「【温泉のすゝめ】」カテゴリーアーカイブ

本州最南端の”塩風呂”公共浴場|串本温泉「サンゴの湯」|和歌山県|温泉のすゝめ52

No.52 2019年1月23日 評価★★★★☆ (是非また行きたい)
【温泉名】串本温泉 「サンゴの湯」(和歌山県西牟婁郡串本町)

滞在していた串本町江田の集落から串本駅へ、熊野古道大辺路を2時間半ほどかけて踏破。

その途中で思いがけず当施設の前を通過し、汗も大量にかいていたので列車までの時間を利用して汗を流すことにしました。

地元の公共浴場、塩化物泉です。

続きを読む 本州最南端の”塩風呂”公共浴場|串本温泉「サンゴの湯」|和歌山県|温泉のすゝめ52

ローカル感満載の貸切式掛流し温泉|姫温泉「弘法湯」|和歌山県|温泉のすゝめ51

No.51 2019年1月22日 評価★★★★☆ (是非また行きたい)
【温泉名】姫温泉 「弘法湯(こうぼうのゆ)」(和歌山県西牟婁郡串本町姫)

和歌山県串本に滞在中。
白浜や勝浦の温泉には行ったことがあったものの、串本の温泉に入ったことが無かったので訪れてみることに。

串本温泉「サンゴの湯」と迷い結局姫温泉「弘法湯」を訪れました。

姫温泉「弘法湯」の施設と設備

この温泉の特殊なのは、浴場が2つあり、それを貸切で利用すること。

貸し切る浴場はこんな小さなもの。

入り口を入って右手におば様が座っているので、そこで記帳をした上で料金を支払い。
浴場が空いていればすぐに入れます。

鍵の掛からない小さな脱衣場で服を脱ぎ、浴場に。

家のお風呂を少し広くしたような雰囲気の浴場。

複数人でも利用できますが、一人で浸かるのに丁度いいなというのが感想です。

蛇口をひねれば熱い湯(加温)もぬるい湯もどちらも源泉が出てきますので、湯温は自由に調整可能です。

窓から大島、串本の海が見られるのが最高です。

姫温泉の源泉

姫温泉のお湯はアルカリ性単純泉。

単純泉ではありますが、少しトロッとした印象のある柔らかいお湯です。

受付のおば様は「湯あがりもポカポカよ。湯冷めしません。風邪も引いたことがありません。」と仰っていました。

「弘法湯」の情報

〒649-4125 和歌山県東牟婁郡串本町姫

アクセス(公共交通):JR紀伊姫駅より徒歩10分 JR串本駅から徒歩25分
☎0735-62-0654(弘法湯)
公式サイト:弘法の湯 – 南紀串本観光ガイド

総合評価

【泉質(アルカリ性単純泉)】
★★★☆☆ 3.5/5.0
若干温泉の匂いを感じる柔らかな湯。
【湯質(掛け流し有無等)】
★★★★☆ 4.5/5.0
源泉温度が低いため加温はしているそうですが、水を一切引いていない源泉100%の施設。
【温泉設備】
★★☆☆☆ 2.0/5.0
小さな施設小さな浴場。
1人でのんびりするなら良いですが、シンプルな作りなので★は2つ。
【施設の雰囲気】
★★★☆☆ 3.0/5.0
地元の方が運営するこじんまりした施設。温かい。
【価格帯】
★★★☆☆ (日帰り500円 or素泊まり5000円 以上)
【総合評価】
★★★★☆ (是非また行きたい)
 
温泉ブログランキングはこちらです。

ブログの更新情報はぜひTwitterにて。

古座川沿いのひなびた公共浴場温泉|月の瀬温泉『ぼたん荘』|和歌山県|温泉のすゝめ50

No.50 2019年1月21日 評価★★☆☆☆ (これで十分)
【温泉名】月の瀬温泉 『ぼたん荘』(和歌山県東牟婁郡古座川町)

和歌山県串本町にある親戚宅に滞在中、串本の温泉に入りたいという話をしていたところ勧められた温泉。
温泉宿ではありますが、地元の公共浴場の雰囲気が強かったです。

『ぼたん荘』の施設・設備

古座駅から車で10分ほど古座川を上ると現れるぼたん荘。

月の瀬温泉は昔からの温泉らしく、そこに古座川町が宿を建て、日帰り入浴も出来るようにしている施設とのこと。

建物は比較的新しく綺麗ですが、浴場の作りは大小の浴槽が一つずつ+シャワーだけと至ってシンプル。

受付の売店で地元産の食品が売られていたりするのは面白かったですが、公共浴場以上スーパー銭湯未満というのが全体的な印象です。

『ぼたん荘』の温泉

ここに引かれている温泉はアルカリ性単純泉。

ただ、湧出量が少なく循環式を採用しているため、温泉らしさ<塩素臭というのが正直なところ。

真水では無いな、というのは肌でも感じられましたが、循環式なこともありそこまで温泉のパワーを感じることは出来ず。

ただ浴槽の一つはじっくり熱めの温度設定だったので、湯上りはかなりポカポカでした。

『ぼたん荘』の情報

〒649-4106 和歌山県東牟婁郡古座川町月野瀬881-1

アクセス(公共交通):JR古座駅より車で10分 送迎バスは要予約
☎0735-72-0376(南紀月の瀬温泉ぼたん荘)
公式サイト:南紀月の瀬温泉ぼたん荘|清流古座川の畔の静かな宿 – 東牟婁郡

総合評価

【泉質(アルカリ性単純泉)】
★★☆☆☆ 2.0/5.0
若干泉質を感じられる程度の特徴。
【湯質(掛け流し有無等)】
★★☆☆☆ 2.0/5.0
加温、循環、塩素消毒。
【温泉設備】
★★☆☆☆ 2.0/5.0
浴槽2つとシャワーのみのシンプルな作り。
【施設の雰囲気】
★★★☆☆ 3.0/5.0
利用客の大半は地元の人で、受付のおばさんも地元の方。アットホームな雰囲気。
【価格帯】
★★★☆☆ (日帰り500円 or素泊まり5000円 以上)
【総合評価】
★★☆☆☆ (これで満足)
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
温泉ブログランキングはこちら。

ブログの更新情報はぜひTwitterにて。

唯一無二の海洋型洞窟温泉|勝浦温泉『ホテル浦島』|和歌山県|温泉のすゝめ49

No.49 2019年1月18日 評価★★★★☆ (是非また行きたい)
【温泉名】紀伊勝浦温泉 『ホテル 浦島』(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)

今回2回目の宿泊、3回目の訪問になった勝浦温泉の『ホテル 浦島』。

和歌山県の観光ポスターに使われることもある有名な”忘帰洞”を筆頭に、5つほどの浴場を有する巨大なリゾートホテル。

3度目の訪問ですのでざっと。

続きを読む 唯一無二の海洋型洞窟温泉|勝浦温泉『ホテル浦島』|和歌山県|温泉のすゝめ49

飛鳥時代の天皇も沐浴したという古の湯壺|白浜温泉「崎の湯」|和歌山県|温泉のすゝめ48

No.48 2019年1月18日 評価★★★★★ (絶対また行きたい)
【温泉名】白浜温泉 「崎の湯」(和歌山県西牟婁郡白浜町)

白浜温泉で最も歴史が古い「崎の湯」。

前回訪れた際には定休日で訪問できなかったため初めての入湯。

海沿い近くの、開放感溢れる素晴らしいロケーションの湯壷でした。

続きを読む 飛鳥時代の天皇も沐浴したという古の湯壺|白浜温泉「崎の湯」|和歌山県|温泉のすゝめ48