看板

ロンドンでマジカル・ランタン・フェスティバルに行ってみた感想!

今回のロンドン旅行中に、話題沸騰の(多分そうでもない)MAGICAL LANTERN FESTIVALに行ってきました!!
ネットで見るとマジック・ランタン・フェスティバルって訳されてますが、正称は’マジカル’・ランタン・フェスティバル。
内実も良くわからないまま、友人に引き連れられての訪問。。
でしたが、思っていたよりも展示量が多く、結構楽しめました!最後に乗ったヨーロッパ流(?)の観覧車も楽しかったです!!
では、ご覧ください。

マジカル・ランタン・フェスティバルとは?

そもそも、マジカル・ランタン・フェスティバルとはなんぞ、という話。
看板
2016年に引き続きロンドンでは2回目の開催になったこのランタン・フェスティバル。
詳しくは公式ホームページ(英語のみ)を見て頂ければ良いんですが、簡単に言うと、沢山のランタンで旧正月をお祝いをしましょう!っていうイベント。
春節祝いで有名なのはやはり中国。
来場者は8割方欧州系の方だったように思いますが、それぞれのランタンの解説は英語と中国語で。
中国語でのランタンの解説
旧正月休暇ど真ん中、1月末とかに来ると中国人観光客がわんさか居たりしたのかもしれません。

展示内容を写真とともにご紹介

気になる展示内容ですが、公式サイトで説明されているテーマは、「シルクロードを探索しよう」と言うもの。
シルクロードに関係のある、中国を始めとする各国にまつわるランタンが展示されてます。
写真でご紹介を。

早速シルクロード感が無いですが、イギリス騎士。
イギリス騎士のランタン
利権問題をクリアしてるのかが僕らの中で話題だったアラジンのランタン。
ジャスミンとアラジンのランタン
ジーニーのランタン1025″ />
ラクダ関係のランタン
ラクダを操る商人
ラクダのランタン
地中海の風情
地中海のランタン
途中、焼きマシュマロの屋台がありました。
マシュマロ屋台
火に集まる人々
マシュマロを焼く様子
その後は、中華風のランタンももちろん。
中華風なランタン
現代アートもありました。
現代アート
ランタンゾーンを抜けると、食事やアクティビティのコーナーがあります。
アクティビティはスケート輪投げ観覧車など、食事は中華を始めクレープなんかもありました。
観覧車。3£(1£=¥140→¥420)と意外とお安め。
移動観覧車
日本にはあまりない椅子自体がカゴになっている簡易的なものです。
速くて楽しいのでオススメ。
上から見たアクティビティゾーン。
観覧車の上からの景色
こんな感じで展示は終了。
滞在時間は1時間15分ほどでした!

アクセス

開催場所はここ。W4 2QNにある、Chiswick House Gardens/チジック・ハウス公園。

行きはHammersmith駅からバスを利用しましたが、帰りは最寄りのTurnham Green駅まで10分ほど歩きました。
どちらも地下鉄の駅なので宿や出先からのアクセス次第でどちらがベストかは変わってくるかと思いますが、バスのほうが会場近くまでは出られます。
詳しくはGoogle等でお調べ下さい。
入口が分かりにくかったのですが、公園の一番北の部分が2017年の開催時は入口になっていました。
入場口にもランタンが

感想

16£(¥2240)(一般は18£)もしたし、どんだけ良いもんが見られるんだろうなぁ~なんて散々ハードルを上げて挑みましたが、なかなか充実感がありました!!
思ったよりも展示が多くのんびり出来たのと、焼きマシュマロやら観覧車やら、ランタン以外のアクティビティも楽しかったのが大きかったです。
ランタンの展示自体も、クオリティーが「?」なものもあったりしますが、それはそれで楽しめるレベルなので全然あり。
日本では毎年長崎でランタン・フェスティバルが開かれているようですが、それとの比較は行ったことがないのでなんとも出来ません。。

ともかくもの感想としては、行って良かったです!!
春節の時期にロンドンを訪れる予定があり、「夕方ちょっと暇だな~」なんて事があるようでしたら、行って見る価値はあると思います。オススメです!
では、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です