マルタダイビングでの集合写真

たくさんの人に出逢いたい|地球一周旅-出発前編 その9-

前の記事:『東廻り北半球地球一周旅』の行程 Part5(東欧・クロアチア→ドイツ)|地球一周旅-出発前編 その8-

今回の旅行でやりたい事は何か!と言われたら
この旅のテーマとキーポイント。|地球一周旅-出発前編 その2-
この記事に書いた事なんですけど、旅行中意識していたいのはこのタイトルのように「たくさんの人と出逢い、触れ合うこと」。

一期一会を全面に押し出すような胡散臭い人は苦手なんですけど、留学中の数多の旅行を振り返ってみると、ぱっと思い浮かぶのって観光地の思い出よりもその土地で出会った人々なんですよね。

写真を見ないと街の仔細は思い出せないけれど、その街で思い出に残った人たちの記憶はパッと蘇る。

そんなわけで、僕はどちらかと言えば内向的(コミュ障ではない)で自分一人の時間を作りがちなんですが、この旅では、自分からも少しは積極的にコミュニケーションを取りにいけたらなーと。

ベルリンのホステルで声を掛けられ一緒にクリスマスマーケットを回ったスーダン人の大学院生青年(花より団子が好きらしく中津のモノマネをしてくれた)、異様にエアー消費の多いオーストラリアからマルタにバカンスに来ていた陽気なおじさん、ザルツブルクで一緒に朝ごはんだけ食べてバイバイした韓国人青年、デュッセルドルフで夜の繁華街に連れて行かれテキーラを飲まされ一人30分徒歩にて帰宿→明け方たっぷりリバースの思い出(確かスイス人の大学生だった)、列車の乗り継ぎの時間がなく急ぎたいのに前のフランス人のおばあさんがなかなか降りられず荷物を手伝ってあげたら感謝された記憶。。。

どれも懐かしい思い出で、いつかは記憶からも消えてしまうんだろうけれど、それでも旅情があって趣があるなぁとしみじみ思っているのです。消えてしまうものにしか無い、儚さ、美しさ。

というわけでテーマ「(少しは)積極性を持って、色々な人とコミュニケーションを取る!」、ということで頑張ります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

※初めの画像は、マルタのダイビングで出逢った人たち。

次の記事:『東廻り北半球地球一周旅』の行程 Part6(ドイツ→シベリア鉄道→鳥取)|地球一周旅-出発前編 その10-

執筆者プロフィール
プロフィール写真Taichi Miayde twitter:TMiyade
しがない東京サラリーマン。
学生時代に作った当ブログで、46G、旅行、政経に関する話題を細々と発信中。詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です