりそうなので、何本かに分けます)

~1日目 ロンドンへと移動~
ロンドン渡航の一番の目的であるライブのチケットを確保したのは9月の頭。
いつ値上がりするかとかもよく分からないし、飛行機も早いとこ取っちゃえーと言うことで、時間割も分からないままにチケットを確保。

ハノーバー空港(HAJ)からロンドンヒースロー空港(LHR)への移動。BA0979便です。
ハノーファー空港搭乗ゲート
調べたらブリティッシュエアウェイズが比較的安かったので、往復118€(1€=120円→14,160円[以下同レート計算])で。

荷物預けは出来ないプランでしたが、4泊で荷物も少なかったし、全て機内に持ち込みしました。

当日はゲッティンゲンを15:07の電車で出て、ハノーバー中央駅着が16:23。
空港までは、中央駅からS-BahnのS5に乗って15分ほど。
片道は3.4€(408円)。DB(ドイツ鉄道)のマークのある券売機で、「目的地からチケットを検索」を選択→flughafen(空港)と打ち込むと、空港一覧が出てくるので、そこでHannoverを選択します。
プラットホームで切符のアクティベートを行なって、乗り込めば、空港です。
一応ターミナルはABCとありますが、全て繋がっているので空港駅も1箇所のみです。

ハノーファー空港 館内地図
電車を降りてエスカレーターを上がって行くと、随分無機質な感じ。成田空港みたいな。
空港入口
ターミナルB(シェンゲン協定圏外便用)の様子。
ハノーファー空港出発ターミナル
出発便一覧
カフェが全体で3,4軒ありますが、がっつり食事が出来そうなのは見たところ1軒のみ。

そんなにお金に余裕もないので、マクドナルドでチーズバーガーセットを。6.79€(814円)、高い。
ハノーファー空港のマクドナルドしかも美味しくない。。
ドイツのマクドナルドのセット

空港には飛行機グッズやお土産を売ってるショップがありました。
飛行機グッズのショップ
あとは、空港内にVWの展示がちらほら。。
オレンジのフォルクスワーゲン
青のフォルクスワーゲン
あと、凄く簡素なマッサージ機。
空港にあったマッサージ機
随分ゲートに行列が出来てたので出発1時間半前ぐらいから並びましたが、30分も掛からず通過できました。
出国審査は1箇所のみ、すごく簡素。
審査をしてから手荷物検査があります。

免税エリアは、免税店(しょぼい)が1店とカフェが2店のみ。自販機の飲み物は3€(360円)します。

で、搭乗!
日本ではまずお目にかかれない機材、A319でした!!

機体を綺麗に収めるチャンスは無かったものの、一応。
ブリティッシュ・エアウェイズのA319の機首
夜のヒースロー空港とA319
機内はこんな。
ブリティッシュ・エアウェイズの中型機の機内の様子

搭乗してすぐの”Good evening”がめちゃくちゃイギリス英語で感動しました。笑
シートは革張り。
機内誌は、日本の海女さんが特集されてて、巻頭にはビートルズ来日時のことが記事になってました。
ブリティッシュ・エアウェイズの機内報
機内報の中身
最近ちょいちょい外国人向けの日本ガイドを見る機会があるんですが、ブリティッシュの機内誌では、「(東京や京都はもちろんだがとした上で)金沢石垣高山長崎富士河口湖町」がオススメされてました。
外から眺めると、日本は見どころが無限にあるなーと改めて。

到着。定時着も、ターミナルの作りが良く分からず、到着早々10分近く地下道を歩く羽目に。
ヒースロー第3ターミナルの地図
ほんとは電車が走ってるんでそれに乗れば早かったんですが、いかんせん入国審査もしてないのに電車???だったのでビビって乗れず。
入国審査は、1時間ぐらい並びました。
ヒースロー空港のパスコントロール

swarmっていうアプリを使ってるんですが、ツイッターに情報を連携したらヒースロー空港の公式アカウントに絡まれました。よい旅を、とのこと笑

で、入国審査なんですが、ネットで散々色んなこと書かれてたんでビビってました。が、ものの20秒で終わり。
「何の目的でロンドンに来たんですか?(そう言う言い回しでした)」「観光」「期間滞在はどれくらいですか?」「5日間。火曜にはドイツに帰ります。」「「ガコン」」「?」
指紋も取られず、並んでた人々の中でもずば抜けて早く終わったと思います。
日本のパスポートが強かったのやら、ドイツの学生ビザが強かったのやら。(学生ビザは、提出は一応しましたが全く見てない様子でした)

