ルフトハンザ、B747-8

留学開始。羽田空港→フランクフルト空港→ゲッティンゲンへ。

【場所】フランクフルト(ドイツ)・ゲッティンゲン(ドイツ)
【期間】2016/9/5〜2016/9/6
【目的】留学先への移動
【同行者】一人旅
遂に、留学に来ました。
2016年の秋学期から一年間、
ドイツのゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンにお世話になります。
そんな訳で、羽田からの移動だけですが、軽くまとめます。

国際線ターミナルの展望デッキ。
羽田空港国際線ターミナル展望デッキ

羽田の出発は14:05 。
フィリピン旅行の際と同じく、ありそ鮨で最後の晩餐を。
ヒラマサと、
回転寿司、ヒラマサ
真いか。
回転寿司、真いか
展望デッキに出ると、今回搭乗する機体も見えました。
展望デッキから見る、ANAとルフトハンザ機
ANAマイラーなので素直にANA便で飛べばよかったのですが、
B747に久しぶりに乗ってみたいという思いが強く、Lufthansaをチョイス!
言うてもコードシェア便なので、ANAのマイルも貯まります。
ルフトハンザ、B747-8
NH5853便(LH0717便) HND14:05→FRA18:45(11時間40分)
機体を真横から

出発は5~10分押したかと思います。
離陸から30分ほどでスナックと昼食、4時間ほどで軽食(ケーキorおにぎり1つ)、9時間ほどで夕食がそれぞれ出ます。
メニューはこちら
ルフトハンザ、機内食のメニュー
スナック。せっかくなのでドイツビールを。
機内での、スナックとビール
昼食は鶏肉。
ルフトハンザ、昼の機内食
夕食はソーセージを。
機内食、夕食
どれも美味しかったです。
食事の時間以外もCAさんが頻繁に飲み物を持って通路を往復していたので、とても助かりました。

到着は、1時間弱早まって18時頃。
初めてのヨーロッパ!ユーラシア大陸!!
フランクフルトでの、ルフトハンザ機
写真は殆ど無いですが、ひたすら標識に従って進みます。
ドイツは、入国審査用の紙記入もなく、関税の申請用紙もありません。
関税に関しては、係員もおらず、ほぼ無いも同然でした。
留学ということで、入国審査で入学許可証の提示は求められました。
入国審査は警察官の方がやっていて、お堅い感じではなく、警官同士で喋っていたりと、ラフな感じ。

預け荷物を拾ったら、地下鉄駅に向かいます。
いわゆるSバーンですが、特にSの字があったりはしないです。
それらしい看板を見ながら歩けば、着きます。笑

券売機が現れたら、切符を買います。
フランクフルト、切符の券売機
フランクフルト中央駅までは4.65€。
画面が読めなければ、英語に表示を変えて、Single journeyを選べば値段が表示されます。
電光掲示板を見たところ、中央駅に出られる電車は1番線から発車する様子。

10分少々乗るとフランクフルト中央駅(Frankfurt Hbf.)に到着!
フランクフルト中央駅地下ホーム
地上にホームはたくさんありますが、地下ホームに入ります。
地上へのエスカレーター
エスカレーターを上がって行くと、駅の構内が眼前に広がります。
地上への出口
フランクフルト中央駅、下から見上げた内装

改札は無いので、自由に出入りが可能。
駅の周りはホテルしか無いですが、飲食店は駅構内にあるのでこれらを利用可能。

荘重な造り。
フランクフルト中央駅外観
中央駅前の様子
駅前はガランとしていて、正直な感想、荒んでました。笑

泊まったホテルは駅から徒歩1分、HOTEL EXCELSIOR。
ホテル、エクセルシオール外観
部屋はこんな。
部屋の内装
東横インのレベルを少し下げたような部屋。笑

ただ、朝ごはんのバイキングが豪華でした。
チーズ、ハム、ソーセージ、パン。どれも種類が豊富で、凄く美味しい。
味噌汁も、合格点のものが用意されてました。
朝食のバイキング
この日は11時の電車で移動だったのでそれほど観光はできず。
日本で言う新幹線、ICE(Inter City Express)でゲッティンゲンへ移動します。
ICEの車両
時間にして1時間半ほど。
2等車でしたが、座席はそれほど狭苦しく無かったです。
車両の中ほどにスーツケース置き場があるんですが、他の方の荷物がいっぱいで収納できず。笑
ただ、大人な方々が多く、治安も良さそうだったので、盗難等の心配はそれほど無さそうでした。

ゲッティンゲンへは予定より遅れて13:08頃の到着。
ゲッティンゲンの観光については改めて書こうと思います。

たばこランド。
ドイツのたばこ販売機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です