スーパースター

在りし日の僕にとって、”スーパースター”だったイチロー選手。

イチローモデルのバットを買ってもらったり、ミズノへの愛着が異様に強かったり(仁志や石井琢朗の影響も大いにありますが)と、野球少年だった僕にはとても大きな、憧れの存在でした。

小学生の時には、6年間のうち半分は、イチローのサインパッチ付きのマリナーズのキャップを被って登校していたように思います(残り半分はベイスターズ)。

朝からずっと、頭の中を東京事変の『スーパースター』がリフレイン。

「ついに引退の時が来てしまいましたね」と残念がるよりも、あくまで人生の通過点として引退を祝福する方がイチロー選手には似つかわしいような気がします。

これからも彼から学ばされることは多々あると思いますが、ひとまず一区切り。ありがとうございました。

執筆者プロフィール
プロフィール写真Taichi Miayde twitter:TMiyade
しがない東京サラリーマン。
学生時代に作った当ブログで、46G、旅行、政経に関する話題を細々と発信中。詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です