晴れて入国!!長かった!
国際線ターミナル

すごく綺麗でした、第5ターミナル!
ヒースロー空港70周年
ブリティッシュエアウェイズ専用のターミナルのようです。
到着便一覧
そして、30日前割引で切符を購入していたヒースローエクスプレスでロンドン市内へ!!
ヒースローエクスプレスの乗り場
ヒースローエクスプレスは15分で市内に出られる最速最高値手段なんですが、早期購入割引を受けると、他の交通手段と変わらないぐらいまで安くなったりします。(今回は片道10.2£(1£=150円→1530円[以下同レート計算]))
3月にもロンドンに行くのでその分も購入したんですが、そちらは90日
前割引で6.4£(960円)。定価は25.6£(3840円)なので、かなりお得。
て言うか、改札もないし検札もなかったので、タダ乗りできたのでは…?笑(帰りは検札来ました。)
車内、綺麗です。
ヒースロー・エクスプレスの内部、内装
とにかく、快適。

駅に着いたのは22時10分過ぎ。
ヒースロー・エクスプレスの車両
構内のキオスクでシャワー用ローションと飲み水を買い、徒歩で宿へ。
セルフレジが一般的みたいです。
ロンドンのキオスクにあった自動レジ
宿。

ホステルの外観

遅い時間になるのは分かってたので、パディントン駅から徒歩で行けるところを。15分弱。
Smart Hyde Park View Hostel。一泊、前金2.36€(283円)の現地支払いが17.98£(2697円)。

駅から歩いていくと後半人通りが少なくなりますが、治安が悪い感じではなかったので、気を付ければ夜遅くても大丈夫かなと。
なかなか安いんですが、3段ベッドなのが厳しかったです。シーツを敷くのも一苦労。
朝ごはんは付いてますが、パン、飲み物、マーガリン、ジャム、ヌテラ(欧米で圧倒的知名度を誇る、ピーナッツバターみたいなチョコレートソースみたいな)のみ。
フロントの方は凄く気さくな感じで、温かみのある宿でした。
宿の正面にもキオスクやらピザ屋があったので、お世話にはなりませんでしたが、食には困らなそうでした。
ホステルの前のキオスク
移動だけの1日目、終了です。

「<4泊5日ライブ遠征の旅>ロンドン/London(イギリス)part1~ドイツからロンドンへ移動~」への2件のフィードバック

  1. ベビメタのコメント欄は削除したのですね。
    ある方のツイートを見てください。
    PAPIMETAL@papimetal ←ご参考にどうぞ
    この方は親子でベビメタのファンで海外ツアーのほとんどを現地で見ています。
    今回のレッチリイギリス公演追いかけライブ参加しています。11日時点で5連続ライブ消化しました。レッチリでの完全アウェー状態からベビメタの成長過程が垣間見れます。
    今回レッチリファンに大きな変化がありました。初日The O2(現地月曜)はガラガラであった会場が、ベビメタのライブを見たレッチリファンがツイートしており、その話題からベビメタの認知度が上がっている様子です。5回目のライブがGenting Arena 日曜(現地)
    も重なりその様子がツイートを見ればわかります。
    日程と会場と収容人数
    Dec 05: London, UK – The O2 ⇒ 20000
    Dec 06: London, UK – The O2 ⇒ 20000
    Dec 08: Glasgow, UK – The SSE Hydro ⇒ 13000
    Dec 10: Birmingham, UK – Genting Arena ⇒ 15700
    Dec 11: Birmingham, UK – Genting Arena ⇒ 15700
    Dec 14: Manchester, UK – Manchester Arena ⇒ 21000
    Dec 15: Manchester, UK – Manchester Arena ⇒ 21000
    Dec 18: London, UK – The O2 ⇒ 20000
    ベビメタと神バンドと宇佐美さんとスタッフで「チームベビメタ」です。
    決して恵まれた環境からスタートせずにフェスとyoutubeと口コミで成長して戦っています。
    コメントを消すのも勇気ですが、逃げずにがんばるのも勇気です!がんばれ
    50過ぎのおやじより

  2. コメント、ありがとうございます。
    自分自身がどうこう言われるのは構わなかったのですが、
    元々旅行記をつけるために始めたブログですし、現状あの記事がどういう状況にあるのかを教えていただいた上で、これ以上コメントをオープンし続けるのは「旅行記ブログ」にはマイナスだなと判断したので閉鎖させて頂きました。
    前回の温かいコメント、ありがとうございました。ベビメタファンの皆さんは、前向き思考の方がすごく多くて、アーティストとしてBABYMETALは恵まれているなとあの記事を通じて強く感じました。 僕は、これからもライトなファンとして応援していくのかな~とは思ってますが、BABYMETALのより一層の躍進を楽しみにしています。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です