ダイビングメンバー

【ダイビング記】1941年に沈没した戦艦へとダイブ!初地中海 マルタ共和国 1日目(2017/8/4)

今回が第一回ということになりますが、ダイビング記を頻度はそれほど高くないかと思いますがつけていこうと思います。
その理由は、このブログのテーマが「自分のやったことを網羅的に記録してそれが誰かの役たったら。」と言うものなのが一つ。
もう一つは、ログブック(紙ベースのダイビング録)はもちろんつけてるいんですが、それとは違った、写真をベースにした記録というよりは感想を書き残したものがあったらいいなということ。

ということで、手探りで書いてみようと思います。旅行中のすべてのダイビング記録は一つにまとめることになると思いますので、よろしければそちらもご覧ください。では、一年ぶりのダイビングをマルタ共和国で、1日目です。

1日目 1/1本目 一年ぶりのリフレッシュダイブ

ポイントはマルタ本島中程の、HMS MAOURI(マオリ)。
ガイドさんはたまたま日本人の方で、バディを組んだのも英語留学でマルタに来ている日本人の方でした。グループは5人。 ポイントまでは車で20分強。
ダイビングショップのバン
岩場からエントリーし、このポイントの見どころの沈没船へ。
岩場からのエントリー
マルタのダイビングスポットにはたくさん船が沈められているんですが、その多くは観光用に退役したパトロール船などを沈めたものがほとんど。
ですがこのポイントにあるのは1941年、ドイツ軍の爆撃によって沈められたイギリス軍の巡洋艦です。70年以上も前の船ということもあり原型は止めていませんが、1941という刻印の入った、実際に使われていた羅針盤が残されています。
ガイドの方
沈められた羅針盤
スクリュー。
沈没船のスクリュー
沈没船の外面。
沈没船の側面
沈没船の甲板
魚も少しいました。
ダイビングメンバー
船に群がる魚

へー、と思いつつ、50分ほどで浮上。マルタ初ダイブにしては中々のものが見られたかなと、満足でした!
 

「【ダイビング記】1941年に沈没した戦艦へとダイブ!初地中海 マルタ共和国 1日目(2017/8/4)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です