膝痛との戦いと単調な道程|三島~富士(27.48km)|お伊勢参り路踏破の旅DAY4

短めの行軍だったものの、両アキレス腱の痛みに加え右膝も痛みはじめ満身創痍の4日目。
距離が短かったことに加えそれほど見どころも無かったので、あまり内容は面白くないかと。

歩行ルートは以下の通り。(2019/1/1)
万歩計の計測で27.5kmでした。

三島~沼津宿・原宿(12・13/沼津市)

年明けのジャニーズカウントダウンを見たので就寝が遅くなり、起床も少し遅めの7:15。
起床後に前日分のブログを投稿し、気づけば9:00前。

ただ、無料でカラオケルームに座席を変更できるとのことで、どうしてもカラオケがしてくなってしまい、移動。
歌唱楽曲は以下の通り。(V6以上)

そして9:40にようやく出発。
初日の出(?)。

相変わらず富士の高嶺には曇が積もりつ状態で姿は拝めず。

まずは沼津宿を目指して歩いていきます。

本日1つ目の一里塚。

それ以外に特に見どころも無いままに、40分ほど歩けば沼津に。

少しだけ趣のある川廊通り。

沼津宿に到着。

五十三次。

10分ほどで沼津を抜けると、遠くに富士の頭が。

ここで富士を拝んだのが10:40。
ここから3時間以上、1車線すれ違い道路の左右に住居が続くだけの何も面白くない区間。

ここは旧東海道ですが、国道でもないので飲食店等もほとんど無く。

途中の踏切にて、東海道本線と富士山(隠れ)。

11:55頃原宿に到着しましたが、ここもこれと言った見どころ無し。

そして12:10にローソンでご飯を買い、軒先の地べたに座って昼食。

次に出会った踏切。
この線路が横浜にもーと思うと少し感慨深さが。

富士山がよく見えるようになってきました。

そして出発から3時間20分、13:00ちょうどに富士市に突入。

吉原宿(14/富士市)

富士市と言うだけあってよく富士山が見えます。

問宿という宿場。

このお寺はいつから富士を仰いでいるんだろうなあ、と。

13:20頃遭遇した「増田平四郎の像」。

どうやら、このあたりの水回りの整備に尽力した人だそう。

このあたりに来たときには膝がなかなか傷んできており、歩道と車道の段差を下りるのもつらい状況に。。

富士市街も近づくにつれ、沼のような川が増えてきました。

14:30にもなれば市街地近くに。
富士山が綺麗に。

富士市内の旧東海道は入り組んでいますが、道案内も出ているので、ネットと照らし合わせながら進みます。

水鳥の音に平家が逃げ去ったという有名な逸話の発生地点がこのあたりらしく、その碑。

富士市街地の商店街。

ここにも明治天皇の小休碑がありました。

本当はもっと距離を歩きたかったんですが、膝の痛みがかなりキツくなってきたのでほぼ惰性に頼ってネットカフェへ向かいます。

相変わらず富士山は美しく。

出発から6時間半ほど、16:00過ぎに自遊空間に到着。
出発遅め到着早めの短い一日でした。

総評

とにかく後半の膝の痛みが辛かった一日。
どうにか富士にはたどり着きましたが、この先悪化するならばどうしようもないですし、かと言って回復するようにも思えないので、困ったものです。

今日歩いた道は、やはり前日が面白かっただけあり、それに比べるとやや単調であまり刺激がありませんでした。明日に期待。

最後までお読み頂きありがとうございます。

↓ブログランキング参加中です↓
↓宜しければワンクリックを!↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログの更新情報はぜひTwitterにて。

行程詳細

7:15 起床
7:30 滞在延長(1368円 カレー代270円込み)
9:00 カラオケ
9:30 出発
10:30 [通過]沼津宿通過
11:00 [休憩] セブンイレブン沼津小諏訪店
11:55 [通過]原宿通過
12:10 [昼食]ローソン沼津原店(398円)
14:00 [休憩] 吉原駅
16:10 自遊空間富士青葉通店(2810円 夕食豚丼600円込み)
17:20 仮眠から起床
23:00 就寝

歩行データ

歩行距離(万歩計):27.48km
移動距離(地図上):29km
歩数:38,171歩
歩行時間:5時間33分
歩行速度:89m/分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です