機関銃

【ダイビング記】マルタで一番の見所?巡視船P29で船内探索や記念撮影も マルタ共和国 2日目(2017/8/5)

マルタ島でのダイビング記、2日目です。

1/2本目 AOW1本目、ディープダイブ

ライセンスが海外産ってかっこよく無いですか?という単純な理由で、今回はマルタでPADIのAdvanced Open Waterに挑戦。
その1本目はディープダイブ。30m潜って、暖色系の光は通って来てませんねぇ〜って確認するだけ。笑
ガイドさんはイギリスの方。イギリスの大学生と、マルタで仕事をしてるフランス人の青年(?)との3人グループ。
ポイントはゴゾ島へと渡るフェリー乗り場の裏側にある、Rigld arch-Cirkewwa。(2本目もエントリーは同じ場所から)
飛び込みでのエントリー
特に特筆することもなく、沈没船をフワーッと観察。
沈没船
30mの砂地に降り、一応モジュールを。
ディープダイブ
ダイビング中の様子
なかなか寒かったです。笑
水深30m
そして浮上。休憩。
セーフティーストップ中
セーフティーストップ
マルタ島北部のダイブスポット

 

2/2本目 マルタ共和国一番のダイブスポット? 完全体を留める沈没船P29

今回利用したショップ、DIVE SYSTEM MALTAの壁にも写真がでかでかと掲げられていたこのP29。
もともとパトロール船だったそうですが、退役後観光庁の手に渡り、この場所に沈められたのとのことです。
「なんだ観光用か」と侮るなかれで、完全系で形を留めているとなかなか迫力があります。
遠くに浮かぶP29の全景
P29の後部
P29の後部
P29の船首
p29
内部にも潜入可能。
船内へ
船内へ
P29沈没船の船内
機関銃を構えてこんな写真を撮ることも出来ました。
横から見た沈没船の機関銃
機関銃

今回マルタで潜った中で、一番インパクトがあるというか、写真映えするポイントだったかなとは思います。楽しかったです!
ダイバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です