和深の海に転がるハリセンボンの骨格

羽田→関空で行く、本州最南端を巡るちょっとした旅(旅行記PART1)

【場所】和歌山(白浜・串本)→大阪(市内)→神戸(神戸・三ノ宮)
【期間】2016/7/20〜2016/7/24
【目的】法事(串本)・ライブ遠征(大阪城ホール)
【同行者】父(前半)・大学の先輩(後半)

このたびは、近畿に行ってきました。和歌山大阪兵庫の1府2県。
元々23日(土)に乃木坂46の大阪城ホール公演を観る予定があったんですが、
21日(木)に和歌山で法事が入ったので、ぶつけちゃえと。
では。

《移動》羽田空港→関西国際空港

法事は朝からとのことで、前日に和歌山入りしなければ間に合わない。
しかし、水曜日は4限までテストがある。(7/20~7/27が期末試験期間)
という訳で、
4限(16時頃終了)までテストを受け、その後飛行機で羽田空港→関西国際空港、電車で関西国際空港→白浜
のルートを取りました。

羽田からはANAのNH0095便、羽田18:05→関西19:25を利用。
なんやかんやでテストは15時過ぎに終わったので、山手線と京急で羽田空港へ。
第2ターミナル着は16:30頃。
羽田空港第2ターミナル内装
愛しの丸亀製麺を夕飯に。
たまの旅行なので、ちくわ天と鶏天を添えて。
丸亀製麺のうどん

預け手荷物も無くチェックインも不要なので保安ゲートへ。
今回初めて知ったんですけど、ヘアスプレー(ガス缶)って普通に機内持ち込み出来るんですね。
なんなら刃物以外は全部大丈夫そう、知らなかった。。苦笑
羽田空港第2ターミナル出発ロビー
ANAのB777型機
関空便。機材はA320。
ボーイングの機体が好きなんですけど、最近エアバスばっかり乗ってる気がする。
羽田空港第2ターミナル73番ゲート
ANAのA320型機
やはり夕方の羽田空港、混雑の影響かなかなか定刻になっても機体は動かず、
宙に浮いたのは18時25分頃。
とは言え、定刻通り関空には到着しました。
機窓から見た関西国際空港
関西国際空港21番スポット
本当は19:48の電車で白浜に向かえたんですが、
せっかくの関空だったので散策したい!と言うことで、散策。

大してリサーチせず行ったのが悪いんですけど、展望デッキは第1ターミナルとは違う、別塔。
バスでの移動が必要とのことで、20:41の電車に間に合わなそうだったので飛行機撮影は断念しました。
関空では無印で日用品を買いあさり、ポケモンセンターで関空限定のクリアファイルを買い、翌朝飯をローソンで買い揃えたのみ。

 

《移動》関西国際空港駅→白浜駅

ホームには関空特急はるかが居ましたが、スルー!
空港特急はるか
和歌山方面の直通電車はないので、関空快速でひとまず日根野駅に向かいます。
関西国際空港にて関空快速
日根野駅、駅名看板
日根野駅。
関西空港→りんくうタウン→日根野です。5分ちょい。
はるかが通過していきました。
日根野駅を通過するはるか
くろしお27号白浜行きで白浜へ。
日根野駅に停車するくろしお
昔は、和歌山!海!!って感じの283系車両とかが運用されてたんですけど、随分味気なくなりました。

指定席、結構人乗ってるなーと思ってたんですが、和歌山駅で大抵降りて行かれました。
和歌山以南は秘境扱い。
歓迎!白浜温泉!の看板
白浜駅前のパンダの置物

《宿》民宿innしらはま駅の宿

泊まったのは民宿innしらはま駅の宿。駅から徒歩1分。
ただ、駅前には商店、コンビニはありません。
この近さ。
白浜駅の民宿、室内からの画
民宿にしては少し高かったですが、夜遅くの到着や朝早くの出発の際は重宝するかと思います。
↓宿の詳細はこちらに
民宿innしらはま駅の宿

 

和深散策

翌朝は始発の電車で和深へ。
先祖の墓があるんですね、和深に。本州最南端の串本町です。

海の薫が漂うワンマンカー
紀勢本線を走る青のワンマンカー
和深駅

海岸に出たらハリセンボンの骨格が落ちてました。
和深の海に転がるハリセンボンの骨格
5年前にもあった謎の歴史的な石も健在。
歴史的な石か何か
天保二年の石碑
透明度は抜群。
透き通るような和深の海

町(村?)に戻ったら犬に絡まれました。
見上げる白の秋田犬
低姿勢の白の秋田犬
遠目に見上げる白の秋田犬
地元の小中学校(廃校済み)も徘徊。
和深小学校を外から
さよなら和深小学校
芝生に転がる風化した軟式野球ボール

 

串本海中公園

法事を済ませた後は、串本駅でレンタカーを借り、父と二人で白浜へ。
まず立ち寄ったのは串本海中公園。
串本海中公園の外観
ほんと、10年以上ぶりとかに行ったんですけど、思ってたより施設が大きくて、楽しかったです。
いわゆる水族館ですけど、大水槽の上から餌をあげられたり、ウミガメを触れたり、海には実際に海中を覗ける塔が建ってたりします。
大水槽を上から覗く
ウミガメの赤ちゃん
海中公園の、ウミヘビ
屋外にある水中展望塔
ウミガメはいっぱい居て、餌もあげられます。

 

エビとカニの水族館

続いては、すさみ町にありますエビとカニの水族館。
エビとカニの水族館の外観
最近新装オープンしていたので、行ってみようということに。
入場料は大人800円と少し高めですが、一度は入ってみる価値あり!

入るといきなりデカイのが居ます。
エビとカニの水族館入口
タカアシガニ
その後はひたすら、これでもかというぐらいエビとカニの展示。川のカニ
南国にいそう、ヤシガニ
フナムシも展示されてました。笑
フナムシについての解説
フナムシの展示
ウミガメとアザラシも展示されてます。
アザラシが、人懐っこくて可愛かったです。
エビとカニの水族館にいるアザラシ
あざとい。
そっぽを向くアザラシ
こっちを向くアザラシ

 

夕食 南紀白浜空港

その後は南紀白浜空港に向かい、空港内のショップで和歌山らーめんを食しました。
思い出補正な気もしますが、案外ここの和歌山ラーメンがおいしい!
南紀白浜空港の食堂のラーメン

 

《移動》白浜駅→大阪駅

そして、夕食のあとは白浜駅へ。
17:28発くろしお30号京都行きで大阪へと向かいました。

和歌山編、終了です。

白浜駅においてある温泉の置物

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です